スマホ 楽天モバイル

[まとめ]楽天モバイルとは?「料金プラン」「キャンペーン」とメリット、おすすめのユーザを紹介

2020年4月12日

どうも楽天モバイルユーザのタケイ(@pcefancom)です

この記事では楽天モバイルについてのサービスと特徴、こんな人にオススメな情報を紹介します!

ドコモ、au、ソフトバンクに比べて安い料金設定で大注目な「楽天モバイル」。

どんなサービスなのか?をお知らせします。

ポイント

  1. 楽天モバイル アンリミットとは?
  2. 楽天モバイル アンリミットのメリット
  3. 料金プランの特徴
  4. 実施中のキャンペーン
  5. 料金の支払い例(シミュレーション)
  6. 楽天モバイル アンリミットで買えるスマホ
  7. 楽天モバイル アンリミットはこんな人にオススメ
  8. 楽天モバイル アンリミットの注意点
  9. まとめ

楽天モバイル 一切縛りなし!コスパ抜群の格安SIM

それでは「楽天モバイル」の特徴について紹介していきます!

楽天モバイル アンリミットとは?

楽天モバイルとは「楽天」が2020年4月にスタートしたMNOサービスです。

これまで楽天が提供していた格安SIMサービスとは別のもの。

いわば第4のスマホキャリアサービスです。

  • ドコモ、au、ソフトバンクよりも安く
  • 格安SIM並の料金
  • シンプルな料金プラン

を前面に打ち出した、コスパ抜群の格安SIMサービスです。

参考 MNOとは

MNOとは、移動体通信事業者のこと。スマホで使われる通信回線網を自社で設置、運用し、独自に通信サービスを提供する業者。ドコモ、KDDI、ソフトバンク、楽天がMNOにあたる

楽天モバイルのメリット

楽天モバイルのメリットは大きく3つ。「料金の安さ」「通信速度の速さ」「縛りの少なさ」ですね。

ココがおすすめ

  • 料金がとにかく安い(Ⅰ年間無料)
  • 通信速度が速い(ギガを使い切っても1Mbps)
  • 縛りが少ない(契約期間、手数料一切無し)

後発のMNOサービスだけあって、先行している3社(ドコモ、au、ソフトバンク)を意識し、とても安い価格設定となっています。

また、自前の回線となったことで格安SIM時代に比べて速度も安定しました。地域はまだ首都圏のみですが、楽天パートナーエリアでも高速通信ができています。

通信速度の速さはサービスが切り替わっての一番大きなメリットなりました。

さらには「縛りの少なさ」もメリットです。なんと契約事務手数料が「0円」です。契約解除料も「0円」。しかも最低利用期間もありません。契約事務手数料も無料になしました。

楽天モバイルが標榜する「6つのゼロ」は素晴らしすぎますね。ユーザーは何の負担もなくサービスを使えるわけですから。

楽天モバイル

とにかく

「試しに初めてみて合わなかったらすぐやめる」

これができる手軽さもは大きな魅力です。

楽天アンリミットのメリット

  • 月額利用料金が安い
  • 通信速度が日中を通じて速い
  • 契約事務手数料が無料
  • 解除料も0円
  • 最低利用期間もなし

料金プランの特徴

料金プランは非常にシンプルです。月額のプランは1つのみとなっています。

プラスして契約時には「初期費用」、利用に応じて「通話料」「オプション費用」「各種手数料」がかかってきます。

ただ、執筆時点ではキャンペーンが行われており、初期費用とデータプラン料金については実質無料となっています。
※次のキャンペーンの項目で具体的に紹介します。

データプラン料金

項目 金額
Rakuten UN-LIMIT 2,980円/月
※最初のⅠ年間は無料

データ通信内容

エリア 国内 海外(海外指定66の国と地域)
楽天回線エリア パートナー回線エリア
データ通信 制限なし 5GB/月 2GB/月※11
通話※12 Rakuten
Link同士
0円
Rakuten
Link利用
0円 0円

※海外から日本への通話(Rakuten Link使用時)

その他の場合は国・地域別従量課金

国際通話かけ放題はこちら

通常の
電話※13
20円/30秒
SMS※14 Rakuten
Link同士
0円
Rakuten
Link利用
0円 0円

※海外(その他の地域)へのSMSは100円/70文字(全角)

通常の
SMS※13
3円/70文字(全角) 100円/70文字(全角)

初期費用

契約事務手数料は0円になりました。

項目 金額
契約事務手数料 0円

各種手数料

項目 金額
スマホ送料 0円
代金引換手数料 商品合計額(税込)~10,000円未満の場合:300円
商品合計額(税込)~30,000円未満の場合:400円
商品合計額(税込)~100,000円未満の場合:600円
商品合計額(税込)~300,000円未満の場合:1,000円
口座振替手数料 100円/月
コンビニ支払い手数料/請求書支払い手数料 200円
SIMカード再発行手数料 0円
eSIM再設定手数料 0円
SIM交換手数料 0円
名義変更手数料 改姓:0円
家族間譲渡:3,000円
第三者譲渡:3,000円
承継:3,000円
MNP転出手数料 0円
契約解除料 0円
タケイ
なんといっても大きいのは「SIM交換手数料」「契約解除料」ですね。無料のインパクトは大!これは他の業者ではあり得ない価格設定です。

実施中のキャンペーン

執筆時点(2020/11/26)では、2つのキャンペーンが行われています。

  • 1つが申し込むだけで8,000ポイント還元
  • 2つめがスマホセット購入時のポイント還元

となっています。

楽天モバイルのキャンペーン

楽天アンリミットのキャンペーン

  1. 先着300万人限定 1年間無料
  2. 申し込むだけで8,000ポイント還元
  3. スマホ購入で最大20,000ポイント還元

 

