【雑記】『イース通史』を読了。イースを遊んだことある人は絶対に読んでおいたほうがいい書籍

1 min 12 views
タケイ

タケイ

1979年生まれのPCエンジン好き

FOLLOW

今週、夏コミで購入したゲーム系の同人誌「イース通史」を読みました。いや〜、とても読み応えのある本でした。イースを遊んだことある人は絶対に読んでおいたほうがいい書籍です。

商業誌では絶対に載せられないエピソードが満載

商業雑誌のインタビューだと絶対に載らないであろうエピソードが満載でした。

PCエンジン版イースのコアだった岩崎啓真さん(@snapwith)が書いているだけあって、中身が濃すぎる内容となっています。

Wikipediaは嘘ばかりなのに業を煮やし(?)

当時の関係者にインタビューしながら作った書籍なので、熱の入り用からして違いますよね。

メーカーによる検閲が入らない同人誌ならではの記述が満載で、読んでいる最中から

「へぇ〜〜〜」「ほぉぉ〜〜」

連発していましたw

・女神はなぜ2人になったのか?
・イースはラピュタからとったのか?
・そもそもイースという名はなぜついたのか?

その答えがこの本にあります。

レトロゲーム好きな人はぜひ手にとってみてください。

繰り返しますが、イースを遊んだことが少しでもある人は読んでおいたほうがいいです。読まないと後悔します。

名作「イース」のリアルな裏側をうかがい知れる貴重な歴史本でした!

イース4以降のお話も続巻があるそうなので今からたのしみです😄

ちなみに買ったときの日記は以下。

[st-card id=935 label=”” name=”” bgcolor=”” color=”” readmore=”on”]

『イース通史』が買えるショップ

ちなみにイース通史は、秋葉原のBeepさんで委託販売されているそうです。

(入荷未定)イース通史Ⅰ / 岩崎啓眞|BEEP ゲームグッズ通販
https://www.beep-shop.com/ec/products/detail/1562

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Translate »