ガジェット ガジェットレビュー スマートウォッチ

[HUAWEI WATCH GT 3 SE ハンズオンレビュー]じっくり2時間触ってみて感じたリアルな感想

HUAWEI WATCH GT 3 ハンズオンレビュー

どうもガジェット大好きタケイ(@pcefancom)です。

15日に発表となったファーウェイの新製品発表会にいってきました!

ファーウェイの新製品発表会

発表会のあとは、社員の方を交えての新製品ハンズオン!

じっくり2時間、喋りながらハンズオンできたのでリアルな感想をハンズオンレビューとして紹介します。

ハンズオンの様子

HUAWEI WATCH GT 3 SE ハンズオンの様子

 

HUAWEI WATCH GT 3 SE ハンズオンレビュー

今回は、発表会の会場に発売前の新製品がズラリ。
他のモデルとの違いを比較しながらハンズオンができました。
2時間触ってみてのリアルな感想です。

感想(1)とにかく軽い!1日つけていられそう

触ってみた感想ですが、一番ビックリしたのが売りでもある「軽さ」ですね。
スペック以上に軽かったというか、つけていて腕への負担がほとんどないのにびっくりしました。

HUAWEIのスマートウォッチは「Fit Newモデル」を使っているのですが感じる重さはほとんど一緒。
丸型なので面積はありますが、Fitよりも薄い分、余計に軽く感じました。

GT 3 SEとFIT NEWモデル(使用中)と腕につけて比較

GT 3 SEとFIT NEWモデル(使用中)と腕につけて比較

ProはProでおしゃれではあるのですが、ちょっとゴツい。
「寝るときや運動するとき、つけるのはどうかな?」
と感じましたが、SEモデルなら全く問題なし。

カジュアルな分、どんなシーンでもつけられる手軽さが印象的でした。

右がProモデル。SEは樹脂でできているぶん、軽くて腕への負担感も少なかったです。

スマートウオッチは1日中つけていたい、という方にはすごくフィットするモデルだと思います。

感想(2)高コスパ!機能はProと遜色なしで2万円台

触ってみて感じたのがコスパの良さですね。

「え?これ本当にProの半額以下なの?」

といういい意味で差がなかったです。

Proモデルはサファイアガラスで体温を図るセンサーが搭載されていてさすがに豪華・高機能。
※SEモデルはゴリラガラス、体温センサー未搭載、ベゼル周りのデザインが異なる
ただ価格も流石で4万円前後します(2022年11月時点)

SEモデルは半額近いの2万5千円です。
2万円近い価格差がありながら、ヘルスケアの機能はほぼ一緒というのがすごいと感じました。

見た目は違っても、ヘルスケア機能はほぼ一緒。

コスパは間違いなくいいと思います。

感想(3)動作もヌルヌル、廉価版だからといって使い勝手は変わらない

そして動作もキビキビしていてよかったです。

「Proモデルと比較してみてカクカクしているか?」

というと全然そんな事はありませんでした。

動画で撮っていないので、文字だけで伝えるのがもどかしいですが、動きに関しては遜色ありませんでした。

どうも製品名に「SE」とつくとProモデルの格下、みたいなイメージが離れないですがそうではない。

「コンセプトが違うだけ」

というのは納得の出来でした。

「HUAWEI WATCH GT 3 SE」

カジュアルビジネスと位置づけ

感想(4)ヘルスケアアプリのいびき測定機能に期待大!

ウオッチからは離れますが、今回紹介されていたのが「ヘルスケアアプリ」のアップデート。
これもなにげに熱かったです!

