PCエンジン道場

黎明期 1987年〜1988年

このエントリーをはてなブックマークに追加 

日本のゲーム史に燦然と輝く名機登場!!!

 

ハードの歴史

定価は高かった

PCエンジンは「1987年10月30日」にNEC(現在消滅)から発売された。
発売された当時世間をぶいぶいと言わせていた「ファミコン」と比較して、
「群を抜く高品質なグラフィック」「スマートな色白コンパクトボディ」で一躍一躍ゲームフリークの注目を集めた。
特に発色の鮮やかさは圧倒的でファミコン16色に対してPCエンジンは512色とスペックは桁違い!

 

絵の作りもまさに「紀元前と紀元後」ともいえる差で、当時のユーザーの羨望の的となった。

 

ただ値段もそなりにプレミアム価格であった。ファミコンが定価14,800円であったのに対して「24,800円」と6,000円も高かった。
値段の高さから当時の小学生を持つ家庭にはいささか購入に二の足を踏む家庭も多く、
ゲーム好きの注目を集めるところまでで止まってしまい、売れ行きの面では静かな夜明けといえた。

 

高嶺の花

白エンジンの発売から1年後の1988年,PCエンジン史上最大にして最初で最後の大プラン「コア構想」がたちあがった。
コア構想とは、PCエンジンを生活上のコア(核)とし、 PCエンジンでなんでもしてしまおうという(パソコン通信とか、ワープロなど) それはそれはもう万里の長城も真っ青の壮大なプロジェクトであった。
このビックプロジェクトの第1弾として、登場したのが世界初の家庭用CD-ROMゲーム機として投入されたのが、「CDロムロム(通称ロムロム)」である。

 

光ディスクはもう主流すぎるほど主流になっているが、1989年当時はパソコンをやっている人にしか認知されていなかったであろうメディアであり、 CD-ROMを使用したゲーム機が出たときは、かなりの人が驚いたのではないだろうか?
(私自身、最初はゲームから肉声が出るなどと信じられなかった)。

 

しかしながら、発売直後は、値段の高さ同時発売ソフト本数の少なさがネックとなり、普及は限定的であった。

 

 

1987〜88年に発売されたハード
発売日 名称 一言メモ
1987年10月30日 PCエンジン 記念すべき第一号機。ガンダムで言うところのファーストガンダム。白いハードは洗練さが満ちあふれていた。
1988年12月4日 CDロムロム PCエンジンの一番の特徴ともいえた拡張機器。値段がすさまじかった。

ソフトの歴史

代名詞的なソフト多数

 

ソフトは、ゲーム性は抜きにして、PCエンジンの圧倒的な描画性能を駆使したソフトが発売された。

 

「かとちゃんけんちゃん」や「功夫」など、ビジュアル面でそれまでにないものが多かった。
「ダイナミックな絵が出せるのよ、どこぞの家庭用ゲーム機とは格が違うよねー?」ともいわんばかりで、当時の小学生は圧倒的なビジュアルに新しい時代の到来の大いに予感を感じていた。
R-TYPE1などは最たるもので、巨大戦艦が自宅のテレビに映っているなんて!と感動するユーザが多数出現したのである。

 

PCエンジンのHuカードタイトルといえばこれ!というソフトが多数発売日された時期でもあった。

ソフト一覧
発売日 タイトル
1987年10月30日 上海
1987年10月30日 ビックリマンワールド (Vol.2)
1987年11月21日 THE 功夫 (Vol.1)
1987年11月30日 カトちゃんケンちゃん (Vol.6)
1987年12月28日 ビクトリーラン (Vol.3)
1988年1月22日 邪聖剣ネクロマンサー
1988年2月5日 妖怪道中記
1988年3月25日 R-TYPE I
1988年4月22日 遊々人生 (Vol.8)
1988年5月20日 プロ野球 ワールドスタジアム
1988年6月3日 R-TYPE II
1988年7月8日 戦国麻雀 (Vol.10)
1988年7月15日 ギャラガ’88
1988年7月24日 パワーリーグ (Vol.11)
1988年8月11日 プロテニス ワールドコート
1988年8月30日 魔神英雄伝ワタル (Vol.12)
1988年9月14日 エイリアンクラッシュ
1988年9月23日 ガイアの紋章
1988年9月23日 魔境伝説 (Vol.1)
1988年10月14日 ファンタジーゾーン
1988年11月18日 定吉七番 (Vol.14)
1988年12月4日 CD-ROM2 SYSTEM Ver1.0
1988年12月4日 CD-ROM2 SYSTEM Ver2.0
1988年12月4日 No・Ri・Ko
1988年12月4日 ファイティングストリート
1988年12月9日 スペースハリアー
1988年12月16日 ドラゴンスピリット
1988年12月22日 あっぱれゲートボール (Vol.13)
1988年12月23日 ビックリマン大事界

メディアの歴史

雑誌は次々に創刊、テレビ番組もスタート

 

PCエンジンが発売されてから1年後、ハードの将来性を予見してか?専門雑誌が次々と創刊となった。
小学館の月刊PCエンジンを皮切りにハードの寿命までつきあってくれた「PCエンジンFAN」が登場した。
テレビ番組は、ハドソンの息がかかった番組「先取り!PC遊び塾」がスタート。エンジンの露出は一気に加速した。

 


雑誌一覧
  月刊PCエンジン PCエンジンファン マル勝PCエンジン 電撃PCエンジン
1988年10月 PCエンジンスペシャル1
1988年11月 PCエンジンスペシャル2
1988年12月 PCエンジンスペシャル3 創刊号

 

テレビ番組一覧
  さきどり!PC遊び塾 大竹まことのただいまPCランド 聖PCハイスクール そのまんま東のバーチャル情報局 バーチャルZ
1988年10月 放送開始
1988年11月
1988年12月

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 

PR