レッツノートとChromeBookのある生活

快適なモバイル生活の探求。主にレッツノート、Xperia、iPadを主にデジタルガジェットの活用例を紹介

Chromebook 話題・ニュース

[Chromebook]Google のPixelbookはChromeBookの今後の方向性を示したフラグシップ機と呼ぶにふさわしいモデルです。未来を感じた人は買うべし。

更新日:

Chromebookユーザーだったら気になっていたGoogle謹製のフラグシップ機「PixelBook」がお披露目になりました!個人的には買いたい気持ちが一気に膨らんだとても良いリリース内容でした。皆さんの例にならって私も感想を書き留めておきます。

PixelBookはフラグシップと呼ぶにふさわしいスペックを搭載

まずは著名サイトからの引用になりますが、主なスペックについて。

速報:Google Pixelbook 発表、ペン対応の高級Chromebook / タブレット - Engadget 日本版
http://japanese.engadget.com/2017/10/04/google-pixelbook-chromebook/

主な仕様は12.3インチ QHD 高精細ディスプレイ、Core i5 / i7プロセッサ、最大16GB RAM、128 / 256 / 512GBストレージ。

Googleの歴代ノートでは最薄最軽量という10.3mm厚、約1.1kg。

ディスプレイはタッチのほか、高性能なペン入力にも対応します。Pixelbook Pen は別売り100ドル。

高性能Chrome OSノートであると同時にGoogle Playにも対応し、Androidアプリを動かせるタブレットでもあります。

またノートとして初めて、Google アシスタントをネイティブ統合します。

金額については「安いな」と感じました。事前リークでは安くても1300ドル前後でした。それが最小構成で1000ドル切り。QHDで8GBメモリ1.1Kgでタッチパネル搭載しているのに999ドルはなかなか頑張ったと思います。

ほか、スペックで素晴らしいと思った点は以下です。

・スタイラスペン対応

画面をスタイラスペンで囲って関連ある動画や人を検索できるとか、ペンで囲った人にメッセージをそのまま送れるとか、パソコン作業のちょっとしたことをちょっと改善できる仕組みが素晴らしい。

特にテントモード時での調べ物がはかどりそう。Androidアプリにも手書きアプリは多く、それらとの親和性も高くなりそうですし。間違いなくノートにまとめる際の生産性向上につながるなと思います。

書き味を是非体験してみたい。

・Googleアシスタントボタンをキーボードに搭載

GoogleAssistantキーがハードウェアキーとしてつくことになりました。これが一番のトピックではないでしょうか。使い方にはかなり期待がもてます。

GoogleのAIってかなり精度が高くて、近場の情報を調べるとか聞きたい音楽を流すとかいったときに「たまの人気曲を教えて」っていうと、単純に検索結果を返すだけではなく、ネットの検索数や再生数からランキングを割り出して「さよなら人類」を出してくるなど、下手に人間が調べるよりも、精度が高い情報を短時間で出してくれたりします。大手新聞社あたりではプレスリリースもAIが書いていると聞きますし、

GoogleAssistantでも「OKGoogle、今の季節にあった3分間スピーチを書いて」

っていったらGoogleドキュメントに文章がでてくるようなこともできるのではないかとさえ夢想してしまいますw。

同じAIのGoogleHomeの実例ですが、日常生活の生産性はあがること間違いなしです。

・Pixelスマホとの自動テザリング対応

あと、便利!と思ったのがPixelスマホとの自動テザリング対応。Wi-Fiが見つからない時にPixelがあれば自動的に副回線的にテザリングしてくれる機能がついているそうです。

シームレスに接続を切り替えてくれるのはありがたい限り。例えばiPhoneのようにわざわざ設定を開いてインターネット共有ONとかするのは面倒くさいですしね。

かゆいところにも手が届いているなあ、という印象でした。

ただ、残念なのは、日本はおま国で、発売対象からはずされてしまったことw

日本はApple天国と思われているのか?Googleは日本に冷たく前世代のPixelは発売すらされませんでした。今回も今のところ同様みたいです。

ただ日本でもちょっとずつChromebook普及しているでしょうし(希望的観測)、ローカライズとかいらないのでせめて発売位はしてほしいなと願っています。

PixelBookはAI時代のノートパソコンのあり方の示した道しるべ的パソコン

PixelBookは、今後のChromebookのみならずノートパソコンのあり方を示した道しるべ的マシンかなと感じました。

私自身、動作の軽さを重視したモバイルシンクライアントであり、WindowsやMacといったレガシィなパソコンのアンチテーゼであると思っていましたがそうでないんですね。

Chromebookっていうのはスマホ、AIがまずあってそれぞれ単体ではできないことを補うために必要なギミック(すなわちキーボード、きれいなディスプレイ)を積んだガジェットなんだと。

レガシーなサーバでしかやれなかったことをクライアントでもやれるようにという思想のもとで発展してきたMacやWindowsとは逆で、AIを核にしたサービスが中心に有ってそれを具現化していくには何の機能が必要か?を考えて作られているんだなと思い至りました。

まだまだ、ローカルなレガシーアプリは残っていてMacやWindowsのようなPCも残りますが、今後はAdobeもウェブアプリを出しているようにすべてがクラウドで連結し完結する世の中になっていくと思います。

そんな時代には過去のレガシー遺産となるであろうローカルアプリとのしがらみがないChromebookというのは、今は不利でも却って未来では強みになるのではないでしょうか。

PixelBookはAI時代のノートパソコンのあり方の示した道しるべ的パソコンと言えるでしょう。

入手は困難でしょうけどぜひ手にしてみたいなあ、、と強く感じた次第です。

日本でも早く買えるようになりますように!w







-Chromebook, 話題・ニュース

Copyright© レッツノートとChromeBookのある生活 , 2017 All Rights Reserved.