[サブスク紹介]ディスカバリーチャンネル、BBCが見放題のサブスク「dplay」

5 min 40 views

サブスクリプションマニアのタケイ(@pcefancom)です。

高品質なドキュメンタリーで有名な「ディスカバリーチャンネル」。

そんなチャンネルが運営している見放題サービス「dplay」の紹介をお送りします!

 

この記事では「dplay」にはどんなサービスなのか?

プランと特徴、メリット・デメリットを解説。

また、どんな人におすすめなのか?

サービスの魅力を紹介していきます!

[st-mybox title=”ポイント” fontawesome=”fa-check-circle” color=”#757575″ bordercolor=”#BDBDBD” bgcolor=”#ffffff” borderwidth=”2″ borderradius=”5″ titleweight=”bold” fontsize=”” myclass=”st-mybox-class” margin=”25px 0 25px 0″]

  • dplayの特徴
  • dplayの内容
  • dplayのメリット・デメリット
  • dplayはこんな人におすすめ
  • dplayまとめ

[/st-mybox]

[st-kaiwa1]気になる方は是非続きをお読みください![/st-kaiwa1]

それでは、具体的に紹介していきましょう!

dplayの特徴

dplayとは、CS放送で根強い人気を持つ「ディスカバリーチャンネル」の見放題サービスです。

日本では2019年からサービスを開始しました。

特徴は希少で高品質なドキュメンタリー番組がたくさん鑑賞できること

有名どころではベア・グリルスのサバイバルドキュメントがありますね。

他にも世界中で人気のリアリティーショー「NAKED」など、人気作が多数配信されています。

「dPlay」でしか配信していない作品も多くオリジナリティの高いサービスとなっています。

根強いファンがいる番組を多数配信

dplayの内容

dplayのサービス概要は以下です。

サービス名 dplay
月額(税込) フリー 0円:広告付きでオリジナル番組を視聴可能
スタンダード 750円:広告無しでオリジナル番組を視聴可能
プレミアム 1,080円:BBCやモータートレンドの番組も視聴可能
無料体験期間 7日間
配信数 2500エピソード以上
毎週更新
バックナンバー あり
利用端末 Windows※ブラウザ
macOS※ブラウザ
Chromebook
iPhone
iPad
Android
事前ダウンロード
同時利用台数 アプリ7台

dplayの利用料金

プランはわかりやすく3段階となっています。

フリープランは無料の代わりに広告つきで、オリジナル番組を視聴可能。

広告無しで観たければスタンダードプラン。

さらにBBCやMoterTrendの番組も鑑賞したければプレミアムプラン、という構成です。

[st-mybox title=”メモ” fontawesome=”fa-file-text-o” color=”#757575″ bordercolor=”” bgcolor=”#fafafa” borderwidth=”0″ borderradius=”5″ titleweight=”bold” fontsize=”” myclass=”st-mybox-class” margin=”25px 0 25px 0″]

  • フリー 0円:広告付きでオリジナル番組を視聴可能
  • スタンダード 750円:広告無しでオリジナル番組を視聴可能
  • プレミアム 1,080円:BBCやモータートレンドの番組も視聴可能

[/st-mybox]

当サイトとしては「スタンダード」をおすすめします。

ディスカバリーチャンネルコンテンツはすべて観られるので。

「BBCもモータートレンド大好き!」という方にはプレミアムプランもオススメです。[st-kaiwa1]ちなみに私はスタンダードプランを契約中です[/st-kaiwa1]

dplayの無料体験期間

dPlayでの無料体験期間は「7日」となっています。

他のサービスに比べてちょっと短めですが、週末に申し込めばたんまり楽しむことも可能です。

サービスの魅力がしっかりとわかる設計になっています。

dplayが使える端末

dplayは市販の端末であれば、どの端末でも楽しめます。

パソコン、スマホ・タブレットだけでなくChromebookでも利用可能です。

dplayが利用できる端末

OS 対応 視聴方法
ChromeOS ブラウザ
Androidアプリ
Windows ブラウザ
macOS ブラウザ
iOS iOSアプリ
Android Androdアプリ

ちなみにダウンロードしてのオフライン再生には対応していません。※執筆時点(2020/07/01)

再生にはオンラインである必要があります。

なお、アプリのダウンロード先は以下となっています。

[st-mybox title=”” fontawesome=”” color=”#757575″ bordercolor=”#f3f3f3″ bgcolor=”#f3f3f3″ borderwidth=”0″ borderradius=”5″ titleweight=”bold” fontsize=”” myclass=”st-mybox-class” margin=”25px 0 25px 0″]

