ガジェット・MVNO 手書きガジェット

[手書きガジェット]最も安く、でもまともに使える手書きガジェットってなに?予算とガジェットについてのメモです。

投稿日:

2018年に入って手書きができるタブレットやスマホ、パソコンが色々出てくるようになりました。2017年まではまともに使える手書きガジェットといえばiPad ProかGALAXY Note8だけでしたが、Appleが無印iPadを手書き対応にしたり、Samsungはほぼ全ての端末にSペンをつけてきたり、さらにはHUAWEIやLGも続いており、まさに手書き元年な状態を迎えています。(ちょっと大げさ?)。色々迷う状態にもなってきたので、今回は最も安く、でもできるだけ快適な手書きガジェットって何なのか?最初の一台にあう予算とガジェットについてメモします。

最初の一台にはHUAWEIの「HUAWEI Media Pad M5 Pro」or  「iPad 無印」+「Apple Pencil」がオススメ

いきなり結論ですが、HUAWEIの「HUAWEI Media Pad M5 Pro」or  「iPad 無印」+「Apple Pencil」がオススメです。先週の金曜日に実際に有楽町ビックカメラで都合1時間ほど触ってきたのですが、そこで手書きタブレットとしての優秀さは実感できました。書き味についてはほぼ問題なしです。感覚でいくと手書きスマホの定番「GalaxyNote8」をタブレットにしたらこんな感じなのかな?というくらいの感触。小さい文字もスムーズにかけました。

もしくは「iPad無印」+「Apple Pencil」の組み合わせでしょう。これもiPad Pro+Apple Pencilの追従性にはかなわないですが、すらすらっと文字を書くことが可能です。

両者ともに「 iPad Pro +Apple Pencil」の組み合わせよりは追従性の部分で劣っている部分はありますが、正直気にならないレベルです。注意してみているとちょっと遅れてるな?と感じるくらいというか。「HUAWEI Media Pad M5 Pro」などは機体によるものでなくAndroid OS由来よる遅延があるくらいです。チューニングはよくできていると思いました。付属のペンの「Mペン」が単6系というレアな電池を使う形式でペン先が太めな所はちょっと残念なところではありますが、これは付属ペンがセットでコミで税込58000円というのはデジタル手書きガジェットのなかでは一番安い部類にはいります。

もう一つが「iPad無印+Apple Pencil」。Appleとは思えないリーズナブルな価格でだしてきました。最低構成なら52,000円ほどで済むのはえらくコスパが高いです。

手書き環境の最安の予算は55,000円から。どちらかは使っているスマホのOS次第

書き味だけで考えれば、一番の極上は「iPad Pro+Apple Pencil」の組み合わせでしょう。紙のように吸い付く感じで、まさに紙ノートに書いているかのごとく手書きができます。ただ値段もプレミアム。最低でも87,000円。倍近いですからね。最初の一台にはきつい値段でしょう。GalaxyNote8もまともに購入しようとすると NTT ドコモのキャリア専売なので機種変や MNP で買おうとしたら2年間トータルで12万円以上の出費が必要になります。フリマやメルカリで購入したとしても大体7万円から8万円します。

「HUAWEI Media Pad M5 Pro」「iPad 無印+Apple Pencil」だと多少SoCやメモリなどスペックなどは妥協する形にはなりますが、55,000円あれば最低限まともに使えることになります。(「HUAWEI Media Pad M5 Pro」は7月になれば値下げも望めます。その場合もっと安くなります。)

「HUAWEI Media Pad M5 Pro」「iPad 無印+Apple Pencil」のどちらを選ぶか?ですが、これは使っているスマホのOSに合わせることをオススメします。タブレットで書いたノートをスマホで見直すって結構ありますからね。タブレットとスマホのOSは一緒の方が良いです。

もし、あなたが手書きガジェットには興味があるけどいまいち決めきれないとなっていたら、まずは「HUAWEI Media Pad M5 Pro」「iPad 無印+Apple Pencil」を見比べてどっちが良いか吟味して決めることをオススメします。

以上、最も安く、でもまともに使える手書きガジェットについての予算とオススメの紹介でした!

私のオススメ

iPad - Apple(日本)
https://www.apple.com/jp/ipad/




大容量・低価格モバイル回線

Fujiwifi 月100GB 3800円

Chromebookとレッツノート用のモバイル回線として利用中のサービスです。

月100GBプランを利用中。容量が多いので不意のWindows Updateも余裕w

なにより回線速度がソフトバンクの本家回線を利用しているので1両日中安定しているのが何より魅力です。

モバイルパソコンを外で利用する人にとってもおすすめなサービスです。

NOXOMIWifi Fujiwifiより月額料金が安いwifiサービス

Fujiwifiに続いて、ほぼ同内容のサービスを展開している大容量モバイルWi-Fiサービスです。

台数限定ながら無制限プランがあり、200GBプランなどもあります。

ルータープランのみながらも月額料金はFujiwifiよりも安くなっています。

格安SIMをデータ通信回線に使っているけど速度に不満と思っている人におすすめのサービスです。

SakuraWifi

無制限プランが売りのレンタルWi-Fi業者です。

Fujiwifiと並んで大容量パケット通信サービスとしてながらく君臨しています。

最初にお試し一ヶ月プランを選択しなければならない点、ホームページがわかりづらいのが難点ですがサービス内容はよろしいです。

実質料金が4,514円になるので私は100GBプランのFujiwifiにしましたが「無制限」にこだわる方にはおすすめです。

  • この記事を書いた人

たけいまこと

かつて1997年3月よりインターネットを使用し始め、当時存在していたPCエンジンサイトを巡回。 ほどなく触発され1997年12月に、当サイト「PCエンジン道場」を開設。 その後2000年までくらいは細々と更新をしたが、 就職・結婚、ファイルの消失などがあり、8年間放置(爆)。 2011年、ホームページビルダー購入を契機にサイト作成をやり直し。。 2015年にWordpressにてブログをまじめにやり始めようとしている。

-ガジェット・MVNO, 手書きガジェット

Copyright© ChromeBookとレッツノートで快適モバイル生活 , 2018 All Rights Reserved.