ペン入力まとめ ペン入力タブレット

[まとめ]5年間使ってみてわかった!紙ノート、手帳の代わりの「ペン入力タブレット・スマホ」のオススメ、選び方も紹介[2021年版]

どうもペン入力ガジェット大好きなタケイ(@pcefancom)です。

スタイラスを使ってスマホ・タブレットを紙のノートやメモ帳代わりにする

こんなスタイルもすっかりおなじみになりました。

私もペンタブレットを大活用しています。

今や紙ノートはほぼゼロ。

「電子ペーパーのクアデルノ」

「iPadPro+Apple Pencil 第2世代」

「iPadMini6+Apple Pencil 第2世代」

「Galaxy Note10+」

を併用して、メモやノートをデジタル化しています。

そんなわけでこの記事では、実際に5年使ってわかった

「紙のノートや手帳の代わりになれるタブレット・スマホ」

を紹介していきます!

タケイ
ペン入力ガジェット選びの参考になったら幸いです!

ノートサイズ① 富士通「クアデルノ」

ノートのデジタル化にオススメなのが富士通の「クアデルノ」です。

 

こちらは電子ペーパーといわれるタイプのペンタブレット。

Eインク型なので見た目と書き味は、紙に限りなく近いのが特徴です。

バッテリーも1回の充電で3週間近くもつので煩わしくありません。

Amazon以外でも富士通の公式サイトで購入できます。

タケイ
紙ノート代わりはもっぱら「クアデルノ」を使っていますね。

ノートサイズ② ソニー「電子ペーパー」

ソニーの「電子ペーパー」もオススメです。

E Ink型のペン入力タブレットの元祖ともいうべき商品。

富士通のクアデルノとハードは一緒。

NFCに対応している分、Felica搭載のタブレットやスマホとのデータ通信が簡単です。

こちらはAmazonで購入できます。

created by Rinker
ソニー(SONY)
¥79,800 (2022/06/27 12:47:44時点 Amazon調べ-詳細)

ノートサイズ③ Apple iPadPro、Air

ここからは、液晶型のペンタブレットです。

ペン入力で実用的なタブレットは「iPadPro(Air)」の一択でしょう。

特にiPadProで対応となった「Apple Pencil(第2世代)」。

これの書き味はすごいの一言。出来は突出しています。

手書きアプリの充実度もダントツです。

タブレットにするなら「iPadPro(またはAir)」にしておきましょう。

created by Rinker
Apple(アップル)
¥106,800 (2022/06/27 12:47:45時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
Apple(アップル)
¥15,286 (2022/06/27 12:47:46時点 Amazon調べ-詳細)

手帳サイズ① Apple「iPadMini6」

次に手帳サイズのペンタブレット。

こちらで圧倒的にオススメなのが「Apple iPadMini6」です。

ApplePencil第2世代に対応したことで、手帳サイズのペンタブレットとして急浮上しました。

サイズも実際のビジネス手帳(写真はジブン手帳Biz)とほぼ一緒。

アプリも豊富で手帳をデジタル化するのにもってこい。

ぜひ検討をオススメしたいタブレットですね。

手帳サイズ② キングジム「フリーノ」

2020年6月に発売となったの電子ノート。

「iPadMini6は高すぎ」

という方にオススメです。

フリーノは6.8インチ。片手サイズなのが特徴です。

クラウドストレージにも対応していて、手書きノート(PDF)Dropboxに直接保存できるようにもなっています。

価格も3万円台なので、予算重視の方にオススメです。

created by Rinker
キングジム(Kingjim)
¥18,000 (2022/06/27 12:47:46時点 Amazon調べ-詳細)

 

メモ帳サイズ Galaxy Note 10+

最後にメモ帳代わりになるペン入力ガジェットでオススメなのが

「Galaxy Note 10+」

です。

Galaxy Noteはとにかく書き心地が最高の一言。

ペン入力のスムーズさは他の追随を許さない出来です。

 

 

