CF-RZ4 レッツノート

【レッツノート日記】CF-RZ4のLTESIMをBICSIMに入れ替えました。

SIMアダプターとマイクロSIM

今週末、CF-RZ4のSIMカードを入れ替えてみました。11月発売時にあったワンダーリンク無料体験キャンペーンが今月で終了したためです。

で、私が入れたのは「BICSIM」です。プランはシェアプラン。シェアプランなら月の通信量が7GBあるので総量は余裕。三日間1GB制限もないので、一時的な大量データ通信にも耐えられるのではないか?という判断です。

・交換と設定作業は至極簡単

今回は、元々別のスマホで使用していた「マイクロSIM」をCF-RZ4のSIMサイズである「標準SIM」にアダプタで変換した体験SIMと交換する形で行いました。

ちなみに購入したのは以下。

[amazonjs asin="B00J3K41VC" locale="JP" title="F.Wave 3色 カラフルなアルミニウム製 NanoSIMからMicroSIM、NanoSIMからSIMカード、MicroSIMからSIMカードに変換するアダプタとSIMリリースピン、各カット済みシールの7点セット FuturePlus Original"]

amazonレビューにもあるとおり、アルミで材質もよさげでしたし、シールも貼りやすくこれといった不満はなかったです。

SIMアダプターとマイクロSIM

SIMアダプターとマイクロSIM

SIMアダプタにはめたの図

SIMアダプタにはめたの図

交換自体は、バッテリーを外してSIMを抜いて交換するだけ。スマホほどスペースもきつくなく交換も簡単にできました。SDカードを交換する感覚ですね。

SDカードを交換する感覚でいけました。

SDカードを交換する感覚でいけました。

設定も「WirelessWAN設定変更ユーティリティ」でAPNとユーザー、パスワードを設定するだけでした。トータル5分作業でした。

ユーティリティを起動して

ユーティリティを起動して

APN名とかを設定するだけでした。

APN名とかを設定するだけでした。

この記事を書いている1日使い倒してみましたが、速度は問題なしです。低速でも結構いけますwメール、SNS、Evernoteくらいなら問題なしです。

CF-RZ4のLTE付きを利用しているような人にとっては、馬の耳に念仏かも知れませんが、BICSIMはオススメです。スマホと通信量を3,000円で共用できますし、mobilepointが使えるのも便利。

ワンダーリンクは三日間制限が酷いのでPC利用には向いているとは思えません。

無料体験後のSIM選びに困っていたら、「BICSIM」オススメです。

[amazonjs asin="B00D74CVI0" locale="JP" title="IIJ BIC SIMウェルカムパック SMS非対応 標準SIM"]

  • この記事を書いた人

たけいまこと

名前:タケイマコト 埼玉県在住のサラリーマン。Chromebook(クロームブック)の魅力を広めるために勝手に活動する「Chromebookマニア」です。パソコン7割(Chromebook、レッツノート、マウスコンピュータ)、ガジェット3割(デジタル手書き、スマホ)でやってます。
他メディアにも寄稿しています。

■寄稿記事

2万円〜のPC「Chromebook」を15台買ったマニアが、選び方とおすすめモデルを徹底解説 | bizSPA!フレッシュ

WindowsやMacより「Chromebookがテレワーク最強」な理由(タケイ マコト) | マネー現代


ライターとしてIT・ガジェット系記事も執筆中です!

武井誠 | BIGLOBEハンジョー

■レビュー、原稿依頼

レビュー依頼やご質問は以下にお願いします。
ツイッター
お問い合わせフォーム

-CF-RZ4, レッツノート
-