ガジェット ガジェットレビュー スマートウォッチ

[HUAWEI WATCH GT 3 SE レビュー ]35.6グラムと軽量!軽さとコスパが魅力のスマートウォッチ

どうもスマートウォッチ大好きなタケイ(@pcefancom)です。

HUAWEI WATCH GT 3 SE」は、2022年11月18日に発売となったスマートウォッチ。
35.6グラムと超軽量、デザインもカジュアルでプライベートやスポーツはもちろんビジネスにも使える手軽さが魅力のモデルです。

この記事ではレビューとして

  • HUAWEI WATCH GT 3 SEの特徴・スペック
  • 一週間使ってリアルに感じたメリットと注意点
  • こんなに人におススメ

な点をお送りします。
これからのスマートウォッチ選びの参考になれば最高です!

HUAWEI WATCH GT 3 SEの特徴

HUAWEI WATCH GT 3 SEは「HUAWEI WATCH GT 3」シリーズのなかで新しい位置づけのモデル。
カジュアルさがウリで、主な特徴は以下の通りです。

ココがポイント

  • カジュアルなデザイン
  • グラファイトブラック/ワイルドネスグリーンの2色展開
  • 約35.6gと非常に軽くて薄い
  • GPSは 5種衛星測位システムを採用
  • スポーツや健康について100種類以上のモニタリング機能を搭載
  • 心拍数・血中酸素レベルモニタリング機能を搭載
  • ルートバック機能を搭載
  • 気圧の変化を知らせる、悪天候アラートもついている
  • ランニング能力指数 同年代での速度をスコア化
  • 5ATM(5気圧)防水に対応
  • 2週間もつバッテリー、ワイヤレス、リバースチャージに対応
  • Bluetooth通話が可能

カジュアルなデザイン

GT3 SEは「GT3シリーズ」の新しいモデルです。
Pro、無印はビジネス志向のデザインでしたが、SEはカジュアルビジネス。
プライベートでも使えるデザインになっています。

実際にSE(左)とProモデル(右)を並べて撮ってみたところ。
たしかにカジュアルさがありました。

カラーは2色

カラーバリエーションは2色となっています。

左が「グラファイトブラック」で、右が「ワイルドネスグリーン」です。

写真では結構違うように感じますが、実質の違いは縁の部分だけ。
真ん中の画面はデザインを変えられるので、実際に手にするとそんなに違いは感じません。

どちらもビジネスカジュアルに使える色合いに放っていますね。

約35.6gと非常に軽くて薄い

そして軽さも特徴の1つ。
46mmベゼルの中では最軽量となっています。

HUAWEI WATCH GT 3 SE」

46mmベゼルで35.6gは最軽量

これまでのモデルとの比較はいかのとおり。

  • HUAWEI WATCH GT 3 Pro 46mm:54g
  • HUAWEI WATCH GT 3 Pro 43mm:50g
  • HUAWEI WATCH GT 3 46mm:42.6g
  • HUAWEI WATCH GT Runner:約38.5g
  • HUAWEI WATCH GT 3 SE:約35.6 g

Proモデルに比べて20グラム近く軽くなっています。
これまでのモデルは
「ちょっとごつすぎ」
「寝ているときに圧迫感がある」
と感じていた方にもフィットする可能性が高くなっています。

GPSは 5種衛星測位システムを採用

また、GPSは「GPS、GLONASS、Galileo、BeiDouQZSS」の5つに対応。
ワークアウトのときにも素早いトラッキングを実現しています。

実際にウォーキングのときにGPSトラッキングしていますが、だいたい数秒で開始できてます。

GPSの精度は高いですね。

スポーツや健康について100種類以上のモニタリング機能を搭載

さらには、100種類のワークアウトにも対応しています。

100種類のワークアウトに対応

これもシリーズ最多レベル。

スキー、クロスカントリースキー、スノーボードの3つのワークアウトモードを選択でき、詳細なデータ記録が可能です。
他にもメインのウォーキング、サイクリング、プールでの水泳、ハイキング、トライアスロン、縄跳びなど、18種類のワークアウトモードを搭載。

