レッツノートとChromeBookのある生活

快適なモバイル生活の探求。主にレッツノート、Xperia、iPadを主にデジタルガジェットの活用例を紹介

Chromebook レビュー

[Chromebook]2017年Chromebookに足りないところ3つ。SIMの搭載と防水性、IMEの不自由さ

更新日:

Chromebookを常用し始めてほぼまる1年が過ぎました。ベタ褒めなChromebookですが欠点(改善点)がないわけではありません。今回はWindowsやMacにあってChromebookにない欠点を紹介します。

キーボードが防水でない

現状、日本で個人向けに発売されているChromebookではキーボードが防水対応の製品はありません。他OSでも決して多いというわけではないのですが、ゼロです。海外に目を向けるとASUSの「C202SA」という製品があるのですが、おそらくそれだけ。
マクドナルドとか喫茶店とか、はたまた自分の机とか片手に飲み物があるような場所での利用がメインとなるであろうChromebookなので防水対応は積極的にしてほしいなあと思います。

SIM搭載モデルがない

Windowsでは増えてきたSIM搭載のモバイルパソコンですがChromebookではゼロです。SIM搭載レッツノートを使っている時に快適と感じるのは、デスクトップを開いたと同時にネットにつながっていていることなんですね。ネットに繋ぐということを意識しない、モバイルルータを別に持ち歩かなくてすむというのはモバイル利用では大きなメリットです。

IMEがgoogle日本語入力のみ、ATOK、親指シフトNG

日本語入力についてはiOSと状況が似通っています。メーカー謹製のgoogle日本語入力にしか対応していません。ATOKは使えません。さらにいうとキーボードのエミュレーターもないので親指シフトもできません、ちょっと局地的ではありますが、日本語入力環境にこだわる方にはちょっと機能が足りていないなと感じています。google日本語入力も十分賢いんですけどね。
ソフトウェアレイヤーのことなので、望み薄ですがぜひgoogle様にはIMEの開放を行って、JustSystems様にもATOKChrome版を出してほしいなと願うばかりです

上記のうち、1と2についてはChromebookが他OSと比べたときに抱えている欠点かなと思います。これらがカバーされたらいよいよ抜け目のないモバイルガジェットになるかなと。

逆に、キーボードは別に防水でなくても良い、モバイルルータとかテザリングだしSIMはいらないよって方には、現時点でもChromebookはとても合致するガジェットになっています。

使い勝手は良いので、未体験の方はぜひ一度使ってみてください!

ちなみに私のベストバイは以下です。







-Chromebook, レビュー

Copyright© レッツノートとChromeBookのある生活 , 2017 All Rights Reserved.