Chromebook Chromebookの話題

[Chromebookの話題]LenovoのChromebook「300e」と「500e」の直販がスタートしてました。ペン対応モデルが欲しい人はあり。

2018年6月9日

Chromebookの話題です。

先日法人向けには販売がスタートしていた、LenovoでChromebook「300e」と「500e」の直販がスタートしてました!!。

値段は300eが「51,840円」、500eが「62,640円」です。

価格と性能は各メーカーで横並び。メーカーの好き好きで選べば良いか

300eは11インチのスタンダードノート、500eはペン対応がプラスされたモデル。性能はAcerでいうところのSpin11、ASUSでいうところのChromebook213NAとほぼ一緒です。

値段もペン対応モデルだとSpin11は「62,780円」前後、C213NAは「61,344円」とほぼ一緒w

「11インチ・MILスペックな堅牢性・ペン対応」がテーマのChromebookはAcer、ASUS、Lenovoほぼ価格と性能はほぼ横並びになってます。

とはいえ、Acerは法人向け限定で実質的な選択肢はこれまでAcer一つだけだったけに、Lenovo様の直販によって選択肢が増えたのは嬉しい限りです(^o^)

以下は公式サイトからの比較表です。スペックに多少の違いはありますが、これはペン対応によるアーキテクチャの違いで体感的には変わらないでしょう。

EMRのペンを使うところに1万円投資できるかどうか?が選択の分かれ目ですね。

Lenovo 500e と300eの比較

購入はLenovoサイトから、到着は6/28

購入について。予約販売がスタートしていて2018年6月9日時点で注文すると6/28に到着となっています。

ボーナス前の良い時期に発売してくれますね。サポートはおそらく相対的には一番優れているので安心が欲しい方はLenovoも有りなんじゃないかなと思います。

公式サイトは以下となります。

 

  • この記事を書いた人

たけいまこと

名前:タケマコ 埼玉県在住のサラリーマン。Chromebook(クロームブック)の魅力を広めるために勝手に活動する「Chromebookマニア」です。パソコン7割(Chromebook、レッツノート、マウスコンピュータ)、ガジェット3割(デジタル手書き、スマホ)でやってます。 レビュー依頼やご質問はお気軽に、ツイッターお問い合わせフォームまで!

-Chromebook, Chromebookの話題

Copyright© タケマコブログ , 2020 All Rights Reserved.