カスタムワークアウトモードを合わせると合計100種類以上のワークアウトを利用可能です。

睡眠・ストレス・心拍数・血中酸素レベルモニタリング機能を搭載

健康管理機能も充実しており、最新の睡眠・ストレス・心拍数・血中酸素レベルモニタリング機能を搭載しています。

GT3SEの健康管理機能

これは、Proモデルと同等の計測を実現。
体表面温度こそ測れませんが、それ以外の数値は精度高く測れます。

利用できる健康管理機能

計測できる項目については、トップレベルと言えますね。
個人で利用するぶんには不満を感じることはないでしょう。

対応機能

  • 血中酸素レベルモニタリング
  • ストレスモニタリング
  • 心拍数モニタリング
  • 呼吸エクササイズ
  • 睡眠モニタリング
  • 月経管理

 

ルートバック機能を搭載

山のワークアウトモードでは、来た道を記録するルートバック機能を搭載。
GPSでルートを記録。
来た道を戻る機能が新しく搭載されました。

気圧の変化を知らせる、悪天候アラートもついている

登山系にはさらに気圧の変化を知らせる機能も搭載されました。
急激な天候変化も知らせてくれます。

真夏のゲリラ豪雨のときなどにも使えそうですよね。
季節は先ですが楽しみな機能です。

ランニング能力指数 同年代での速度をスコア化

あと面白いのが、ランニング能力指数への対応。

AIランニングプランが、個人のレベルに合わせパフォーマンスを向上させるための科学的なプランを提案してくれます。

5ATM(5気圧)防水に対応

防水も5ATM(5気圧)にまで対応。
水の中は無理ですが、屋外ワークアウトならまず問題ない防水性能を誇っています。

2週間もつバッテリー、ワイヤレス、リバースチャージに対応

バッテリー関連は、最大14日間連続使用を誇っています。
持続時間の長さはさすが「HUAWEI 」といったところ。
Qi接続のワイヤレス、リバースチャージに対応しています。

バッテリー関連で不満が生じることはまずないでしょう。

Bluetooth通話が可能

あとは通話機能もしっかり対応。
Bluetooth通話機能がついています。

実際に、Androidで使ってみましたが、通話はスムーズにできました。
通話は安心していいと思います。

タケイ
以上が特徴での紹介でした!セカンドエディションとは思えない機能の多彩さにはびっくり!機能で不満を感じることはないと思います!

HUAWEI WATCH GT 3 SE スペック

以下が実際のスペック表です。

カラー グラファイトブラック,ワイルドネスグリーン
ケースサイズ 46 mm
本体サイズ 縦46.4 mm × 横46.4 mm × 厚さ11 mm
手首サイズ 140 - 210 mm
重量 約35.6 g(ベルトを含まず)
ディスプレイ 1.43 インチAMOLEDタッチスクリーン
*AMOLEDタッチスクリーンは、スライドジェスチャーとタッチジェスチャーに対応
材質 ポリマーコンポジット
ストラップ グラファイトブラック TPUファイバー
ワイルドネスグリーン TPUファイバー
センサー 加速度センサー
ジャイロセンサー
磁気センサー
光学式心拍センサー
気圧センサー
ボタン 電源ボタン
機能ボタン
充電端子 ワイヤレス充電対応
対応OS Android 6.0以降
iOS 9.0以降
防水 5ATM
GPS GPS
GLONASS
Galileo
BeiDou
QZSS
充電 5V, 2A
バッテリー持続時間 通常使用で約14日間
ヘビーユースで約7日間
マイク 内蔵
スピーカー 内蔵
付属品 無線充電クレードル付きUSBケーブル ×1
クイックスタートガイド ×1
保証とアフターサービスのご案内 × 1
価格 27,280円
タケイ
廉価版モデルながら、新しい機能を取り込んでいるのが特徴といえるでしょう。

