[日記]PCエンジン(GP2000 Super twin)をゲット!Huカードとスパグラ、Super Engine(独自スロット)が動作する非公認 互換機

2 min 64 views
PCエンジン互換機
タケイ

タケイ

1979年生まれのPCエンジン好き

FOLLOW

どうも密やかにPCエンジンを集めているタケイ(@pcefancom)です。

久しぶりにPCエンジン日記を投稿します。

本日(2022/10/17)、新鮮な代物をゲットしました!
PCエンジンの互換機で「GP2000 Super twin」という製品。

1993年に上海で発売された、いわゆる非公認互換機です。

PCエンジン界隈の友人が、なんと中国のおもちゃ会社の社長に掛け合ってくれて、ゲットしてくれました!

この記事では

  • どんな製品か?
  • 実機の写真とマニュアル
  • GP2000 Super twinを買ったきっかけ

を紹介します!

GP2000 Super twin(超級双子星)とは

1993年に中国大陸の江蘇凱倫玩具開発有限公司が発売したPCエンジン互換機。
開発は台湾の大雅電子が関わっており、合弁会社のスタイルで発売されたようです。

PCエンジン互換機

外観はPCエンジンスーパーグラフィックスをフューチャー。
通常のHuカードとSG専用Huカードが起動、プレイできるようになっています。

本体はPCエンジンスーパーグラフィックスをフィーチャー

デザインはスーパーグラフィックス、独自形状のカートリッジも搭載

この機種で面白いのが、本家にはないオリジナルな機構を備えていることですね。

まずはHuカードスロットとパッドのスロット。
こちらが独特で、Huカードは真ん中の切り欠きに差し込む形となっています。

パッドもオリジナルとは違っていて、メガドライブのパッドと々形になっています。

ホールド感も上々で、いったん接続すると簡単には抜けないようになっていました。

PCエンジン互換機

Huカードスロットにくわえて本体上部に独自のカードリッジも搭載。
「Super Engine」という名前で、中国・台湾内外で合計11本のソフトが発売されているようです。

なお、情報元のブログによると、これはHuカードの製造コストが高く、生産が容易な独自規格を付け足したものとのこと。

https://weibo.com/5448534911/Lb5ah9i1H

上部には独自スロットを搭載。PCエンジンのゲームが11本存在するらしい

マニュアルは英語と中国語で表記

ちなみにマニュアルは、英語と中国語で表記されていました。

メーカーは上海ですが、流通は中国国内だけではなく、英語圏にも出されていたのかもしれません。

購入のきっかけは、Twitterのつぶやき

ちなみに購入のきっかけは、Twitterでの@AlfaroOruetaさんのつぶやきでした。

https://weibo.com/5448534911/Lb5ah9i1H

海外のPCエンジンってアメリカとフランスだけかと思っていたのですが、非公認とはいえ

「PCエンジン互換機が出ていたとは!」

と率直にビックリ!

そこから俄然興味が湧きました。

FacebookでPCエンジン友人にも情報を共有していたのですが、なんと中国のゲーム販売の社長とつながり、実機を見つけ出してくれて今回の購入に至りました。
本当にどこにきっかけがあるか分かりませんね。

なかなか無い代物かと思うので、じっくり検証・プレイしてみたいと思います。

ともあれ、テレビに映す用のコンポジットケーブルがなかったので買いました。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Translate »