レッツノートとChromeBookのある生活

快適なモバイル生活の探求。主にレッツノート、Xperia、iPadを主にデジタルガジェットの活用例を紹介

Chromebook

[ChromeBook]長距離移動のお供に最適な2in1はChromeBook。新幹線でテントモードを使って快適に映画鑑賞しよう

投稿日:

おはようございます。タケイです。今週は全国的に夏休み。長期移動される方も多いのではないでしょうか。私は先週出張で新幹線を使う機会がありました。C302CAを購入してから初の新幹線だったので、「いつもはiPadとレッツノートだけどC302CAだけでも快適に過ごせるのか?」を検証するため、あえて1台だけ持って臨んでみました。

C302CA1台でOKと悟った1日

行きは、Netflixで動画を観ました。なんで動画かっていうと、購入以来一度も使っていなかったテントモードを試したかったためです(笑)。2時間ほど「コールミーベターソウル」をテントモードで鑑賞しましたが、使い勝手は期待以上の快適さでした。新幹線の自由席テーブルにちょうど収まる感じではみ出しはなく、特に揺れも気にならず。リクライニングしながらも画面を近くにして鑑賞できる、この点が気に入りました。

タブレットだとケースが必要になるので煩わしい、クラムシェルだと前の座席にディスプレイが干渉して不快と感じている人には価値ありかと。

高速バスなんかでも力を発揮してくれそうです。私はこれからも新幹線はテントモード派になると思います。

テントモード

サイズはテーブルにジャストサイズ

動画鑑賞のあとは、クラムシェルスタイルに戻してブログを書いてみたり、タブレットスタイルにしてKindleしてみたり、dマガジンしてました。これらも快適に利用できました。

ChromeBookでAndroidアプリを利用できるようになってから、特に恩恵を感じるのは電子書籍関連ですね。ブラウザでも読めなくはありませんが、事前ダウンロードができないなど使い勝手が悪いです。

アプリのおかげで事前ダウンロードもできますし、画面タッチは10点マルチタッチで元々iPad並にヌルサクなので十分タブレットの代用になりました。

バッテリーも東京~名古屋往復でずっと使っていても50%ほどの使用と全く問題なし。大阪の往復をフルフルで使ってもおそらく30%くらいは残るでしょう。>使ったタスクでバッテリー持続時間が大きく変化しないのはChromeBookの利点です。

荷物を少なくしたいけどいろいろやりたいならChromeBookだ

長距離移動しているときには、できるだけ荷物の数を減らしたい、重さも軽くしたいのが人情です。とはいえ、タブレットのみでは文章が作れないし、クラムシェルだけでも今度はタブレット、スマホアプリサービスが使えず鑑賞系に不便を来してまいます。。

タブレットととしてアプリが利用できて、かつクラムシェルとしても使えるChromeBookは、外観のスタイルだけでなく使い方までも含めてな「真の2in1」といえるでしょう

荷物を少なくしたいけど色々やりたい人にはChromeBook、オススメです。







-Chromebook

Copyright© レッツノートとChromeBookのある生活 , 2017 All Rights Reserved.