PCエンジン道場

PCエンジンソフトレビュー:悪魔城ドラキュラX 血の輪廻

このエントリーをはてなブックマークに追加 

ドラキュラシリーズ屈指の名作!

ドラキュラシリーズの中でもデキは最高レベル。値段も高いが内容も良し。

悪魔城ドラキュラX血の輪廻 【PCエンジン】
by カエレバ

ソフト情報

定価 7,800円
実勢価格 14,800円
ジャンル アクション
媒体 スーパーCDロムロム
発売日 1993年10月29日
メーカー コナミ

 

コナミのおなじみの定番アクションゲーム

 

ストーリーは、本作で初の主人公となる「リヒター・ベルモント」が街を襲ったドラキュラを倒していくというものである。
ファミコン版とは幾分、時代がずれているのが特徴。

 

PCエンジン版ドラキュラであるが、数あるドラキュラシリーズの中で1,2を争う出来である。

 

何よりもアクションゲームとして面白い。リヒターの動きは軽快だし敵のグラフィックも凝っている。また、スペシャルウェポンもありボス戦まで温存するのか雑魚に使うのか?など戦略性もたかい。

 

グラフィックの綺麗さもさることながら、アクションシーンでの敵の動きや、アイテム使用時、ボスが登場するシーンなどの演出の見事さは目を見張る物がある。

 

また、音楽も秀逸の一言で、シリーズ通しての音楽もアレンジが最高に素晴らしくCDロムロムのCD音源効果もありこれを聴くためだけにソフトを買っても損なしだろう。

 

難易度はちょっと低め

 

難易度は少々特徴がある。
通常アクションゲームといえばステージが進むにしたがって敵の強さも比例してあがっていくものだが、本作の場合、ステージが進むに従ってボスがだんだん弱くなっていってしまう。
冗談でなく、最後のドラキュラに至ってははっきり言ってちょっと強い雑魚程度で、私なんか初めて倒したときなんか拍子抜けしてしまったほどである。。

 

また、このゲームは途中でマリアという女の子を助けるとによってマリアでもプレイすることができるのだが, このマリアがべらぼうに強い。

 

もうマリアを使い始めてしまうともうリヒターなどは出る幕はなくなってしまう。

 

マリアはスピード、攻撃力ともにリヒターを上回っており、あきらかにリヒターより強く、マリアを使えばドラキュラ伯爵も簡単に倒せてしまう。
もう難易度は、にこにこぷ位に甘いといっては過言かもしれないがそれほど簡単にクリアできてしまうくらいになる。

 

この点、ポジティブに捉えればアクションが苦手な人でもクリアできる間口の広さを持っているともいえよう。
(それにしてもマリアという女の子に倒されてしまうドラキュラはちょっと情けないですな。)

 

エンディングは賛否両論

 

無事ドラキュラを倒すとめでたくエンディングとなるわけだが、本作ではマルチエンディングが採用されている。
このエンディング、リヒターは非常に良い形のエンディングを迎えるのだが、マリアのそれはそれはとんでもないことになっている。

 

マリアでクリアしたときに流れるエンディングは、エンディングだけ見た人がいたら、それがドラキュラ本編のゲームのエンディングだということを気づける人は10人に1人いるかいないかだろう。
(内容をかいつまんで言うと、お花畑をマリアがペットと歩く、これだけ。)

 

おそらく、製作陣はPCエンジンのユーザ層を見越して(?)作ったのかもしれないが、この点はちょっと的が外れちゃったと言わざるを得ないだろう。

 

以上、つらつらと書いてきたが、上記のように多少突っ込みどころはあるものの全体としては非常に素晴らしいアクションゲームなので是非プレイしていただきたい1本である。

 

 

悪魔城ドラキュラX血の輪廻 【PCエンジン】
by カエレバ

 

このエントリーをはてなブックマークに追加