料金プランの利用例(シミュレーション)

実際に、初月いくらかかって1年目、2年目、、、といくら位になるのかも気になるところだと思います。

「SIMのみ」を契約した場合いくらになるのか?を計算してみました。

価格はすべて税抜です。改めて料金が安く済むことがわかりますね。

最初の1年はまったくの0円。2年目からも2,980円のみで済みます。

データは楽天エリアではなくても5GBあります。これだけでも「格安SIM」並みの料金となっていることがわかりますね。

項目 初期費用 月額(最初の1年間) 月額(2年目以降)
契約事務手数料 0円
データプラン利用料 0円
※最初の1回線目のみ
2,980円
合計 0円 0円 2,980円
1年間の総計 0円 0円 35,760円
タケイ
これからの格安系はUQMoble、ワイモバ、MNOですが楽天に集約されていきそうな予感がします。それほどまでにコスパは突出しています。

楽天モバイルで買えるスマホの特徴は?

楽天モバイルでスマホの特徴はなんといっても全て「SIMフリー」となっていることですね。

ふつうキャリアのスマホはSIMロックが当然ですが、楽天モバイルはややこしい制限はかかっていません。

楽天モバイルオリジナルの端末も増えてきて、現在では「Rakuten Mini」「Rakuten BIG」の2モデルとなりました。

注目なのは「Rakuten BIG」ですね。いち早く5Gを搭載。しかも高速に通信ができる「ミリ波」にも対応しています。

未来を感じたい人に是非オススメなスマホです。

Rakuten BIG

タケイ
楽天モバイル全部「SIMフリー」なのがいいですね。格安SIMも気軽に併用できるのはナイスです。

楽天モバイル こんな人にオススメ

楽天モバイルはこんな人に向いています。

こんな方におすすめ

  • 格安SIMの混雑時の速度に不満がある
  • スマホで動画鑑賞を良くする
  • スマホ料金をとにかく安く抑えたい

楽天モバイルのよさは通信速度が1日を通じて安定していること。朝晩の通勤時やランチタイムの速度低下に悩んでいる格安SIMユーザーの方にはおすすめです。ドコモ、auやソフトバンク並みの速度は体感できるでしょう。

また、楽天パ・リーグスペシャルやNBAスペシャルなど動画コンテンツをたくさんする人にも向いています。速度が安定しているので動画鑑賞もスムーズです。

それでいて価格も格安です。最初の1年は無料。これ以上安いサービスはないでしょう。

楽天モバイルの注意点

ただ、楽天モバイルを契約するにあたって注意することもあります。デメリットは「楽天使い放題エリアが狭い」ことです。

以下のように始まったばかりで首都圏に限られています。日中は都内通勤している人であれば使い放題の恩恵に預かれますが、そうでない場合は月の通信量を5ギガに抑える必要があります。

また圏内であっても地下はつながりにくいといったこともあります。

かつてのWiMAXのような回線範囲と考えておいてください。

現状はまだまだ楽天回線エリアは都心のみです。

まとめ 楽天モバイル 神コスパの格安SIMサービス

以上、楽天モバイルのサービス概要を紹介してきました。

楽天モバイルは日々進化しています。11月に行ったゼロ宣言は本当に驚がくでした。

これまで始めるには3,300円かかっていましたが、それさえ「0円」なりました。

名実ともに無料なったSIMサービスは日本では初めてです。

使って損することはまずないので、まだ未加入の方はぜひこの機会に加入してみてください!

 

楽天モバイル おすすめ記事はこちら

楽天モバイルついて「ドコモからMNPしての申し込み手続き」「アクティベーション失敗したときの対応」「動作確認したスマホ」なども紹介しています。お時間があったら合わせて読んでみてくださいね!



楽天モバイル TOP

関連

楽天アンリミットの申し込み手続き
[格安SIM]ドコモの電話番号そのまま楽天モバイル(アンリミット)で利用する方法〜画像つきで紹介〜

どうもChromebookと共に格安SIMが大好きなタケイ(@pcefancom)です。 サービスを開始した楽天のMNOサービス「Rakuten UN-LIMIT」。 楽天回線エリア内であればデータ通 ...

続きを見る

アクティベーション失敗したときの対応
[楽天モバイル]ドコモからのMNP(電話番号)で「転送エラー」「アクティベーションエラー」となった場合の対応

楽天UN-LIMITのSIMは無事にとどいたのですが、開通ができていません。届いたあとのMNP転入手続きでエラーになってしまいました。現在はサポートにて手動アクティベーション対応してもらっている最中です。(開通には半日〜1日かかる模様)

MNP手続きで「転送エラー」「アクティベーションエラー」となった場合の対応をメモしておきます。

続きを見る

パートナーエリアでの速度チェック
[利用レポート]楽天モバイル パートナーエリアでの速度〜埼玉県川越で計測〜[2020/04/16更新]

どうも楽天モバイルユーザーのタケイ(@pcefancom)です。 今回は楽天モバイルの実利用レポートをお送りします。 楽天モバイルは4月8日スタートしたMNOサービス。「実際に使ってみようか?」となっ ...

続きを見る

  • この記事を書いた人

たけいまこと

名前:タケマコ 埼玉県在住のサラリーマン。Chromebook(クロームブック)の魅力を広めるために勝手に活動する「Chromebookマニア」です。パソコン7割(Chromebook、レッツノート、マウスコンピュータ)、ガジェット3割(デジタル手書き、スマホ)でやってます。 レビュー依頼やご質問はお気軽に、ツイッターお問い合わせフォームまで!

-スマホ, 楽天モバイル

Copyright© タケマコブログ , 2020 All Rights Reserved.