スマホ タブレット・スマホ

【スマホ】2016年12月版DSDS端末をまとめてみた。MOTOG4Plusとzenfone3、極2を比較

投稿日:2016年12月14日 更新日:

12月に入って急に出そろってきた感がある「デュアル待ち受け端末=DSDS端末」。メジャーな機種であろう3機種の違いをまとめてみました。

どれも一長一短

スペック表

機種名
極2
ZenFone 3 ZE520KL
Moto G4 Plus
OS
Android6.0
Android6.0
Android6.0
ディスプレイ
5.7インチ(有機EL)
5.2インチ 5.5インチ
解像度
2560×1440
1080×1920 1080×1920
SIMサイズ
nano×nano
Micro×nano
Micro×Micro
CPU
MediaTek Helio X20 MT6797 10コア
オクタコア Snapdragon 625
オクタコア Snapdragon 617
メモリ
4GB
3GB
3GB
ストレージ
64GB
32GB 32GB
メインカメラ 1600万画素
1600万画素
1600万画素
サブカメラ
800万画素
800万画素
500万画素
バッテリー容量
3400mAh
2650mAh
3000mAh
サイズ
157.2×77.5×7.2mm
146.87×73.98×7.69mm
153×76.6×9.8mm
重量
168g
144g
155g
価格
53,784円(税込み)
42,984円(税込み)
38,664円(税込み)
販売サイト
ビックカメラ

こうやって比較してみると、どれも一長一短ですね。
値段で攻めるならMOTOG4Plusでしょうし、液晶の綺麗さでいくなら極2が良いかなって思います。
機動性なら文句なしにzenfone3。ちょっとどれも決め手に欠ける感じ。

あとは手持ちのSIMサイズによるのかな。

私の場合、通話用がY!mobileのマイクロSIM、格安SIMはnanoSIMなのでZenFone3になるのですが。
ただ、値段がまだ高いかなぁと思案中です(;゜ロ゜)

3万円台前半だったら即決なんだけどなあ。。。




大容量・低価格モバイル回線

Fujiwifi 月100GB 3800円

Chromebookとレッツノート用のモバイル回線として利用中のサービスです。

月100GBプランを利用中。容量が多いので不意のWindows Updateも余裕w

なにより回線速度がソフトバンクの本家回線を利用しているので1両日中安定しているのが何より魅力です。

モバイルパソコンを外で利用する人にとってもおすすめなサービスです。

NOXOMIWifi Fujiwifiより月額料金が安いwifiサービス

Fujiwifiに続いて、ほぼ同内容のサービスを展開している大容量モバイルWi-Fiサービスです。

台数限定ながら無制限プランがあり、200GBプランなどもあります。

ルータープランのみながらも月額料金はFujiwifiよりも安くなっています。

格安SIMをデータ通信回線に使っているけど速度に不満と思っている人におすすめのサービスです。

SakuraWifi

無制限プランが売りのレンタルWi-Fi業者です。

Fujiwifiと並んで大容量パケット通信サービスとしてながらく君臨しています。

最初にお試し一ヶ月プランを選択しなければならない点、ホームページがわかりづらいのが難点ですがサービス内容はよろしいです。

実質料金が4,514円になるので私は100GBプランのFujiwifiにしましたが「無制限」にこだわる方にはおすすめです。

  • この記事を書いた人

たけいまこと

かつて1997年3月よりインターネットを使用し始め、当時存在していたPCエンジンサイトを巡回。 ほどなく触発され1997年12月に、当サイト「PCエンジン道場」を開設。 その後2000年までくらいは細々と更新をしたが、 就職・結婚、ファイルの消失などがあり、8年間放置(爆)。 2011年、ホームページビルダー購入を契機にサイト作成をやり直し。。 2015年にWordpressにてブログをまじめにやり始めようとしている。

-スマホ, タブレット・スマホ

Copyright© ChromeBookとレッツノートで快適モバイル生活 , 2018 All Rights Reserved.