Dplay – [公式] ディスカバリーの動画見放題 – Google Play のアプリ

[/st-mybox]

[st-mybox title=”” fontawesome=”” color=”#757575″ bordercolor=”#f3f3f3″ bgcolor=”#f3f3f3″ borderwidth=”0″ borderradius=”5″ titleweight=”bold” fontsize=”” myclass=”st-mybox-class” margin=”25px 0 25px 0″]

‎「Dplay – [公式] ディスカバリーの動画見放題」をApp Storeで

[/st-mybox]

dplayのメリット

dplayのメリットは「オリジナル性の高さ」と「コスパの良さ」にあります。

ベア・グリルスやエド・スタフォードの番組などのサバイバルドキュメントは「ディスカバリーチャンネル」ならではです。

dplayはほとんどが独自コンテンツです。

ディスカバリーチャンネルの番組を観ようとした場合、ケーブルテレビかスカパーに入るほかありませんでした。

料金的に月額でも最低4千円近くかかり、どうしても身近ではありませんでした。

それが千円以下で観られるのはコスパが高いといえます。

dplayのデメリット

dplayのデメリットはオフライン再生ができないことでしょうか。

大体の見放題サービスが対応しているオフライン再生に対応していません。

飛行機などでの長時間移動の時には大変助かる機能がないのはデメリットといえるでしょう。

それ以外は特にありません。

動画のダウンロード速度も早く快適な視聴が可能です。

[st-mybox title=”メリット” fontawesome=”fa-check-circle” color=”#FFD54F” bordercolor=”#FFD54F” bgcolor=”#FFFDE7″ borderwidth=”2″ borderradius=”5″ titleweight=”bold” fontsize=”” myclass=”st-mybox-class” margin=”25px 0 25px 0″]

  • 配信番組のオリジナル性が高い
  • 独占配信の番組がおおい
  • これまでに比べて低価格で視聴可能

[/st-mybox]

[st-mybox title=”注意ポイント” fontawesome=”fa-exclamation-circle” color=”#ef5350″ bordercolor=”#ef9a9a” bgcolor=”#ffebee” borderwidth=”2″ borderradius=”5″ titleweight=”bold” fontsize=”” myclass=”st-mybox-class” margin=”25px 0 25px 0″]

  • オフライン再生に対応していない

[/st-mybox]

dplayはこんな人にオススメ

以上、サービスの料金、無料体験期間、使える反当mつメリット・デメリットについてお送りしました。

色々加味するとdplayはこんな人にオススメです。

こんな方におすすめ

  • ベア・グリルスが好きな人
  • エド・スタフォードが好きな人
  • 危険な職業体験、世界の珍料理、サバイバル番組が好きな人
  • ディスカバリーチャンネルをテレビ以外で観たい人

なんといってもディスカバリーチャンネルのメリットは、独占配信の番組している名物番組が観られることです。

ベア・グリルスやエド・スタフォード好きな人にはとってもオススメです。

また、硬派なドキュメントが好きな人にもオススメ。

「サバイバル」「男気クッキング」「秘境生活」「NAKED」

と聞いてピンと来た人人なら間違いなしにハマるはずです(笑)

ディスカバリーチャンネルならではの番組が目白押し

 

まとめ ドキュメンタリー好きにピッタリなサービス

以上、dplayについての紹介でした!

2020年4月に入って以来、毎日寝る前の30分~1時間の間で鑑賞しています。

毎週コンテンツが追加されるので、飽きることがありません。

CS放送を録画する必要もなくなりました!

ドキュメンタリー好きにはピッタリのサービスです。

ちょっとでも興味があったら、まずは無料体験に申し込んでてみてください!

dplayのクーポン情報

執筆時点(2020/07/01)では特にありません。

また追加されたら、速報記事でお知らせします!

[st-kaiwa1]以上、dplay(ディスカバリーチャンネル)〜特徴、プラン、おすすめの人、クーポン情報〜でした![/st-kaiwa1]

タケイ マコト

タケイ マコト

サブスクリプション大好き人間。本業はクラウド(AWS)のプリセールスエンジニア。PCエンジン、Chromebook、たま(バンド)が大好き。趣味や仕事のブログも運営中。

FOLLOW

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です