HUAWEI WATCH GT 3 Proモデルとの違い

なお、SEとProモデルとの違いは以下のとおりです。
価格が2万円以上安いだけあって、多少違いがあります。

モデル名 HUAWEI WATCH GT 3 SE HUAWEI WATCH GT 3 Pro 46 mm
カラー グラファイトブラック
ワイルドネスグリーン
ブラック,グレー
ケースサイズ 46 mm 46 mm
本体サイズ 縦46.4 mm × 横46.4 mm × 厚さ11 mm  

縦46.6 mm × 横46.6 mm × 厚さ10.9 mm

手首サイズ 140 - 210 mm 40-210 mm
重量 約35.6 g(ベルトを含まず) 54 g(ベルト含まず)
ディスプレイ 1.43 インチAMOLEDタッチスクリーン
*AMOLEDタッチスクリーンは、スライドジェスチャーとタッチジェスチャーに対応
1.43 インチAMOLEDタッチスクリーン
材質 ポリマーコンポジット チタン+サファイアガラス
ストラップ グラファイトブラック TPUファイバー
ワイルドネスグリーン TPUファイバー
ブラックフルオロエラストマーベルト
グレーレザーベルト
センサー 加速度センサー
ジャイロセンサー
磁気センサー
光学式心拍センサー
気圧センサー
加速度センサー
ジャイロセンサー
磁気センサー
光学式心拍センサー
気圧センサー
温度センサー
ボタン 電源ボタン
機能ボタン
源ボタン
機能ボタン
回転式クラウン(リューズ)での操作に対応
充電端子 ワイヤレス充電対応 ワイヤレス充電対応
対応OS Android 6.0以降
iOS 9.0以降
HarmonyOS 2以降
Android 6.0以降
iOS 9.0以降
防水 5ATM IP68, 5ATM, 潜水(深度30 mまで)
GPS GPS
GLONASS
Galileo
BeiDou
QZSS
GPS
GLONASS
Galileo
BeiDou
QZSS
※デュアルバンド
充電 5V, 2A 5V, 2A
バッテリー持続時間 通常使用で約14日間
ヘビーユースで約7日間
通常使用で約14日間
ヘビーユースで約7日間
マイク 内蔵 内蔵
スピーカー 内蔵 内蔵
付属品 無線充電クレードル付きUSBケーブル ×1
クイックスタートガイド ×1
保証とアフターサービスのご案内 × 1
線充電クレードル付きUSBケーブル ×1
クイックスタートガイド ×1
保証とアフターサービスのご案内 × 1
価格 27,280円 43,780円

SEモデルとProモデルですが、画面のサイズは一緒で、両方とも46mmです。

主な違いは以下。

Proモデルとの違い

  • 採用している素材
  • 回転式クラウンに未対応
  • 温度センサー
  • IP68対応
  • GPSのバンド数

(1)素材はポリマーを採用

一番の違いは採用している素材ですね。
Proモデルは、フラグシップだけあって「チタン+サファイアガラス」ですが、SEモデルは「ポリマーコンポジット」を採用しています。
ここは触ってみると、差を感じるところですね。
Apple Watchに慣れているとをチープな感じを受けてしまうかもしれません。

HUAWEI GT3 SEの写真

人によってはチープさを感じてしまうかも

(2)回転式クラウンには未対応

操作で違うのが「回転式クラウン」への対応での有無です。
ProモデルではApple Watchのようにリューズの回転でメニューも動かせますが、SEモデルでは未対応。
画面のメニューを変えるにはスワイプが必須です。

