Chromebook Chromebook比較

[比較]「IdeaPad duet」と「SurfaceGO」「iPadPro」のキーボードを比較

どうもChromebookマニアのタケイ(@pcefancom)です。

6月5日に到着したLenovoの「IdeaPad duet Chromebook」。

今回は「IdeaPad duet Chromebook」と「SurfaceGO2」「iPadPro」のキーボード比較をお送りします。

購入前に気になったのがサイズが小さいゆえのキーの形状。

「IdeaPad duet」のキーボードは「SurfaceGO」「iPadPro」と比べて打ちやすいのか?気になっていました。

私と同じように思っている方も多いハズ。

ということで比較してみました!

記事のポイント

  • IdeaPad duetキーボードをチェック
  • SurfaceGo2との違い
  • iPadPro(Smart Keyboard Folio)との違い

対象は同じサイズのディスプレイでメジャーなガジェットです。

タケイ
7月以降購入する際の参考にしてもらえたら幸いです!

IdeaPad duet Chromebookキーボードの外観と特徴

まずは、IdeaPad duet Chromebookキーボードの外観と特徴から。

IdeaPad duetのキーボードの外観です。

IdeaPad Duet Chromebookのキーボード

ポイントはキーボードの右側

ー、バックスラッシュ、@、エンター、¥、バックスペースキーのサイズが小さくなってます。

特に多用する「@、エンター、¥、バックスペースキー」あたりはタッチ慣れが必要ですね。

とはいえ、他のキーはシンプルです。

モバイルノートパソコンのそれと変わりません。

カーソルキーに段差がついているのもナイス。

テーブルにペタっとつくのでたわみもなく打ちやすいですね。

浮き上がる構造ではないのでたわみがない

ポイント

  • カーソルキーに段差がある
  • キーボードはたわまない
  • 右側のキーが狭い

SurfaceGOキーボードとの違い

それではSurfaceGOのキーボードとの違いを見ていきます。

以下は実際のキーボード画像です。

SurfaceGO2のキーボード

IdeaPad Duet Chromebookのキーボード

SurfaceGO2ではキーピッチが統一されています。

ここはSurfaceGOならはですね。

右側のキーも詰まっていません。

Duetに比べて、普通のノートパソコンに近いレイアウトにはなっていますね。

SurfaceGOに慣れている方がDuetを使うと詰まっている右側のキーの扱いにストレスを感じるかもしれません。

SurfaceGoとDuetの違い

  • キートップは全部同じサイズだがDuetは右側が小さい
  • キーピッチは統一されているがDuetはバラバラ
  • カーソルキーに段差がないが、Duetはある

iPadPro(Smart Keyboard Folio)との比較

次にiPadPro(Smart Keyboard Folio)との比較です。

まずは画像から。

Smart Keyboard Folio

IdeaPad Duet Chromebookのキーボード

改めて比べてみるとキーンレイアウトはDuetと似たレイアウトになっています。

特に右側の「@、エンター、¥、バックスペースキー」のサイズが小さくなっているのは同様。

Enterキーも同じです。

Smart Keyboard Folioユーザーの方がDuetを使っても違和感は感じないと思います。

とはいえ、キーピッチは異なっています。

Smart Keyboard Folioは統一されていますがDuetはバラバラ。

なれるまではタイプミスが出てしまうかなあと思います。

iPadPro(Smart Keyboard Folio)とDuetの違い

  • キートップの大きさは、どちらも一緒
  • キーピッチは統一されているがDuetはバラバラ
  • カーソルキーに段差がないがDuetはある

キーピッチが気にならない人にオススメ

以上、「IdeaPad duet Chromebook」と「SurfaceGO」「iPadPro」のキーボード比較でした!

「キーボードにたわみがあるのは耐えられない」

「キーピッチよりもキーストロークが大事だ」

「キートップのサイズは同じなのは譲れない」

など、人それぞれにゆずれないポイントがありますよね。

Duetのプラス面は「キーボードがたわまない」「カーソルキーに段差がある」「ストロークが1.2mm」なところ。

マイナスなのは「キーピッチが狭め」なところです。

「キーピッチが何より大事」な人にはストレスですが、そうでない人には十分使えるキーボードといえるでしょう。

タケイ
個人的には 「個人的にはたわみがないのが一番、ほかは慣れの問題」 と捉えているので、Duetのキーボードには満足しています(^o^)

参考

Duetは都内だとビックカメラ有楽町、池袋パソコン館に展示中です。

アプリもインストールできますので、気になる方は打ち心地を実際に店舗で確かめてみてください(^o^)

  • この記事を書いた人

たけいまこと

名前:タケマコ 埼玉県在住のサラリーマン。Chromebook(クロームブック)の魅力を広めるために勝手に活動する「Chromebookマニア」です。パソコン7割(Chromebook、レッツノート、マウスコンピュータ)、ガジェット3割(デジタル手書き、スマホ)でやってます。 レビュー依頼やご質問はお気軽に、ツイッターお問い合わせフォームまで!

-Chromebook, Chromebook比較

© 2021 タケマコブログ