Chromebook Chromebook ショップ情報 Chromebook購入ガイド

[まとめ] 中古Chromebook 「買う時の注意点」と「オススメショップ」を紹介[2020年10月更新]

どうもChromebookマニアのタケイ(@pcefancom)です。

今回は中古Chromebook 買う時の注意点をお送りします。

Chromebookも普及が進むにつれ、中古も建ってきました。

中古モデルは「定価の半額以下」で買えることが多く非常にお得。

とはいえ、買うときにはいくつか注意も必要です。

この記事でチェックしておくべき点を紹介、あわせて買って安心なショップも紹介してきます。

ココがポイント

  • 中古Chromebookを買うときの注意点
  • 中古Chromebookオススメのショップ
  • 中古Chromebookの価格相場

中古Chromebookを買うときの注意点

まずは「中古Chromebookを買うときの注意点」からです。

以下の3点には注意しておきましょう。

ココに注意

  • 自動更新ポリシーの残り期間
  • バッテリーの残容量
  • Powerwashに制限がかかっていない

自動更新ポリシーの残り期間

Chromebookを買うときに一番注意しなければいけない点ですね。

Windowsパソコンと違って「モデル毎」にOSのアップデート期間(自動更新ポリシー)が定められています。

例えば「Galaxy Chromebook」の自動更新ポリシーは2028年6月まで。

2027年に買った場合、安全に使えるのは1年だけになる計算です。

2014年頃のモデルはすでに期限切れていますが、中古ショップやメルカリには普通に売られてます。

購入する前には必ず「自動更新ポリシー」をチェックしましょう。

以下のサイトで全モデル確認できますので、必ず確認するようにしてください。

自動更新ポリシー - Google Chrome Enterprise ヘルプ
https://support.google.com/chrome/a/answer/6220366?hl=ja

バッテリーの残容量

次に注意しておきたいのが「バッテリーの残容量」です。

スマホと一緒でバッテリーは段々と劣化。2年もフルに使っているとカタログ値通りの性能が出にくくなります。

一般的にはバッテリーの残容量が80%を切ると

「バッテリーが急に0%になる」

「本体の電源が急に落ちる」

という事象が発生すると言われています。

Chrromebookには幸い、バッテリーの状態を簡単に確認する方法が用意されています。

購入する前にチェックしておきましょう。

確認方法は以下です。

バッテリーの状態を確認する方法

  1. デスクトップ画面で「CTRL+Alt」をおしながら「T」キーを押す
  2. コマンドで「batttery_test 0」と入力する

Chromebookでバッテリーチェック

90%台なら安心。80%はちょっと注意、80%以下のモノは避けておきましょう。

Powerwashに制限がかかっていない

3点目は、最近筆者も教えていただいた注意事項です。

Powerwashに制限がかかっていたら要注意。

この制限がかかっているのは元が店頭展示品で、特殊な制限がかかっているとのこです。

制限は「Powerwash」だけで作業自体は問題無くできます。

「Powerwashなんてしたことがない」

という人なら問題ありませんが、ルーチンのように「Powerwash」する方は避けておいたほうが無難です。

中古Chromebook

ファクトリーリセット時エラーありの場合はちょっと注意

タケイ
以上、中古を買うときにチェックしておきたい注意点の紹介でした!

中古Chromebookオススメのショップ

次に中古Chromebookを買うときにオススメのショップを紹介します。

どれも状態表示がしっかりしていて保証もありの安心なショップばかりです。

中古Chromebookオススメのショップ

店名 コメント
リコレ! サイトでの中古数は一番。価格も安いです。
イオシス 最新モデルが多め。値付けは安め。
たまに大量入荷するときもあり。
じゃんぱら 中古の充実度は一番。
ハードオフグループ 掘り出し物が多いお店。
価格は安め。

リコレとイオシス、じゃんぱらは「在庫多め」「価格安め」でオススメ

中古ショップの中でもオススメなのが「リコレ」「イオシス」「じゃんぱら」。

これらのショップは元々中古パソコン専門だけあって状態表示が正確です。

また、一定期間の返品補償があるので安心感も強い。

何しろ大手だけあって「在庫多め」「価格安め」でお得感が強いです。

まずはこの3店舗のサイトを周ってみるのが良いでしょう。

秋葉原が近ければどのショップも実店舗を構えているので是非訪れてみてください。

じゃんぱらの評価基準

じゃんぱらの評価基準

リコレは6段階に分かれています。トレカみたいな分け方になっています。

リコレの評価基準は6段階

リコレの評価基準は6段階

中古Chromebookの価格相場 2年前のハイエンドが「4万円前後」

Chromebookの中古相場は、以下のようになっています。

  • 3年前のモデル=定価の50%以下
  • 2年前のモデル⇒定価の50%程度
  • 1年前のモデル⇒定価の20%~50%引き

大体が以下のレンジに収まっています。

例えば2019年発売の「ASUS Chromebook Flip C434TA」。

新品価格は税込みで7万円ほどですが、発売1年で5万円と20%程安くなっています。

Chromebook Flip C434TA

これが2018年モデルになると8万円のものが4万円以下と半額になっています。

型落ちだからといって動作が遅くなるかというと全然そんなことありません。

動いているのが基本ブラウザなので世代が古くてもハイエンドモデルなら変わらず快適。

この辺はChromebookならではですね。

気になるのは「自動更新ポリシー」くらいです。

「中古Chromebook」はコスパ重視なら十分おすすめ

以上、中古Chromebook 「買う時の注意点」と「オススメショップ」の紹介でした!

Chromebookは合わないとすぐ手放す傾向が高いパソコンです。

ひいき目なしに良コンディションのモノが多いです。

コスパ重視で考えているなら十分オススメ。

ぜひ今回紹介したショップでチェックをしてみてください!

 

  • この記事を書いた人

たけいまこと

名前:タケマコ 埼玉県在住のサラリーマン。Chromebook(クロームブック)の魅力を広めるために勝手に活動する「Chromebookマニア」です。パソコン7割(Chromebook、レッツノート、マウスコンピュータ)、ガジェット3割(デジタル手書き、スマホ)でやってます。 レビュー依頼やご質問はお気軽に、ツイッターお問い合わせフォームまで!

-Chromebook, Chromebook ショップ情報, Chromebook購入ガイド

Copyright© タケマコブログ , 2020 All Rights Reserved.