ガジェット・MVNO スマートウォッチ

[スマートウォッチ]「FOSSIL 腕時計 Q EXPLORIST 第3世代」が到着。触って2時間の第一印象を普通の腕時計っぽい外観がナイス。「ほぼ」AppleWatchの代替として利用できそう。#FOSSIL

投稿日:

昨日Amazonにて購入した「FOSSIL 腕時計 Q EXPLORIST 第3世代」がはやくも到着しました。改めて1年前は38,800円だったものが型落ちとはいえ実質12,000円。ありがたいです。閑話休題、さっそく開封、初期設定をしあとに2時間触ってみました。ちょっといじってみた中でWearOSByGoogleなスマートウォッチは実際のところどうなのか?AppleWatchと比べて使い物になりそうなのか?第一印象をメモしておきます。

開封の義と外観を見ての感想:FOSSIL 腕時計 Q EXPLORIST は普通の腕時計っぽさがナイス

以下は開封の義というか到着後、「FOSSIL 腕時計 Q EXPLORIST 第3世代」を開けたところです。

腕時計やカバンを作っているおしゃれなメーカーだけあって箱もおしゃれ。時計はスマートウォッチと言われなければ普通の腕時計と信じちゃいそうな外観でした。

箱の外観。よくある腕時計のそれです。

保護カバーがついた状態ですが。。。

円の画面が普通の腕時計っぽくていいですね。私は好きです。

裏面。第4世代と違って心拍センサーがついていないのでメーカーロゴが入っているだけです。

バンドは本革仕様のもの。ますます普通の腕時計っぽさが満開でした。

付属品の数々。マニュアルは20カ国後ちかくの言葉が書かれていました。

さすがグローバル企業です。充電器はAppleWatchと同様の丸型のマグネットケーブルが入っていました。

手持ちのAppleWatch(Series2)との比較。

左右に並べて比べてみてAppleWatchって時計というよりガジェットだったんだなあ、と急に感じました。

時計というよりiPhoneNanoなんだなと。形状がスマホですもんね。

翻ってFOSSIL 腕時計 Q EXPLORIST はあくまで腕時計を意識してる感じ。

この辺は好き嫌いがわかれるところですね。

厚みは、AppleWatchとFOSSIL 腕時計 Q EXPLORISTともにほぼ一緒でした。

開封が終わったあとは、初期設定を行いました。

やったことは、

・AndroidスマホへのWearOSbyGoogleアプリのインストール

・AndroidスマホとFOSSIL 腕時計 Q EXPLORISTとの連携

・FOSSIL 腕時計 Q EXPLORIST上でWearOSbyGoogleのバージョン2.0へのアップデート

です。都合30分ほどで終わりました。

言語の設定をしたり、OSのバージョンアップなどガジェットではおなじみ?の作業ばかりでした。

FOSSIL 腕時計 Q EXPLORIST第3世代もしっかり最新のOSのに対応していました。

以上、初期設定が終わったあとは実際にアプリをインストールしたりして使い勝手を確かめました。

2時間ばかり触ってみて時点での感想は以下な感じです。

日中仕事・外出時のお供としてはAppleWatchより向いていそう。外観は問題なし、Androidとの連携具合も満足

ちょっと触ってみて思ったのは、「FOSSIL 腕時計 Q EXPLORIST」 のほうが「AppleWatch」よりも「仕事向き、外出時のお供に向いてそう」ということです。

ビジネスシーンで使っていても全く違和感がない外観はナイスと感じました。

AppleWatchも市民権は得ていると思うのですが、どうしても長方形のスタイルはガジェット感が抜けきれません。

何も言わなければ普通の腕時計に見える「FOSSIL 腕時計 Q EXPLORIST」 は「AppleWatch」よりも使いやすいのではないかなと予感しました。

あと何よりも、Andoroidとの連携も私の使い方としては十分満足な出来だったというのが大きいですね。

Androidで通知される内容(LINEやニュース、メール通知など)はリアルタイムで「FOSSIL 腕時計 Q EXPLORIST」 に連携されるのを確認できましたし、速度もみやすさもAppleWatch並でした。

