PCエンジンエミュレータ紹介

PCエンジンエミュレータ紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加 

1987年に発売されたPCエンジンは、発売から20年以上が経過しメーカのサポートもなくなりハードの動態保存も困難になり、ソフトの確保も難しくなってきています。
このページではPCエンジンのエミュレーターを紹介していきます。

 

 

1,エミュレーター概要

エミュレーターとは?

ゲームエミュレータ(Game Emulator)とは、
主にコンシューマーゲーム機やアーケードゲーム機等のハードウェアを、
実機以外のハードウェア上で仮想的に再現し、
そのゲーム機本体でのみ稼動するゲームをプレイできるようにするためのプログラムの事を言います。
(出典:Wikipedia)

 

・・・要はパソコン、スマホ、タブレットでPCエンジンが遊べちゃうツールということです。

 

2,遊ぶためのフロー

ざっくりいくと以下です。
エミュレータで遊ぶ

 

エミュレータで遊ぶ機器を用意する。

 

まず、最初にエミュレーターを遊ぶための機器(パソコン、ゲーム機)を用意しましょう。
ストレスなく遊ぶには、Windowsパソコンが一番です。
Androidでもプレイ可能です。
有料ですがナイスなエミュレータがあります。
iOSは残念ながらありません。

 

エミュレータプログラムを用意する。

 

用意した機器に対応したエミュレータを用意しましょう。
エミュレーター一覧を下に用意しましたので、参考にしてください。
無料のものから有料のものまでいろいろあります。

 

PCエンジンのソフトのロムを用意する。

エミュレーターを手に入れてもいきなりゲームをはじめられません。

 

エミュレーターはいわばゲームで言う本体のようなものです。

 

本体だけではゲームが遊べないのと同じように、エミュレーターも本体だけでは何もできません。

 

そこで、ゲームをするにはロムイメージ(rom image)という物が必要になります。

 

これはゲームのイメージをパソコンで使えるようにファイルとして生成した物です

 

ロムの入手の仕方は自分でファイルをPCエンジンから直接吸い上げるか、

 

インターネットで手に入れるかしかありません(しかし、これは100%違法です。)

 

CDロムに関しては、エミュレータ側でBIOSが用意されているものもあるので、CDだけでも遊べるものもあります。

 

完了!!!

以上、本体にあたる「エミュレータ」とソフトにあたる「ロムファイル」があれば、環境構築は完了です。

 

エミュレーター一覧

オススメは
「マジックエンジン」「Ootake」「pce.emu」
です。

 

「マジックエンジン」「Ootake」は動作ソフトが多い。

 

エミュレータでPCエンジンをプレイする上では欠かせない存在です。

 

「pce.emu」はスマホでPCエンジンをしたい場合の唯一のアプリ。

 

スマホ派な人はぜひとも導入しましょう。

 

対応OS:Windows編

 

マジックエンジン   料金:2,300円  お勧め度:★★★★★  DL:公式ページ
 セーブ機能:有り  パッド機能:有り キャプチャー:有り

解説

PCエンジン最高峰のエミュレータ、有料がネック。

PCエンジンエミュレータの中でも老舗中の老舗です。
動作が安定しており、機能面では特に不満はない完璧なエミュレータ。CDロム起動イメージを自前で持っているので、CDをトレイに入れればそのままプレイできるのが魅力。

 

ただ、シェアウェアで価格は15ユーロ(日本円で2300円ほど)と高め。
キャプチャー機能も充実しているのでお金があれば是非購入をお勧めします。

 

Ootake  料金:無料  お勧め度:★★★★★  DL:公式ページ
 セーブ機能:有り  パッド機能:有り キャプチャー:有り

解説

国産PCエンジンエミュレータの最高峰。ユーザー必携。

PCエンジンエミュレータの中でも安定性が高いエミュレータ。
特に2011年の現在でも頻繁にアップデートされており、非常に信頼性が高いエミュレータ。
CDロムのみならずスーパーグラフィックスにも対応しており、zipファイルからゲームオープンできるなど非常に使い勝手も良い。

 

無料でこれまでの機能があるエミュレータは他に例を見ない。ユーザー必携です。

 

YAME  料金:無料  お勧め度:★★★★  DL:ダウンロード
 セーブ機能:有り  パッド機能:有り キャプチャー:有り

解説

無料のマルチエミュレータ。対応数もなかなかで使いやすい。

PCエンジンエミュレータの中でも安定性が高いエミュレータ。
CDロムイメージを自前で持たないため、ソフトを起動するにはイメージを自前で用意しなければならないが、使い易さは折り紙つき。

 

ただし、更新が止まっているせいもあるが、ソフトの対応数は他のエミュレータより少ないのが残念である。

 

対応OS:MacOS編

 

マジックエンジン   料金:2,300円  お勧め度:★★★★★  DL:公式ページ
 セーブ機能:有り  パッド機能:有り キャプチャー:有り

解説

MAC対応貴重なエミュレータ

MACにも対応している数少ないエミュレータ。

 

動作が安定しており、機能面では特に不満はない完璧なエミュレータ。CDロム起動イメージを自前で持っているので、CDをトレイに入れればそのままプレイできるのが魅力。

 

対応OS:Android編 

PCE.emu  料金:308円  お勧め度:?  DL:公式サイト
 セーブ機能:有り  パッド機能:無し キャプチャー:有り

解説

AndoroidのPCエンジンエミュレータ。

使用したことが無いので詳細は不明(笑)。
公式サイト(英語)の説明を超意訳すると、

 

・Andoroid2.2対応
・バックアップメモリー対応、オートセーブ、リアルタイムセーブ対応
・CD-ROM対応、スパグラ対応
・WAV、OGG音源対応(CDロム吸い出し対応)
・マルチタッチ対応(タッチパッドコントローラ対応)

 

ということらしいです。
ユーザレビューはこちら

 

対応OS:iOS編

残念ながらなし。

このエントリーをはてなブックマークに追加 

PR