【レビュー:タ行】天外魔境2:PCエンジン史に燦然と輝く和風RPGの大作。やっていない人はモグリ。

1 min 13 views
タケイ

タケイ

1979年生まれのPCエンジン好き

FOLLOW

 


PCエンジン史に燦然と輝く名作RPG

天外魔境2。PCエンジンを語る上で絶対に外せないタイトルです。発売当時はPCエンジン雑誌のみならず、

まさに一大プロジェクト。豪華スタッフとおそらくすごい予算を組みこんで開発されたソフトではないでしょうか?内容も期待通り、期待以上の出来で当時のユーザーは一カ月天外魔境2のみで楽しめた、そんなソフトでした。

ストーリーは、広井王子氏の世界観と桝田省治氏のブラックな部分が絶妙で、異なったもので敵にも魅力、バックグラウンドがあり、単なる勧善懲悪と一線を画していますし、音楽は久石譲氏、福田裕彦氏の音楽は今でもテレビで使われるほどで聞きやすいです。ゲーム部分も、読み込みが少なくテンポがいい、加えてRPGの華である戦闘システムユーザーで戦い方が千差万別で工夫のしがいがあるアルゴリズムは、今でも輝きを失っていません。

 

名場面「母ちゃん、おかわり!」
名場面「母ちゃん、おかわり!」

2014年の今遊ぶならエミュか、PSP、DS版がオススメ

2000年代に入り色々とリメイクされましたが、オリジナルが一番完成度が高く遊びやすいと思います。Androidアプリのエミュレーターでもばっちり遊べますので、通勤の合間に遊ぶゲームとしても最適。骨のあるRPGをやりたい方にもオススメです。

エミュレーターはちょっと、、、という方にはPSP版、DS版がオススメですどちらもエミュレーター形式なのでオリジナル雰囲気そのままでプレイが可能です。

まだ未プレイ、久しぶりにプレイしたくなった、という方は是非購入してプレイしましょう!

[amazonjs asin=”B0018B71KC” locale=”JP” title=”PC Engine Best Collection 天外魔境コレクション”]

[amazonjs asin=”B000COEKM8″ locale=”JP” title=”天外魔境II MANJI MARU”]

ソフト情報

ソフト情報
発売日 1992/3/27
メーカー ハドソン
媒体 SCD
定価 6,800円
実勢価格 100円
タケイ

タケイ

1979年生まれのPCエンジン好き

FOLLOW

カテゴリー:
タグ:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Translate »