ここもApple WatchやPixel Watchに慣れていると違和感かもしれませんね。

HUAWEI GT3 SEの写真

クラウンは回りますがメニューは回りません。Proモデルは回転式に対応

(3)体表面温度測定に未対応

また、体表面温度の測定にも未対応です。
Apple Watch8で搭載されて話題になりましたね。
GT3でもProモデルは対応していますが、SEでは対応していません。

(4)防水はIP6に未対応

防水に関してもProモデルよりは下になっています。
5ATMは一緒ですが、IP68には対応していません。

外の雨は平気ですが、温泉やプール、海で使うのは避けておきましょう。

(5)GPSはシングルバンド

あとは「GPS」ですね。
捕捉できる種類は一緒ですが、バンド数が違います。

Proモデルは豪華にデュアルバンドですが、シングルになっています。
体感上、違いはわからなかったですが、違いだけはチェックしておきましょう。

メモ

  1. 素材はポリマーを採用
  2. 回転式クラウンには未対応
  3. 体表面温度測定に未対応
  4. 防水はIP6に未対応
  5. GPSはシングルバンド

HUAWEI WATCH GT 3 SE 外観レビュー

実際の外観をチェックしていきます。

梱包の箱、本体の外観、裏側、ベルトの質感の順に紹介します。

梱包箱:おしゃれな感じ

梱包箱は、白を貴重としたおしゃなれ感じのデザインです。
しっかりと封もしてあるので、好印象。

箱はしっかりしていると思います。

HUAWEI GT3 SEの写真

本体:画面は大きく見やすい、ボタンは定番の配置

画面はさすが46mmあるので大きくて見やすいです。
AMOLEDというのもありますね。
炎天下はどうかわかりませんが、見にくさは感じませんでした。

HUAWEI GT3 SEの写真HUAWEI GT3 SEの写真

Apple Watch(Series6)とPixel Watchとの違いも写真を撮ってみましたので紹介します。

Apple Watch Series 6との比較

HUAWEI GT3 SEの写真

大きさはだいたい一緒、表示できる項目は似ています。
※どっちもどっちといったところ。

ただ軽さは「GT 3 SE」に軍配があがりました。

Pixel Watchとの比較

HUAWEI GT3 SEの写真

Pixel Watchと比べると明らかに一回り大きかったです。

この辺は好みが分かれるところかもしれません。

ベルト:若干チープ、取り外しはしやすい

外観は、価格相応だと思います。
ポリマー素材なので高級感はありませんが、いい意味でチープカシオっぽさはありました。

HUAWEI GT3 SEの写真

HUAWEI WATCH GT 3 SEのメリット

実際に一週間使ってみて、感じたメリットと注意点を紹介します。

ちなみに使い方ですが、

  • GT3 SEを最初の3日間はPixelとペアリング
  • あとの4日間をiPhoneとペアリング
  • お風呂の時以外は、左腕に1日中つけっぱなし
  • ウォーキングでの歩数計測、睡眠スコアの計測
  • GPSを起動して歩いた場所の確認
  • スマホの通知確認

がメイン、基本的にはヘルスケア目的での利用がメインでした。

その中で感じたメリット・注意点を紹介します。

ココがおすすめ

  1. 1日中つけていられる軽さ
  2. GPS、常時画面点灯を使っても一週間もつバッテリー
  3. 画面の縁はラバーで保護している作り
  4. GPS精度も高い
  5. ワークアウトの種類が豊富
  6. iPhone、Android両方に対応

(1)1日中つけていられる軽さ

良かったのが「SE」の売りでもある「軽さ」ですね。

ベゼルが46mmのなかではダントツの軽さです。
見た目に比べて軽いので数字以上に軽く感じました。

1日つけていても疲れない、違和感のない軽さはメリットだと思います。

 