加えてAppleWatchにない強みとしては「Googleアシスタントを一発で呼び出せる」ところでしょうか。

写真真ん中の竜頭を押し込むだけで「Googleアシスタント」が起動して調べものができます。応答もスマホで調べるのと遜色なし。電車の時間などを調べるのに重宝しそうです。

夜間利用・帰宅後の利用のお供は引き続きAppleWatchを利用したほうがよさげ

ただ、買ってみてわかったAppleWatchより行けていないがっかりポイントは

・睡眠トラッキング機能がついていないこと

・充電スピードがAppleWatchに比べて遅い(FOSSILは充電完了までに3時間かかる、AppleWatchは1時間)

なところです。

私の場合、AppleWatchを夜間も利用していて、

・帰宅後お風呂に入る前にAppleWatchを充電

(AppleWatchはだいたい1時間で満充電になる)

・お風呂から出たあとにAppleWatchをつける

・そのまま睡眠して睡眠時間を測る

・起きるときはAppleWatchのアラームで起床

と睡眠のログとり、目覚ましもスマートウォッチに頼りっぱなしの生活なので、風呂に入っている間に充電完了、睡眠ログをとってくれるのは必須だったりするのですが、

FOSSIL 腕時計 Q EXPLORIST 第3世代の充電には3時間かかる=風呂から出ても充電終わっていない、

睡眠ログ機能がそもそもない=睡眠ログ取れない

と夜間の行動ログという面ではFOSSIL 腕時計 Q EXPLORIST 第3世代は機能不足とわかりました。

なので帰宅後は基本的にAppleWatchを引き続き利用しようと思います。

まとめ 私の場合日中=FOSSIL 腕時計 Q EXPLORIST+Pixel3でいけそう、帰宅後=AppleWatch+iPhoneSEの併用で行きます

初日の感想ですが、日中に関してはPixel3のお供なスマートウォッチとして十分使えそうなので、メイン入り用のスマートウォッチにはなりえる。

だけど、24時間カバーできるものではないともわかったので、夜間はAppleWatch+iPhoneSEも引き続き使うようにしたいと思います。

なんとなく気分がスッキリしませんがw、まだまだ過渡期の製品ということで。いろいろ試行錯誤して利用してみてみます。




大容量・低価格モバイル回線

Fujiwifi 月100GB 3800円

Chromebookとレッツノート用のモバイル回線として利用中のサービスです。

月100GBプランを利用中。容量が多いので不意のWindows Updateも余裕w

なにより回線速度がソフトバンクの本家回線を利用しているので1両日中安定しているのが何より魅力です。

モバイルパソコンを外で利用する人にとってもおすすめなサービスです。

NOXOMIWifi Fujiwifiより月額料金が安いwifiサービス

Fujiwifiに続いて、ほぼ同内容のサービスを展開している大容量モバイルWi-Fiサービスです。

台数限定ながら無制限プランがあり、200GBプランなどもあります。

ルータープランのみながらも月額料金はFujiwifiよりも安くなっています。

格安SIMをデータ通信回線に使っているけど速度に不満と思っている人におすすめのサービスです。

SakuraWifi

無制限プランが売りのレンタルWi-Fi業者です。

Fujiwifiと並んで大容量パケット通信サービスとしてながらく君臨しています。

最初にお試し一ヶ月プランを選択しなければならない点、ホームページがわかりづらいのが難点ですがサービス内容はよろしいです。

実質料金が4,514円になるので私は100GBプランのFujiwifiにしましたが「無制限」にこだわる方にはおすすめです。

  • この記事を書いた人

たけいまこと

かつて1997年3月よりインターネットを使用し始め、当時存在していたPCエンジンサイトを巡回。 ほどなく触発され1997年12月に、当サイト「PCエンジン道場」を開設。 その後2000年までくらいは細々と更新をしたが、 就職・結婚、ファイルの消失などがあり、8年間放置(爆)。 2011年、ホームページビルダー購入を契機にサイト作成をやり直し。。 2015年にWordpressにてブログをまじめにやり始めようとしている。

-ガジェット・MVNO, スマートウォッチ

Copyright© ChromeBookとレッツノートで快適モバイル生活 , 2018 All Rights Reserved.