PCエンジン道場

PCエンジン遊び方一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加 

1987年に発売されたPCエンジンは、発売から20年以上が経過しメーカのサポートもなくなりハードの動態保存も困難になり、ソフトの確保も難しくなってきています。
こんな状況の中でも、PCエンジンをいかにしてPCエンジン入手するか、どうしたら遊び続けられるか?
このページではソフトの入手方法や、遊び方のガイド情報を提供していきます。  

 

遊ぶ方法は5種類

90年代中盤に現行機種としての役割を終えたPCエンジン。
「実機で遊ぶ」ということを念頭に置いた場合、PCエンジンは旧機種しかもファミコンに比べマイナーであるがゆえに遊ぶ方法も限られています。

 

そんなPCエンジンを遊ぶ方法を大別すると以下に分けられます。

 

実機
PCエンジン互換機
PCエンジンエミュレータ
現行機
クラウド配信サービス

 

ただし、どの方法も一長一短で各個々の趣向、目的もあるのでどの方法が一番!という解はありません。
(理想をいえば実機が一番ではありますが)

 

簡潔ではありますがで、以下に各方法について表で簡単に各方法の必要費用とメリット・デメリットをまとめたので
参考にしてみてください。

 

※ちなみに私の一番のお勧めは、エミュレータ(マジックエンジン)です。
CDロムロムソフトであれば、完全に合法で遊べることができちゃいます。

 

PCエンジンを遊ぶための方法別比較表

 

方法 手間 必要経費 遊べるソフト
実機


実機とソフトが必要

▲(1万〜4万)
DUOなら4万前後
Huカードだけ遊ぶも1万は必要


全部プレイ可能

PCエンジン互換機


実機とソフトが必要

○(2万)
レトロフリーク2万円。


Huカードタイトルのみプレイ可能

PCエンジンエミュレータ


パソコン、スマホ、エミュレータ、ソフトが必要

◎(0〜2000円)
基本無料。高くても2000円


ほぼ全部プレイ可能

 

現行機サービス


現行機のみでOK

○(2万〜5万)
PS4、Nintendo Switchが必要


ソフトは50本前後

クラウド配信サービス


パソコン、サービス機器のみでOK

○(0円〜500円)
初期費用はほぼゼロ。
月額費用がかかってくる。


ソフトは50本前後

 

 

 

純粋に遊ぶなら実機が一番です。ただ手間と値段はかかります。手軽さならエミュレータが一番。現行機とクラウド配信サービスは遊びたいタイトルがあれば、、、という感じ。基本は1〜3で考えるのが吉です。


このエントリーをはてなブックマークに追加 

PR