レッツノートとChromeBookのある生活

快適なモバイル生活の探求。主にレッツノート、Xperia、iPadを主にデジタルガジェットの活用例を紹介

Androidタブレット タブレット・スマホ

[タブレット]Amazon フルHD超タブレット「Fire HD 10」を1万4980円からって安すぎ。iPadの半額以下

投稿日:

週刊アスキーの記事をみて驚きました。Amazonが超絶コスパなタブレットを出してきました。「Fire HD 10」を1万4980円から。安すぎです!

コレまでの10インチモデルダメなところを全て改善

以下が週刊アスキーの記事です。注目すべきは、解像度がフルHDオーバーの1920×1200ドットになったほか(従来は1280×800ドット)、メインメモリーも2倍の2GBを搭載したこと。

実用性が思いっきり上がりました。1280×800ドットだとサイトを見ると文字がじゃぎるし、メモリ1GBはもっさりでいけてませんでした。

そこを実用的なスペックにしたのに1万4980円からとか、完全に他社タブレットを潰しにきていますね。

8インチと大差ないとかすごすぎ。どうせリビングでつかうタブレットなんてブラウザと映像アプリ、電子書籍アプリがあれば事足ります。

FireOSはそのへんクリアしているので実用性も問題なし。iPadとは別ですが、少なくともAndroidタブレットは用なしになりそう。

10月が楽しみです!

ASCII.jp:フルHD超の解像度になって、約1.5万円! アマゾン「Fire HD 10」
http://ascii.jp/elem/000/001/551/1551492/

Amazon.co.jpは、アマゾンの各種サービスが便利に利用できる10型タブレット「Fire HD 10」を発表した。出荷開始は10月11日の予定。32GBモデルが1万8900円、64GBモデルが2万2980円だが、Amazonプライム会員はクーポンで4000円引きとなり、それぞれ1万4980円、1万8980円で購入可能。

従来モデルと比べると、画面解像度がフルHDオーバーの1920×1200ドットになったほか(従来は1280×800ドット)、メインメモリーも2倍の2GBを搭載するなど、基本スペックが大幅にアップした。それでいて上記の価格なので、一般的なAndroidタブレットと比べてもコスパが高いモデルと言える。

そのほかのスペック/機能としては、CPUに1.8GHz動作のクアッドコアプロセッサーを搭載、ストレージは最大256GBのmicroSDで拡大可能、10時間のバッテリー駆動、Dolby Atomos対応のデュアルステレオスピーカー、IEEE802.11ac対応など。







-Androidタブレット, タブレット・スマホ

Copyright© レッツノートとChromeBookのある生活 , 2017 All Rights Reserved.