Chromebook 活用メモ

[Chromebook活用法]Chromebookで音声入力。句読点(、。)音声コマンドで入力する方法

投稿日:

今日はChromebookでの音声入力について紹介します。Chromebookは音声入力にも優しいです。音声入力を始めようと思う人にはぜひChromebookを導入してほしいので「Chromebookで音声入力。句読点(、。)音声コマンドで入力する方法」を紹介ます。

改行以外は音声コマンドも使えます

まずChromebookではツールバーにマイクボタンを出す機能があります。標準では出ませんが、「設定」から「キーボード」に入り「言語と入力の設定を変更」の画面で「シェルフに入力オプションを表示」とするとツールバーにマイクが出現します。マイクボタンを押せば、すぐに音声入力が開始できます。

ブラウザでツイッター、Evernoteにメモ、GoolgeKeepを起動して音声メモなどChromebook上で文字を打てるところであれば何でも音声入力ができてしまいます。

ただ、この標準標準の機能では句読点や丸行を音声コマンドで打てません。また自動的に10秒ぐらいで音声入力状態が切れてしまいます。

時間が切れてしまうのが嫌な場合には、Googleドキュメントの音声入力ツールを利用します。

Googleドキュメントの音声入力であれば、自動的に音声入力がオフになることもありません。


ただこれも悩みが。句読点(、。)を音声コマンドで打てません。iOSではいけますが、Android、ChromeOSでは未だに無理めです。

そこでどうしても句読点を打ちたい!そんな場合はGoogleドキュメントのアドオン「Speech rekognition soundwriter」を使うことで解決できます。Googleドキュメントにはアドオンという機能があって標準にはない機能を追加できるのですが、音声入力アドオンもあり、これで句読点を音声コマンドでの句読点入力が行なえます。

設定メニューで、特定の発音を特定の文字に変えてくれる設定ができるので
点→、
句読点→。
とすれば句読点は入力できます。

実際の画面です。

いまだ改行はできませんが。。。>改善ポイント。

Chromebookは音声入力ベスト環境ではありませんが、かなりベターな音声入力環境だと思います。

音声コマンドの欠点はあるにしろ音声の認識精度はピカイチなので。

加えてChromebookはWindowsよりは相対的に安い。

音声入力をひとまず試したい!という人はぜひChromebookで音声入力にトライしてみてください😁

宣伝

私が音声入力を始めようと思ったきっかけの本です。文章作成、ブログの定期更新に音声入力は必要不可欠。

音声入力の良さがよくわかる本なので「音声入力やってみようかな?」って人は読んでほしいなと思います。

にほんブログ村 スマホ・携帯ブログへ
にほんブログ村

大容量・低価格モバイル回線

Fujiwifi 月25GB 2,500円

Chromebookとレッツノート用のモバイル回線として利用中のサービスです。

私は月25GBプランを利用中。回線速度が日中通じて「10M」以上でているのがお気に入りのポイントです。

(ソフトバンクの本家回線を利用しているので1両日中安定している)

モバイルパソコンを外で利用する人におすすめなサービスです。

  • この記事を書いた人

たけいまこと

かつて1997年3月よりインターネットを使用し始め、当時存在していたPCエンジンサイトを巡回。 ほどなく触発され1997年12月に、当サイト「PCエンジン道場」を開設。 その後2000年までくらいは細々と更新をしたが、 就職・結婚、ファイルの消失などがあり、8年間放置(爆)。 2011年、ホームページビルダー購入を契機にサイト作成をやり直し。。 2015年にWordpressにてブログをまじめにやり始めようとしている。

-Chromebook, 活用メモ

Copyright© TeamPixel+レッツノート応援団 , 2019 All Rights Reserved.