専用ノートアプリも充実していて出来はダントツです。

「紙のメモ帳をデジタル化したい」

となったらぜひ「Galaxy Note」にしておきましょう。

タケイ
紙のメモ帳はすっかり「Galaxy Note」になりました。

紙ノート代わり ペン入力タブレット・スマホの選び方

以上が、オススメのガジェットでした。

最後に紙ノート代わりになる「ペン入力タブレット」の選び方を紹介します。

基本的には

  • 書き味重視なら「電子ペーパー」
  • データ共有重視なら「タブレット(iPad)」
  • メモ帳代わりはとにかく「Galaxy Note」

とすることをオススメします。

書き味重視なら「電子ペーパー」

電子ペーパーのよさは、なんといっても

  • 「書き味がほとんど紙」
  • 「液晶がE-Inkで目が疲れない」
  • 「超ロングバッテリー」

なところです。

見た目がインクなので、本物の紙と鉛筆で書いているかのような感覚を味わえます。

画面が「ほぼ紙」なのが素晴らしい

画面自体が発光しないので目が疲れないのもオススメしたいポイントです。

液晶は長時間見続けているのは大変。

どうしても目がショボショボして来てしまいます。

見続ける時間が長い「アイデアノート」には本当にぴったりです。

またバッテリーも数週間持ちます。

常用するものだけに充電の頻度が少ないのは大事。

この辺も抜かりがありません。

とはいえ、画面が白黒なのはデメリットです。

ノートをカラフルにできないのを妥協できるかどうかが選ぶポイントですね。

ココがおすすめ

  • 書き味が紙さながら
  • E Ink液晶は目が疲れない
  • 超ロングバッテリー

ココに注意

  • 画面がモノクロ(カラーはまだなし)

データ共有重視なら「iPad」

データ共有重視なら「iPad」がオススメです。

ノートだけではなく、スケッチ、ホワイトボートアプリなど、とにかく種類が豊富。

また、iPadで書いたノートをそのままMacやChromebookで観るのも楽勝です。

「データ共有重視」なら「iPad」にしておきましょう。

ココがおすすめ

  • カラーでノートを残せる
  • アプリが豊富
  • スマホ、パソコンとの連係が楽

ココに注意

  • 目は疲れやすい
  • 書くとき画面がコツコツする
  • 電池持ちも普通のタブレットこまめな充電が必要

メモ帳代わりは「Galaxy Note」一択

メモ帳代わりにするなら「Galaxy Note」が断然オススメです。

とにかく「Sペン」が優秀すぎます。

Galaxy Note10+

ディスプレイオフメモは紙のメモ帳いらずになります(マジ)

書き心地はもちろんのこと、アプリの充実度も飛び抜けています。

2021年時点では「Galaxy Note 10+」を使っていますが何の不満もなし。

メモりたいことがあったら、すぐSペンでメモしています。

このサイズは「Galaxy Note」が飛び抜けていますので、是非一度で良いので使ってみてください。

ココがおすすめ

  • メモ帳代わりになるコンパクトさ
  • Sペンの紙のような書き味

ココに注意

  • 値段は高め(新品100,000円前後)

ペン入力タブレット・スマホはデジタルとアナログのいいとこ取り

以上、5年間使ってみてわかった、

「オススメの紙ノート代わりになれる「ペン入力タブレット・スマホ」と選び方

の紹介でした!

最近は「メモはキーボードで」という人も多いですが、脳への刺激を考えると「手書き」は大事です。

その意味でペン入力に対応したタブレット・スマホは

「デジタルとアナログのいいとこ取り」

なガジェットといえます。

2021年になってiPadMini6も対応。

バラエティもずいぶんと豊かになりました。

ぜひこの機会にトライしてみてください!

紹介したガジェット

ペンタブレットに関する記事はこちら

ペンタブレットに関するオススメのガジェットやアプリも以下のカテゴリーで紹介しています。

気になったら、是非読んでみてください!

  • この記事を書いた人

たけいまこと

名前:タケイマコト 埼玉県在住のサラリーマン。Chromebook(クロームブック)の魅力を広めるために勝手に活動する「Chromebookマニア」です。パソコン7割(Chromebook、レッツノート、マウスコンピュータ)、ガジェット3割(デジタル手書き、スマホ)でやってます。
他メディアにも寄稿しています。

■寄稿記事

2万円〜のPC「Chromebook」を15台買ったマニアが、選び方とおすすめモデルを徹底解説 | bizSPA!フレッシュ

WindowsやMacより「Chromebookがテレワーク最強」な理由(タケイ マコト) | マネー現代


ライターとしてIT・ガジェット系記事も執筆中です!

武井誠 | BIGLOBEハンジョー

■レビュー、原稿依頼

レビュー依頼やご質問は以下にお願いします。
ツイッター
お問い合わせフォーム

-ペン入力まとめ, ペン入力タブレット