Chromebook 話題・ニュース

[Chromebook] ASUSから2017年型「ChromebookFlip」6モデル発表。メモリ8GB搭載の法人モデルが気になります。

投稿日:2017年7月28日 更新日:

今日はChromebookでめでたい発表がASUSからありました!2017年型の「ChromebookFlip 日本語キーボードモデル」6機種が8月から9月にかけて発売されるそうです。

C101PAは期待はずれ、法人モデルはスペックが絶妙

今回あった主な発表は以下。ChromebookFlipを3つの型番を個人・法人モデルで合計6機種を発売する。

①ChromebookC101PA 10.1インチ 価格42,980円 ベストセラーの後継。みんなが期待していた機種。

②ASUS Chromebook Flip C213NA 11.6インチ 価格53,784円 質実剛健、頑丈な機種。AcerのR11のライバル機

③ASUS Chromebook Flip C302CA 12.5インチ 価格75,384円 フラグシップ機。使い勝手は最高。

詳細なスペックは以下。PCWatchより。

製品名 Chromebook Flip C101PA Chromebook Flip C213NA Chromebook Flip C302CA
モデル C101PA-RK3399(個人) C101PA-FS002(法人/教育機関) C213NA-N3350(個人) C213NA-BW0045(法人/教育機関) C302CA-F6Y30(個人) C302CA-GU009(法人/教育機関)
OS Chrome OS
ディスプレイ 10.1型1,280×800ドット光沢液晶 10.1型1,280×800ドット光沢液晶 11.6型1,366×768ドット非光沢液晶 11.6型1,366×768ドット光沢液晶(付属ペン入力対応) 12.5型1,920×1,080ドット光沢液晶
CPU OP1 Hexa-core(2GHz、ARM) Celeron N3350(1.1GHz) Core m3-6Y30(900MHz)
メモリ LPDDR3-1866 2GB LPDDR3-1866 4GB LPDDR3-1866 4GB LPDDR3-1866 4GB LPDDR3-1866 8GB
ストレージ 16GB eMMC 32GB eMMC 64GB eMMC 32GB eMMC
通信機能 IEEE 802.11a/b/g/n/ac、Bluetooth 4.0
インターフェイス USB 3.0 Type-C×2、USB 2.0、Webカメラ、microSDXC対応カードリーダ、音声入出力 USB 3.0 Type-C×2、USB 3.0×2、Webカメラ、microSDXC対応カードリーダ、音声入出力 USB 3.0 Type-C×2、Webカメラ、microSDXC対応カードリーダ、音声入出力
バッテリ駆動時間 約9時間 約12時間 約10.2時間
サイズ(幅×奥行き×高さ)/重量 262.8×182.4×15.6mm/約900g 307×199×20.65mm/約1.26kg 307×199×20.9mm/約1.36kg 304.4×210.2×13.7mm/約1.2kg
税別店頭予想価格 39,800円 - 49,800円 - 69,800円 -

所感 C101PAのメモリ2GBはない。法人モデルはいずれも興味深い

今回の発表を読んでみた所感ですが、正直ちょっと肩透かしを食らった感が大きいです。

おそらく一番の売れ筋であろう「C101PA」。まさかのメモリ2GBです。2016年モデルならいざしらず、2017年モデル。。。しかもグローバルモデルは当然ですが4GB積んでいます。メモリが2GB になってしまった理由は何なのでしょうか?解せません。変わったところといえばCPUがアップしたこと、USBがタイプCになったことくらいでしょうか。逆に法人モデルは4GB積んでいて、いささか買いたいなと思えるスペックです。

なぜ個人モデルだけ2GB、、、繰り返しですが解せませんw

次、C213NAはありかなとおもいます。個人モデルは非光沢液晶がポイントかなと。値段もそこそこです。個人的にはこちらも法人モデルのペン入力が気になります(笑)Androidあたりのノートアプリでの書き味がどんなものなのか?確認してみたい。

フラグシップ機のC302CA。値段が高すぎですw。

いくらなんでも7万円超えは、コストが安いというChromebookの魅力をスポイルしちゃっている気がします。

Chromebookの難しいところですが、私であれば75000円出して1台買うなら、そのお金でChromeBox+C101PAを買いますね。

C302CAはアメリカモデルなら450ドル前後。約5万円で購入できるのでどうしてもほしい方は個人輸入をおすすめします。

ただ、法人モデルはめっちゃ気になります。メモリ8GB 搭載ですからね。8GB 搭載されることでどれだけ操作性に違いが出てくるのか試してみたい。

正直、個人モデルはあまり惹かれませんでした(汗)。ただ、法人モデルはめちゃくちゃ気になりました。どうにか個人でも買えないのか?ASUSに問い合わせしてみようかと思います!




大容量・低価格モバイル回線

Fujiwifi 月100GB 3800円

Chromebookとレッツノート用のモバイル回線として利用中のサービスです。

月100GBプランを利用中。容量が多いので不意のWindows Updateも余裕w

なにより回線速度がソフトバンクの本家回線を利用しているので1両日中安定しているのが何より魅力です。

モバイルパソコンを外で利用する人にとってもおすすめなサービスです。

NOXOMIWifi Fujiwifiより月額料金が安いwifiサービス

Fujiwifiに続いて、ほぼ同内容のサービスを展開している大容量モバイルWi-Fiサービスです。

台数限定ながら無制限プランがあり、200GBプランなどもあります。

ルータープランのみながらも月額料金はFujiwifiよりも安くなっています。

格安SIMをデータ通信回線に使っているけど速度に不満と思っている人におすすめのサービスです。

SakuraWifi

無制限プランが売りのレンタルWi-Fi業者です。

Fujiwifiと並んで大容量パケット通信サービスとしてながらく君臨しています。

最初にお試し一ヶ月プランを選択しなければならない点、ホームページがわかりづらいのが難点ですがサービス内容はよろしいです。

実質料金が4,514円になるので私は100GBプランのFujiwifiにしましたが「無制限」にこだわる方にはおすすめです。

  • この記事を書いた人

たけいまこと

かつて1997年3月よりインターネットを使用し始め、当時存在していたPCエンジンサイトを巡回。 ほどなく触発され1997年12月に、当サイト「PCエンジン道場」を開設。 その後2000年までくらいは細々と更新をしたが、 就職・結婚、ファイルの消失などがあり、8年間放置(爆)。 2011年、ホームページビルダー購入を契機にサイト作成をやり直し。。 2015年にWordpressにてブログをまじめにやり始めようとしている。

-Chromebook, 話題・ニュース

Copyright© ChromeBookとレッツノートで快適モバイル生活 , 2018 All Rights Reserved.