ChromeBookとレッツノートで快適モバイル生活

快適なPC環境、モバイル環境の構築を検証するブログです。現在はChromebook、レッツノート、ギャラクシーノート8が中心です。

スマホ タブレット・スマホ

[スマホ]GalaxyNote8のおかげでズルトラ難民を卒業できました。快適です。手書きも最高。鉛筆型のSペンも購入しました。

投稿日:

GalaxyNote8を使い始めて3日経ちました。早くもですが完全にズルトラ断ちできました。ズルトラ卒業です。使える用途としてはかぶっているしズルトラ以上の事ができるなと感じています。

手書きが最高

ズルトラと比べての使い勝手ですが、一画面での情報量はズルトラにはかなわないものの、画面は6.3インチあって大きくスマホ以上の大きさ。ズルトラの代わりに使っても問題無いレベルです。

持ちやすさでいえば細長いのでズルトラよりも持ちやすいです。あとは時代が時代でAndroid7系が載っているのは良いですね。Googleアシスタントなども使えますし。動作がいちいち速いです。

特にGalaxyNote8で良いと思っているのが手書き機能。画面キャプチャーしてのメモ書きがとかく簡単ですし書き味も快適です。ようやく普段使いのメモ帳、ノートを完全にデジタル化できました。

手書き環境をさらに向上させたいと思って購入したのが以下の鉛筆型のSペン「Staedtler Noris Digital Pen」です。鉛筆で有名なメーカーとのコラボした商品。

驚いたことに木製で作りが鉛筆そのものであること。ペン先以外は本当の鉛筆と一緒になっています。

書き味も問題ありません。鉛筆で書いているかのような感覚で書けました。「気の鉛筆と同じ形」っていうのが大きいですね。

付属のSペンはギミック上どうしても持ちにくさは出てしまいます。そこをうまく解消しているかなと。

あとちょっと惜しいのはSペンと違ってディスプレイオフメモが使えないこと、エアーコマンドが無効になってしまうことですね。純正以外でも出来たらこの上ないのですが。

ちなみに、本体付属のSペンを刺した状態で「Staedtler Noris Digital Pen」を利用したい場合は「Sペンの省電力モードをオフにする」必要があります。

やり方は、設定アイコン⇒「高度な機能」⇒「Sペン」⇒「省電力モードをオフ」とすればOK。

この設定を行えば本体にSペンが刺さっている状態でも、「Staedtler Noris Digital Pen」が利用可能です。

上の画像のように画面に気軽に書き込みできるのもGalaxynote8の魅力の一つ。とかくノートやメモ帳に手書きメモを残すのが好きな人には本当に合うガジェットと思います。

未体験の方はぜひケータイショップで触ってみてください。あとSペンに苦労している人には「Staedtler Noris Digital Pen」は本当におすすめです。

いい買い物ができました(^^♪







-スマホ, タブレット・スマホ
-

Copyright© ChromeBookとレッツノートで快適モバイル生活 , 2018 All Rights Reserved.