その中でもヒットだった
「いびき測定機能」
です。

これはスマホのマイクで録音して判定してくれるそうで。
寝言まで取ってくれるそうです。
いびきする人間なので、どう寝ているのか?確認したくなりました。

HUAWEI ヘルスケアアプリ

いびきや寝言の測定までできる

HUAWEI WATCH GT 3 SE はこんな人におすすめ

実際に社員の人と、Pro、無印、Fitとの比較で、SEが向くのはどんな人か?というのを考えました。
個人的には以下のような人に向いていると感じましたね。

こんな方におすすめ

  • スマートウォッチは毎日充電したくない
  • ベゼルのは円形がいい
  • iPhone、Androidどちらでも使えるスマートウォッチがほしい

ファーウェイのスマートウオッチがいいのは長時間使えることです。

 

今回のモデルもGPSがついていながら14日間使えます。
スマートウオッチは毎日のように充電したくない人には本当におすすめだと感じましたね。

あとベゼルの形は円形がいい人。
丸型ってPixel WatchかGalaxy Watch、あとはGARMINくらいです。
ほとんどがApple Watch型のなか、円形ってだけで貴重なもの。
円形が好みのかたにもフィットするでしょう。

あとはiPhone、Androidどちらでも使えるスマートウォッチがほしいという方ですね。
スマートウオッチ全般に言えるのは、OS縛りがきつく

  • Apple WatchはiPhoneのみ
  • Pixel Watch、Galaxy WatchはAndroidのみ

となっているので、記録データの関係で、どうしても縛られがちです。

この点、HUAWEI はどちらでも使えるので、iPhoneとAndroidを併用していたり、乗り換えをする人にとってはおすすめのスマートウオッチだと思いました。

ファーウェイのヘルスケア製品にはこれからも期待大!

以上、ファーウェイの新製品発表会であった「HUAWEI WATCH GT 3 SE」のハンズオン感想でした!

ファーウェイさんのこういったイベントに参加するのは初めてでしたが、会場には大手メディアさんだけではなく、個人メディアの方もたくさん。
ファーウェイ製品のユーザコミュニテイの方もいらっしゃって、とても賑やか楽しい雰囲気でした。

  • メーカーとしてユーザからのフィードバックを大事にしている
  • 新製品に活かしていこう

という姿勢がしっかりと見えて、今後の新製品にも期待が持てましたね。

実際にファーウェイコミュニティも解説。

社員さんが直接フィードバックを拾ってくれているようなので、すでにファーウェイWatchユーザの方、これから買おうとおもっている方に役に立つと思いますので、興味があればぜひ登録してみてください!

「HUAWEI WATCH GT 3 SE」については、今週、しっかり使ってみて、またレビューしようと思います!

たけいまこと

名前:タケイマコト 埼玉県在住のサラリーマン。Chromebook(クロームブック)の魅力を広めるために勝手に活動する「Chromebookマニア」です。パソコン7割(Chromebook、レッツノート、マウスコンピュータ)、ガジェット3割(デジタル手書き、スマホ)でやってます。
他メディアにも寄稿しています。

■寄稿記事

2万円〜のPC「Chromebook」を15台買ったマニアが、選び方とおすすめモデルを徹底解説 | bizSPA!フレッシュ

WindowsやMacより「Chromebookがテレワーク最強」な理由(タケイ マコト) | マネー現代


ライターとしてIT・ガジェット系記事も執筆中です!

武井誠 | BIGLOBEハンジョー

■レビュー、原稿依頼

レビュー依頼やご質問は以下にお願いします。
ツイッター
お問い合わせフォーム

  • この記事を書いた人

たけいまこと

名前:タケイマコト 埼玉県在住のサラリーマン。Chromebook(クロームブック)の魅力を広めるために勝手に活動する「Chromebookマニア」です。パソコン7割(Chromebook、レッツノート、マウスコンピュータ)、ガジェット3割(デジタル手書き、スマホ)でやってます。
他メディアにも寄稿しています。

■寄稿記事

2万円〜のPC「Chromebook」を15台買ったマニアが、選び方とおすすめモデルを徹底解説 | bizSPA!フレッシュ

WindowsやMacより「Chromebookがテレワーク最強」な理由(タケイ マコト) | マネー現代


ライターとしてIT・ガジェット系記事も執筆中です!

武井誠 | BIGLOBEハンジョー

■レビュー、原稿依頼

レビュー依頼やご質問は以下にお願いします。
ツイッター
お問い合わせフォーム

-ガジェット, ガジェットレビュー, スマートウォッチ
-, ,