モバイルルータ紹介

ChromeBookにあうモバイルルータ紹介

ChromeBookでは現状SIM搭載モデルがAcerのC732以外ありません。モバイルするには何かしらWi-Fiルータがあると便利です。
このページでは、私がお勧めするモバイルルータを紹介します。基本的に利用したことがあるルーターを紹介しています。

 

オススメのルータ

このページでは、管理人がお勧めするモバイルルータをランキング形式で紹介します。2017年6月時点の情報です。

Aterm MR05LN

長時間バッテリーとデュアルSIMが魅力

 

モバイルルーターのベストセラー機種です。特徴は「デュアルSIM」対応なところ。対応バンドが国内の通信業者全てに対応しているので、格安SIMで一枚はドコモ系、網一枚はソフトバンク系とわけることもできます。SIMの切り替えも分10秒程度と短く、受信最大速度も375Mbpsと使い勝手もナイス。モバイルルータを選ぶときのファーストチョイスとしてオススメです。

 

こんな人にオススメ!
モバイルブロガー、家でも出先でも快適に通信を行いたい人。 SIMを使い分けたい人。

実勢価格 主なスペック
15,000円前後

受信最大速度:375Mbps
通信時間:14時間
対応SIM:nanoSIM×2枚

リンク

 

 

 

Aterm PA-MP01LN-SW

SIMが1枚で良いなら満足できる高コスパ機種

NECのAtermシリーズの最新機種です(2018年時点)。Aterm MR05LNとの違いは「挿せるSIMの枚数」です。「PA-MP01LN-SW」はnanoSIM1枚のみとなっています。あと受信速度が最大「150Mbps」となっていて多少スピードはおりますとはいえ、モバイル時の速度としては十分です。値段もその分安く9,000円前後になっているのでコスパは良いです。

 

こんな人にオススメ!
モバイルWi-Fiルーターは1枚のSIMで運用はしたいけど、投資するお金はできる限り抑えたい人

実勢価格 主なスペック
9,500円前後

受信最大速度:150Mbps
通信時間:10時間
対応SIM:nanoSIM×1枚

リンク

 

 

富士ソフト +F FS030W FS030WMB1

コンパクトで20時間保つバッテリー性能がナイス。車載用としてオススメ

富士ソフトが販売しているWi-Fiルータです。この機種の特徴は「コンパクトな筐体」「20時間保つバッテリー性能」「USB給電で自動的に電源ON」です。コンパクトで持ち運びが楽、さらには1日通しで充電不要なバッテリー、またUSB給電で自動で電源ONなど利用可能と使い勝手が良い機種です。特にUSB給電で電源ON機能は、車のエンジンON⇒自動でWi-FiルータONの運用もできるます。車載ルータとして利用する場合にはベストバイな機種ですね。

 

こんな人にオススメ!
車載ルータとしてWi-Fiルータを利用したい人。車移動が中心なChromebookユーザ。

実勢価格 主なスペック
12,000円前後

受信最大速度:150Mbps
通信時間:20時間
対応SIM:nanoSIM×1枚

リンク

 

 

関連エントリ