レッツノートとChromeBookのある生活

快適なモバイル生活の探求。主にレッツノート、Xperia、iPadを主にデジタルガジェットの活用例を紹介

Y!mobile ガジェット・MVNO

[MVNO]ワイモバイル AndroidOneの新機種が4台も発表。「X3」「X2」「S4」「S3」すべてがAndroidOne。親Google路線がナイス

投稿日:

本日AndoroidOneの新機種がなんと4台も発表となりました。内容をまとめてみました。ピュアAndroidな新スマホな発売はワイモバユーザーの特権?なのでこの大展開は嬉しい限りですね!

新機種は4台発売

どの機種も味があってよさげ!順番に感想を書いていきます。

1台目「X2 HTC製」 12月7日発売

基本スペック
サイズ? 約W73×H149×D8.1mm
重さ? 約142g
連続通話時間※1? [3G]1220分
[LTE]1360分
連続待受時間※1? [3G]317時間
[LTE]237時間
[AXGP]325時間
バッテリー容量? 2,600mAh
充電時間? 約110分(USB Type-Cアダプタ)
プラットフォーム? Android™ 8.0
CPU? SDM630(オクタコア)2.2GHz + 1.8GHz
ROM / RAM容量? 64GB / 4GB

握って操作できるという操作が新鮮。握っただけでセルフィーって女子には受けそう。おサイフケータイもついているしメモリ4GBなのもいい感じ。

2台目「X3 京セラ製」 2018年1月下旬以降

基本スペック
サイズ? 約W72×H149×D8.2mm(突起部を除く)
重さ? 約150g
連続通話時間※1? 計測中
連続待受時間※1? 計測中
バッテリー容量? 2,800mAh
充電時間? 計測中
プラットフォーム? Android™ 8.0
CPU? SDM630(オクタコア)2.2GHz + 1.8GHz
ROM / RAM容量? 32GB / 3GB
対応外部メモリ / 対応最大容量※2? microSDXC™ / 最大256GB

京セラからまさかの2機種同時発売。今回の4機種の中で一番ハイスペックな機種です。
今までになかった製品ラインですね。ポイントは機能全部盛り。おサイフケータイ®とワンセグがOK、しかも赤外線OKとAndroidOneなのにもはやガラスマなナイススマホになってます。
京セラならではでDignoの系譜をついでいる頑丈さが好印象です。普段持ちにはもっともよさげな端末に感じました。

3台目「S3 シャープ製」

基本スペック
サイズ? 約W71×H144×D8.5mm
重さ? 約143g
連続通話時間※1? [3G] 1190分
[LTE] 1310分
[GSM] 730分
連続待受時間※1? [3G] 約740時間
[LTE] 約605時間
[AXGP] 約590時間
[GSM] 約625時間
バッテリー容量? 2,700mAh
充電時間? 約150分
プラットフォーム? Android™ 8.0
CPU? MSM8937(オクタコア)1.4GHz+1.1GHz
ROM / RAM容量? 32GB / 3GB
対応外部メモリ / 対応最大容量※2? microSDXC™ / 最大256GB

S1の後継機がでました。おサイフケータイは非搭載。スペック的にはX2のおサイフケータイ非搭載版といったところ。ワンセグも赤外線もおサイフケータイもいらないからシンプルにって人が選ぶ端末ですね。

4台目「S4 京セラ製」

基本スペック
サイズ? 約W72×H145×D8.4mm(突起部を除く)
重さ? 約130g
連続通話時間※1? 計測中
連続待受時間※1? 計測中
バッテリー容量? 2,600mAh
充電時間? 計測中
プラットフォーム? Android™ 8.0
CPU? MSM8937(オクタコア)1.4GHz+1.1GHz
ROM / RAM容量? 32GB / 3GB
対応外部メモリ / 対応最大容量※2? microSDXC™ / 最大256GB

S2の後継機です。メモリの量も3GBと実用的になって順当に進化してます。値段次第か。

まとめ AndoroidOneは「S」シリーズは順当進化、Xシリーズは新展開

SシリーズとXシリーズの大きな違いは以下です

ディスプレイサイズ「5インチ」、おサイフケータイ非搭載→Sシリーズ
ディスプレイサイズ「5.3インチ」、おサイフケータイ搭載→Xシリーズ

てんこ盛りがいい人は「X」の中から、そうでない人は「S」からってことになっています。おサイフケータイは利便性が高いのでこだわりがある人はXシリーズで決まりでしょうか。

シリーズとしては以下のようになっています。Sは順当進化でXは3シリーズ構成になるのかな。

Sシリーズのまとめ

・シャープが後継機を出した「S1」→「S3」
・京セラも後継機を出した「S3」→「S4」

Xシリーズのまとめ

・シャープ「X1」→後継機なし
・HTC「X2」が新登場。※機能的にはX1の後継か
・京セラ製「X3」が新登場。ガラスマ。多分一番人気。

AndroidOneのいいところは2年間はOSのアップデートが保障されるところと、余計なキャリアのアプリが入っていないこと。スッキリしていていいんですよね。

Chromebook視点から見てもピュアAndroidは親和性が高いんじゃないかと思ったりしてます。

あえて購入するなら「X3」がよさげです。ディスプレイが頑丈っていうところと、あとはメーカーがナイス。やっぱり京ぽんのときの良い思い出が深いのでw

京セラの機種には信頼性を感じちゃいます(笑)

身びいきぬきにしても一番ハイスペックですからね。使ってみたくなる機種です。

ワイモバイルの親Google路線がなんだか嬉しい

あとこの親Google路線がなんともうれしいですね。今回の端末もきっとGoogleの意向がふんだんに含まれた機種にはなっているはず。>なにせOneですから。

今後はよりハイスペックなスマホ、それこそ「Pixel」あたりを発売してくれたら!なんて思います。過去にはNexusを発売し、今もなお国内で唯一AndroidOneを展開してくれているワイモバイルなのであながち夢ではないはず。

ぜひプレミアムなスマホ(Pixelとか)、「Pixelbuds」なども出してくれたら大盛り上がりすること間違い無し!私も速攻でiPhoneから機種変更しますね。

そしてGoogleといえばChromebook!!

Chromebookとの連携もより一層高くなってくれるとChromebook+ワイモバイルユーザーな私はロマンが高まります。今でもスマートロックなど連携機能がありますがより融合していってほしいなと思います。

今回は結構熱い新機種発表でした!実際に店頭に並ぶ1月が今から楽しみです(^^)

Y!mobile

Y!mobile 2018 SPECIAL| Y!mobile(ワイモバイル)
http://www.ymobile.jp/sp/2018special/?ref=topimp







-Y!mobile, ガジェット・MVNO

Copyright© レッツノートとChromeBookのある生活 , 2017 All Rights Reserved.