(2)GPS、常時画面点灯を使っても一週間もつバッテリー

そしてバッテリーです。
本当に長く持ちます。1日フルに使っても10%程度の減りだったのにはびっくりしました。

Apple WatchやPixel Watchを常用していると異次元のバッテリー持ちでした。

バッテリーのもちの良さはメリットといえるでしょう。

(3)画面の縁はラバーで保護している作り

あと画面のふちがラバーで保護されている作りもメリットに感じましたね。

GT3のProモデル、Apple Watch、Pixel Watchも画面がむき出しで、使っていると結構気を使うものです。
SEは縁が出っ張っているので画面を自然に保護してくれます。

この作りは「SE」ならではのメリット感じました。

HUAWEI GT3 SEの写真

(4)ワークアウトの種類が豊富

そしてワークアウト、これも種類が豊富です。

標準で18種類出てきます。
定番のウオーキング、ジョギング、サイクリングの他にもスキー、スノボなどがあります。

カスタムも加えれば100種類二まで増えるのでワークアウトで困ることは、まずないでしょう。

HUAWEI GT3 SEの写真

(5)iPhone、Android両方に対応

あと地味に嬉しいのが、「iPhone」「Android」に両対応しているところです。

  • iPhoneでApple Watch以外のウオッチを使いたい
  • iPhoneとAndroidで切り替えて使いたい

なんてことも可能です。

私は結構、同時接続はできないので、切断と再接続が必要ですが、切り替えて使えるのは便利。
GTウオッチのメリットだと思います。

Androidはこちらのサイトから直接ダウンロードします。

HUAWEI WATCH GT 3 SEの注意点

メリットがたくさんのGT3ですが、注意点もあります。
以下紹介します。

ココに注意

  1. 大きさは46mmのみ
  2. 回転式クラウンに対応していない
  3. モバイル決済はついていない

まずは大きさですね。
Proモデルは2種類ありますが、SEは「46mm」のみ。
サイズの選択肢がないのには注意が必要です。

また回転式クラウンに対応していないのも注意です。
クラウンはくるくる回りますがメニューはそのまま。
動かすには画面をスワイプしなければなりません。
Pixel WatchとApple Watchに慣れている人は操作に特に注意したほうがいいです。

HUAWEI GT3 SEの写真

クラウンは回りますがメニューは回りません。Proモデルは回転式に対応

あとはモバイル決済。
残念ながら一切対応していません。

Apple WatchやPixel Watchのように財布代わりにはできないです。
思い込みで買わないようにしましょう。

・サイズが小さいもの、回転式クラウンに対応した欲しい方は「Proモデル」

・さらにモバイル決済にこだわるなら「Apple Watch」や「Pixel Watch」

にすることをおすすめします。

タケイ
以上、HUAWEI WATCH GT 3 SEのメリット・注意点でした!

HUAWEI WATCH GT 3 SE こんな人におススメ

HUAWEI WATCH GT 3 SE」は以下のような方におすすめです。

こんな方におすすめ

  • スマートウオッチはバッテリー持ちが大事
  • 軽いスマートウォッチがほしい
  • 価格を3万円以内に抑えたい
  • iPhoneで使いたい
  • 睡眠をしっかりと測りたい

