Chromebook 話題・ニュース

[Chromebook]Google がクラウドゲームサービス「STADIA」を発表。「STADIA」はChromebookの使い方の幅を拡げてくれそう

投稿日:

今日はGoogleのクラウドなゲームプラットフォーム「STADIA」の話題がツイッターで多く流れていましたね。このサービスにピンと来たのがChromeOSもサポート対象ということ。Chromebookにも関係してきそうなので感想をメモしてみました。

「STADIA」はホビー用途としてのChromebookの使い方の幅を拡げてくれそう

「STADIA」のサービスについて

クロスプラットフォームでクラウド上の4Kゲームをプレイでき、同時にYouTubeでゲーム実況もOK、かつGCPでアプリ開発ができるかのようにゲーム開発ができるインスタンスも用意するプラットフォーム。

・ゲームのストリーミング配信

・ゲーム開発プラットフォーム

の2つの性格を兼ね揃えたクラウドゲームサービスとなるもようです。

色々ネットニュースを見聞き↓結果、すごいなと思ったのが「レイテンシの低さ」と「Youtubeからの一発起動」「STADIAコントローラー」です。

遅延については限りなく少ない。100ms以下な体感の模様。

これってすごいでですよね。ツイッターの映像を見てもほとんどラグがないです。

映像を見た限りは実用的に感じました。日本国内でゲームのストリーミング配信というと「G-Cluster」なんていうのがあり、私も一回加入したことがあります。

ただ遅延の嵐でゲームでストレス解消どころかストレスが溜まったコトした覚えていませんw

G-cluster (ジークラスタ) 公式サイト
http://gcluster.jp/

また、Youtubeからの一発起動もOKとは素晴らしいですね。例えばニンテンドーDirectを見て紹介されたゲームをそのまま操作できたりなんかしちゃったらそれはもう鼻血ものです。

あと期待が持てるのは、「STADIAコントローラー」です。

このコントローラはWi-Fi経由でデータセンター上のゲームに直接接続し、コントローラがゲームをプレイするデバイスとクラウドのゲームセッションをリンクする。結果、安定したパフォーマンスを提供できるとか。

とうとうゲームコントローラもクラウドかと。しかもGoogleアシスタント搭載っておもいっきり近未来だなと感じました。マニュアルはもはや声できく時代なんですね。

Chromebook、Chromecastでも実行可能

そしてなによりもすごいのがChromebookでも実行可能なことですね!

ただストリーミング配信しているだけなのでブラウザがあればOK。なのでChromebookでもプレイ可能です。

これまでChromebookではリッチなゲームが体験できないのがホビーユースとしてはネックでした。

しかし今回ストリーミング配信とはいえChromebookでゲームが体験できるようになる、っていうのは、

「Chromebookの使い方の幅を拡げてくれるナイスな一手」

だと思います。

グーグルの「Stadia」で、ゲームプラットフォームの競争は新たな時代に突入した|WIRED.jp
https://wired.jp/2019/03/20/google-stadia-cloud-gaming/

日本でのローンチを首を長くして待とうと思います(^o^)

大容量・低価格モバイル回線

Fujiwifi 月25GB 2,500円

Chromebookとレッツノート用のモバイル回線として利用中のサービスです。

私は月25GBプランを利用中。回線速度が日中通じて「10M」以上でているのがお気に入りのポイントです。

(ソフトバンクの本家回線を利用しているので1両日中安定している)

モバイルパソコンを外で利用する人におすすめなサービスです。

  • この記事を書いた人

たけいまこと

かつて1997年3月よりインターネットを使用し始め、当時存在していたPCエンジンサイトを巡回。 ほどなく触発され1997年12月に、当サイト「PCエンジン道場」を開設。 その後2000年までくらいは細々と更新をしたが、 就職・結婚、ファイルの消失などがあり、8年間放置(爆)。 2011年、ホームページビルダー購入を契機にサイト作成をやり直し。。 2015年にWordpressにてブログをまじめにやり始めようとしている。

-Chromebook, 話題・ニュース

Copyright© TeamPixel+レッツノート応援団 , 2019 All Rights Reserved.