[日記]「Re: Hudson!(ハドソンナイト3)」に参加!ハドソン後期の裏話が貴重だったイベント

4 min 380 views
注記:当ブログはGoogleAdSense、アフィリエイトを利用、収益を得ています。
タケイ

タケイ

1979年生まれのPCエンジン好き

FOLLOW

どうもPCエンジンが好きなタケイ(@pcefancom)です。

久しぶりにPCエンジン関連のイベントに行ってきました!

イベント名は「ハドソンナイト3」

今はなきゲームメーカー「ハドソン」に関する秘密を、当時の関係者の方々が赤裸々に語ってくれるイベントです。

2013年以来、10年ぶりに横浜で開催、行ってきたので記録がてら感想をレポートします!

イベントの概要

イベントの概要です。

トークイベントではおなじみの「ロフト」での開催でした。
場所は真珠から移転した横浜の「Nakedロフト」。
50人くらいの会場でいい空気の中でのトークライブでした。

【出演】
岩崎啓眞(プログラム・演出)
高岡義晴 (プログラマー)
大久ボン則雄(企画)

ほか ゲストあり?!

伝説のゲーム会社『株式会社ハドソン』
ハドソンが最も光り輝いていた80~90年代の黄金期の当時をメインに
それに合わせ黄金期の戦士達を集め振り返るトークイベント”バーイ”『ハドソン・ナイト!』

ハドソンナイトから10年の月日が流れ…ファミコンが40周年を迎えPCエンジンがトレンドを賑わす昨今…やっぱりみんなハドソンが大好きだ!

ハドソンは無くなっちゃったけど・・・でも忘れない!もう一度あの頃のハドソンに!!

Re: Hudson!

https://www.loft-prj.co.jp/schedule/naked/258469

登壇された方々は、イース、天外魔境の岩崎さん、コリューンやPC電人のプログラマの高岡さん、ボンバーマンGBなどを手掛けた大久保さんのお三方でした。

岩崎さんは、ハドソンナイト1,2から引き続き、高岡さん大久保さんは初のご登壇でした。

印象深かったトーク 3つ

イベントは司会の方がハドソンとの関わりだったり、PCエンジン関連のソフトのこと、当時の裏話を順番に質問を聞いて行く形で進行、お三方がそれぞれトークをしていく流れでした。

特に印象深かったのが以下の話でしたね。

岩崎さん:イースの開発バージョン映像を時系列で解説

岩崎さんからは、本当に色々な裏話が今回も出たのですが、眼福だったのが「イース開発番の映像解説」ですね。

前回のハドソンナイトでも観られなかった映像を見ることが出来ました。

岩崎さんは太っ腹にも開発バージョンの映像をYouTubeにアップしてくれています。

👉 (4) Hiromasa Iwasaki – YouTube

イベントではBGMの権利関係の都合上、YouTubeにアップロードできない映像を観せてくださるという太っ腹さ!

これがまた新鮮でたまりませんでした。

ナレーションも銀河万丈さんでもなかったり、BGMがFM音源、ファルコムのCD音源だったりして、鑑賞している最中「ほぉぉぉぉ」と心のなかで叫んでいましたw

開発中の何かが観られるのはハドソンナイトの醍醐味ですね。

高岡さん:コリューンが電人になりかけた、PCエンジンミニに入らなかった理由

高岡さんは、PCエンジンに関して「コリューン」「PC電人」や「スーパーリアル麻雀」で関わられています。

コリューンが最初はそのまま「PC電人」になりそうだった話には驚がくでした。
「コリューン」は良いゲームで、当時ハドソンの目にも止まった模様。最初、キャラを原人にとかあったそうです。

思い入れもあり、めでたくナクザットの自社タイトルとなってなによりでしたが、商流とか権利関係とか、色々ユーザの知らないところでゲーム業界も色々あるんですね。

どの業界もお金柄噛むところは一緒だなあと実感。

ちなみにコリューンとPC電人はBGMを作られている方も一緒だそうです。

そういえば似ていますね。

あと嬉しかったのが高岡さんご詩人「PCエンジンミニ」への収録に、とても前向きだったこと。

私自身も「マジカルチェイス」「コリューン」は入ってほしかったソフト筆頭だったのですが、ご自身も同じ思いだったようです。

※権利関係が自社開発は外に出さないままにしていたのが悪い方に作用してしまい、処理が「PCエンジンミニ」の発売には間に合わなかった。

コリューンは、中古で買おうとすると、mもはや10万円近くなっています。

PCエンジンミニ2が発売が実現した際にはぜひ入ってほしいなと思います。

大久ボン則雄さん:ロケテスト、イベントの裏話が満載

エーアイ (ゲーム会社)に在籍時に担当していたゲームの裏話が満載でした。

話し方がさすが企画屋さんというかざっくばらんで面白かったです。

ハドソンのプレゼンに行って「けちょんけちょん」にされたとか、あるソフトが回収になったとか、脱衣麻雀の声を担当していたとか、ハドソンやテレビゲームに限らず、90年代のアミューズメント業界裏話が楽しすぎでした。

鮫亀のころのバブリーな体験もナイスでしたw

伊勢海老キャッチャーやシジマールと対戦できるサッカーゲームとか開発されていたそうで、正直やってみたいとか思っちゃいましたw

※取り上げていた記事がありました。

伝説のプライズ機『サブマリンキャッチャー』をプレイ

http://bayon-game.com/?p=50246

大久ボン則雄さんが体験されていたことって、ゲームセンター裏歴史で残しておいたほうがいいことがたくさんありそうな?

本当に興味深い話ばかりでしたね。

まとめ:ハドソンナイト4にも期待!ナクザットナイトにも超期待!

時間にして2時間30分、赤裸々な当時のトークが繰り広げられて、最後は質問タイムで締め。

PCエンジンミニ2のこととか、昔作ったゲームバグのことなど、PCエンジンユーザなら知りたいことがたくさん出てきて、最初から最後まで本当に楽しい時間でした!

何より岩崎さん、高岡さん、大久保さんのサービス精神がすごかったのが素敵でしたね。

イベント後にはサイン会もあり!

貴重な話がつきないつきない!あっという間の2時間半でした。

現在、お三方ともX(旧Twitter)をされています。

今も魅力的な活動をされているので是非フォローしてみてください。

それにしてもハドソン、PCエンジン関連のイベントはマイナー故に?本当に濃くて面白い!

ぜひハドソンナイト4、ナクザットナイトの開催を期待せずにはいられません!

それくらいに良かったです。

本当に貴重な機会をありがとうございました!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Translate »