Chromebook Chromebookまとめ 拡張機能・Androidアプリ紹介

[HP Quick Drop]iPhone、AndroidやiPadからChromebookに写真・ファイルやムービーを直接転送できるPWAアプリ

どうもChromebookマニアのタケイ(@pcefancom)です。

パソコンを使っている時にあると便利なのが

iPhone、iPadやスマホとのファイル転送アプリ

です。

Googleフォトやドライブ、USB転送をしなくて済みます。

iPhoneにはAir Dropがありますが、Chromebookには決定版がありませんでした。

この記事で紹介する

「HP Quick Drop」

は、まさにChromebook版AirDropといったところ。

スマホの写真やファイルをChromebookに転送、編集したい方に最適です。

続けて「HP Quick Drop」の特徴とできること、使い方を紹介します。

気になる方は続きをお読みください!

HP Quick Dropとは?

HP QuickDropは、HPが開発したファイル転送アプリです。

アプリをインストールした「iPhoneやスマホ、iPad」からChromebookに写真やファイル、テキストを転送できます。

これまでChromebookは未対応でしたが、2021年10月からChromebookにも対応しました。

HP Quick Dropでできること

HP QuickDropでは

  1. スマホアプリで撮った写真をChromebookに転送
  2. スマホ内のファイルをChromebookに転送(PDF、ムービー他)
  3. スマホアプリで書いたテキストメモをChromebookに転送
  4. Chromebook内のファイルをスマホに転送
  5. Chromebookで書いたテキストをスマホに転送

が可能です。

スマホからChromebookからは、アプリのアイコンをタップして転送。

実際の動きは以下のような感じです。

写真やテキストメモは当然のように可能ですが、PDFや動画ファイルなどもOK。

スマホ内にあるファイルであれば、基本転送ができるようになっています。

また、Chromebookからスマホへの転送もOK。

スマホアプリと同じアイコンがあり、スマホにファイルやテキストを送れるようになっています。

ほぼ全てのファイルをお互いに転送できるようになっています。

タケイ
特に嬉しいのが、Chromebookならメーカーを問わないこと。サイトにはHP製のみとありますが、使った限りLenovo、Samsung製もいけました!

HP Quick DropをChromebookに設定する方法

では、実際の使い方も紹介しておきます。

step
1
ChromebookでHP QuickDropのサイトにアクセス

まずは、ChromebookでHP QuickDropのサイトにします。

ここで以下のQRコードが表示されれば、動作対象となります。

step
2
iPhoneやスマホにHP Quick Dropアプリをインストール

次はスマホ側での作業です。

アプリをインストールします。

step
3
iPhoneやスマホでQRコードを読み込み

次にiPhoneやスマホで、Chromebookに表示してあるQRコードを読み込みます。

step
4
iPhoneやスマホでQRコードを読み込み

読み込むと、スマホアプリ上で接続コードが表示されます。

同時にChromebookでもコードが表示され、

コードは同じです。続行してください

ボタンが出ていると思います。

こちらをクリックしましょう。

つづいて「許可リクエストを表示」となるのでクリック。

ブラウザからの通知を許可します。

step
5
Chromebookとスマホが連携できたことを確認

これで設定は完了です。

Chromebook側に「送信先」にスマホが出ていれば成功となります。

あとは色々転送してみてください。

step
6
HP QuickDropはPWA化も可能

ちなみにHP QuickDropはPWA化も可能です。

アドレス右端のディスプレイアイコンをクリック。

インストールボタンが出てくるのでクリック。

こうするとランチャーからいつでも「HP QuickDrop」を起動できます。

Chromebookでスマホ写真をシェアするのに超便利なアプリ

以上、iPhoneやスマホからChromebookに写真やファイルを転送できる「HP QuickDrop」の紹介でした!

私も使いはじめて初日ですが、本当に気にいりました。

特に

  • 複数台のスマホ、タブレットと連携できる
  • 転送速度も早い
  • HP以外のChromebookでも使える
  • 会員登録無しで使える
  • PWAアプリにもなる

なところが素晴らしく感じています。

Chromebook側では、iPhoneとAndroid両方登録できますし、ファイルの転送速度も早いです。

タケイ
iPhoneで撮影した写真なら1枚5秒程度で転送できました。

あとなにより「HP以外」のChromebookでも使えるのがありがたいですね。

会員登録も、ChromebookにAndroidアプリのインストールも必要ありません。

とにかく手軽です。

Chromebookとスマホやタブレット間でファイル転送をやってみたい方は、是非インストールして使ってみてください!

関連

他にも以下のカテゴリで、Chromebookで使える拡張機能やアプリを紹介しています。

気になったらお読みください!

👉 拡張機能・Androidアプリ紹介

  • この記事を書いた人

たけいまこと

名前:タケイマコト 埼玉県在住のサラリーマン。Chromebook(クロームブック)の魅力を広めるために勝手に活動する「Chromebookマニア」です。パソコン7割(Chromebook、レッツノート、マウスコンピュータ)、ガジェット3割(デジタル手書き、スマホ)でやってます。
他メディアにも寄稿しています。

■寄稿記事

2万円〜のPC「Chromebook」を15台買ったマニアが、選び方とおすすめモデルを徹底解説 | bizSPA!フレッシュ

WindowsやMacより「Chromebookがテレワーク最強」な理由(タケイ マコト) | マネー現代


ライターとしてIT・ガジェット系記事も執筆中です!

武井誠 | BIGLOBEハンジョー

■レビュー、原稿依頼

レビュー依頼やご質問は以下にお願いします。
ツイッター
お問い合わせフォーム

-Chromebook, Chromebookまとめ, 拡張機能・Androidアプリ紹介