Chromebook Chromebook購入ガイド

[ガイド]3万円台で購入できるChromebook(クロームブック)~オススメと注意点を紹介~

どうもChromebookマニアのタケイ(@pcefancom)です。

今回は「3万円台で購入できるChromebook(クロームブック)の紹介」をお送りします!

2020年になってから各社が低コストをアピールしたモデルを相次いで発表しています。

ここでは初めてでも買いやすい、3万円台のChromebookのオススメ(プラス注意点も)を紹介していきます!

ポイント

  • オススメのChromebookの紹介
  • 格安モデルを買うときに注意すること

3万円台で買えるChromebook紹介

それでは、3万円台で買えるオススメのChromebookを紹介していきます!

「買いやすさ」と「新しさ」、「家族に買うとしたら?」を基準に選びました。

私が紹介するのは以下の3モデルです。

紹介するモデル

  • 12インチで画面が見やすい「Acer Chromebook 512」
  • 3万円ジャスト!低価格が特徴の「IdeaPad Slim350i」
  • 重さ1kg切りの良コスパモデル「ASUS C223NA」

12インチで画面が見やすい「Acer Chromebook 512 C851-H14N」

最初にオススメするのがAcerのChromebookです。

2019年末に発売された新しめのモデル。

価格は「38,800円」。ポイント還元を含めると「実質35,000円」となっています。

12インチで画面が縦に長いのでネットが見やすいのが特徴。

キーボードも防滴なので子どもに使わせても安心なのがナイス。

ビックカメラやヨドバシカメラにも展示してあり、購入前に実際に試せるのもオススメする理由の1つですね。

Acer Chromebook 512 C851-H14N

icon icon

ポイント

  • 12インチながら1.29kgの軽量性
  • ノングレア液晶搭載
  • 画面比率が「3:2」
タケイ
今すぐまともな安いChromebookがほしい方にオススメです。

3万円ジャスト!低価格が特徴の「IdeaPad Slim350i」

2つめにオススメするのが、Lenovoが2020年8月に発売する「IdeaPad Slim350i」です。

特徴は圧倒的なコスパの高さですね。

まず価格。こちらが圧倒的に安いです。

発売時で3万円ジャスト。税込みで33,000円となりますが、ポイント還元を含めれば実質3万円です。発売時の価格が3万円を切るのは、いくらChromebookでもありませんでした。

それでいて重さは1.12kg。

エントリーモデルでは省かれがちな、USBポートも複数搭載しています。

CPUも最新(インテル Celeron プロセッサー N4020)と、普段使いするのに申し分無しのモデルです。

お子さん用、ご自分のモバイル用にいかがでしょうか?

IdeaPad Slim350i Chromebook

ポイント

  • 約 1.12kgの軽量性
  • インターフェースが豊富
    USB 3.0 Gen1 Type-C ×2、USB 3.0 Gen1 Type A ×2搭載
  • CPUはミドルクラスを搭載
タケイ
8月まで待てるなら圧倒的にオススメ!モバイルするにもいいモデルです

重さ1kg切りの良コスパモデル「ASUS C223NA」

最後にオススメしたいのが、ASUSの低価格モデルです。

軽さが特徴のモデルですね。

11.6インチなのに0.9kg。ギリギリ1kg切っています。

値段もメーカーが値下げし「31,636円 (税別)」

低価格なのも魅力の1つですね。

上に紹介したモデルに比べてちょっと古め。

OSの更新期限も2024年までと短いですが、その分コスパには優れています。

「今すぐできる限り安く、軽いモデルがほしい」

という方にオススメです。

ASUS Chromebook C223NA

icon icon

ポイント

  • 持ち運びしやすい重さ(999g)
  • ロングバッテリー(11.3時間)
  • 買いやすい価格(31,636円)

格安モデルを買うときに注意すること

3万円台で買えるChromebookですが、安いのにはそれなりに理由もあります。

購入するときに注意してほしいところも紹介します。

注意ポイント

  • 斜めから見ると色が変わるディスプレイ品質
  • 解像度がフルHDではない
  • ボディはプラスティックか樹脂が多い

Chromebookの場合、妥協点はハードウェアに関する部分に多くよっています。

液晶がTN液晶と呼ばれるモノがほとんど。ディスプレイの解像度もフルHDではありません。

ブラウザでYahooなどを見る分には問題ないですが、映像がキレイな映画や、文字が細かい雑誌の電子書籍を読むにはちょっとつらいです。

またキーボードやボディも基本やプラスティックや樹脂です。

MacBookのアルミボディになれた方はチープ感を感じてしまうでしょう。

Chromebookといえど「安いのにはワケがある」点は認識頂ければと思います!

タケイ
以上、3万円台で購入できるChromebook(クロームブック)オススメと注意点の紹介でした!
  • この記事を書いた人

たけいまこと

名前:タケマコ 埼玉県在住のサラリーマン。Chromebook(クロームブック)の魅力を広めるために勝手に活動する「Chromebookマニア」です。パソコン7割(Chromebook、レッツノート、マウスコンピュータ)、ガジェット3割(デジタル手書き、スマホ)でやってます。 レビュー依頼やご質問はお気軽に、ツイッターお問い合わせフォームまで!

-Chromebook, Chromebook購入ガイド

Copyright© タケマコブログ , 2020 All Rights Reserved.