スマートウオッチはバッテリー持ちが大事

スマートウオッチはバッテリー持ちが大事な方におすすめです。

バッテリーのヘリは1日使ってみて、10%減るか減らないかくらい。
使ってみてバッテリー持ちは、本当に優秀。

Apple Watchのバッテリーもちに不満な方にはとてもおすすめです。

軽いスマートウォッチがほしい

そして軽いスマートウオッチが欲しい人にもおすすめですね。

35グラムという重さは伊達ではないです。
チプカシのような感覚で使えます。

「スマートウオッチは軽さが命」

な方にもおすすめです。

価格を3万円以内に抑えたい

あとは価格を3万円以内に抑えたい方ですね。

定価は27,280円ですが、初日から2万5千円前後にはなっています。
Proモデルは安くても4万円前後。

予算が3万円以内の方におすすめしたいです。

iPhone、Androidどちらでも使いたい

ファーウェイのヘルスケアアプリが便利なのがPhone、Android両対応なところ。

Apple WatchやPixel WatchのようにOSに縛りがありません。

  • 今はiPhoneだけど、今後Androidを使うかも
  • iPhoneユーザだけどApple Watch以外をつかいたい

という方におすすめです。

睡眠をしっかりと測りたい

あとは睡眠をしっかりと測定したい人ですね。

睡眠スコアは、Fitbit、Appleよりも厳し目に出てきます。
ちょっと動かないと睡眠になることもないですし、実感覚としても実態にあっていると思います。

いびき、寝言記録機能もついているので、睡眠ログ重視の方におすすめです。

HUAWEI WATCH GT 3 SE 価格と購入方法

HUAWEI WATCH GT 3 SE」の価格と購入方法は以下のとおりです。

価格はショップによって異なりますが、実質2万4千前後のお店が多いですね。
※2022/11/20時点。

定価 実勢価格
27,280円 24,000円前後
購入方法 特典
HUAWEI STORE FiNC Plus三ヶ月無料 1,480円分
Adidas製品20%OFF割引クーポン配布
ファーウェイ安心ケア
Amazon 割引クーポンあり
ビックカメラ 10%ポイント還元
楽天市場 楽天ポイント還元
yahooショッピング PayPayポイント還元

ショップは、公式の「HUAWEI STORE」のほか、Amazonや家電量販店(ビックカメラ)、ネットショッピング(楽天市場yahooショッピング)で売られています。
販売チャネルは多彩です。

購入方法ですが、

がおすすめです。

手持ちのポイントに合わせてショップを選ぶといいでしょう。

まとめ:軽くて手軽!カジュアルなスマートウォッチ

以上、「HUAWEI WATCH GT 3 SE」のレビューでした!

いい意味で、

  • SEモデル=廉価版

のイメージを覆してくれたモデルです。

本当にコスパは良いと思います。

軽くて手軽、カジュアルなスマートウオッチがほしい方は是非チェックしてみてください!

 

たけいまこと

名前:タケイマコト 埼玉県在住のサラリーマン。Chromebook(クロームブック)の魅力を広めるために勝手に活動する「Chromebookマニア」です。パソコン7割(Chromebook、レッツノート、マウスコンピュータ)、ガジェット3割(デジタル手書き、スマホ)でやってます。
他メディアにも寄稿しています。

■寄稿記事

2万円〜のPC「Chromebook」を15台買ったマニアが、選び方とおすすめモデルを徹底解説 | bizSPA!フレッシュ

WindowsやMacより「Chromebookがテレワーク最強」な理由(タケイ マコト) | マネー現代


ライターとしてIT・ガジェット系記事も執筆中です!

武井誠 | BIGLOBEハンジョー

■レビュー、原稿依頼

レビュー依頼やご質問は以下にお願いします。
ツイッター
お問い合わせフォーム

  • この記事を書いた人

たけいまこと

名前:タケイマコト 埼玉県在住のサラリーマン。Chromebook(クロームブック)の魅力を広めるために勝手に活動する「Chromebookマニア」です。パソコン7割(Chromebook、レッツノート、マウスコンピュータ)、ガジェット3割(デジタル手書き、スマホ)でやってます。
他メディアにも寄稿しています。

■寄稿記事

2万円〜のPC「Chromebook」を15台買ったマニアが、選び方とおすすめモデルを徹底解説 | bizSPA!フレッシュ

WindowsやMacより「Chromebookがテレワーク最強」な理由(タケイ マコト) | マネー現代


ライターとしてIT・ガジェット系記事も執筆中です!

武井誠 | BIGLOBEハンジョー

■レビュー、原稿依頼

レビュー依頼やご質問は以下にお願いします。
ツイッター
お問い合わせフォーム

-ガジェット, ガジェットレビュー, スマートウォッチ
-, ,