Chromebook Chromebookアクセサリ その他 ガジェット

モバイル時のChromebook用アダプタはこれ一つでOK!「RAVPower 61W USB-C 急速充電器」

Chromebookをモバイルするときの心強い味方が「USB-TypeC」型の急速充電器。いろいろなメーカーからでていますが、サイズ、値段、性能すべての面でChromebookピッタリなものがありましたので紹介します!

すべての「Chromebook」を充電できる小型Type-Cアダプタ

今回購入したのが、RAVPowerの「61W USB-C 急速充電器」という製品です。

Amazonで購入しました。

製品の特徴

特徴はGaN (窒化ガリウム) 採用をしているところです。

2018年あたりから商品化されてきた新素材で、これまでのアダプターに比べて小さくすることができます。

本製品も「61W」という高出力ながら本当にコンパクト。手のひらサイズとコンパクトな製品に仕上がっています。

指でつまむ程度の大きさ

ポートはシンプルに一つ

参考

窒化ガリウム(ちっかガリウム、GaN)はガリウムの窒化物であり、主に青色発光ダイオード(青色LED)の材料として用いられる半導体である。また、近年ではパワー半導体やレーダーへの応用も期待されている。ガリウムナイトライド (gallium nitride) とも呼ばれる。

窒化ガリウム - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AA%92%E5%8C%96%E3%82%AC%E3%83%AA%E3%82%A6%E3%83%A0

みかん一個分ほどの重さ(約105g)、モバイルのしやすさが魅力

売りはなんと言っても「小さいながらも電圧を高出力に対応」にしたところでしょう。

これまでにも60Wレベルの製品は発売されていましたが、重さが500グラム超えなどざら。

45W出力と製品に書いておきながら、実は5ポートの合計とか見掛け倒しの製品も多い状態です。

これに対して、RAVPowerさんのは
「重さが105グラム」
「1ポートで61W出力」
というのは素晴らしいと思います。

他社製品のタイプCアダプターに不満点をうまく解消してくれていますよね。

窒素ガリウムとそうでない製品の比較。一回りちいさいです。

RAVPower61W

窒素ガリウムとそうでない製品の比較。一回りちいさいです。

「RAVPower 61W USB-C 急速充電器」を3日使ってみてのリアルな感想

実際に「Pixelbook」、「HP Chromebook x360」と大きめのChromebookとセットで使ってみましたが、期待通りでした。

スペック通りの性能がでていて実使用に全く問題なし!(しっかり高速充電になってくれた)

窒素ガリウムを採用してくれているおかげで、純正のアダプターよりも半分くらいのサイズというのがないよりありがたいですね。

荷物が軽くなりますから。

ファミマでつかってみたところ。

充電も高速充電になっていました。

HPx360でも問題なしでした。

これまではChromebookに付属のアダプターを持ち歩いていましたが、これからはRAVPowerのみにできそうです。

純正品は持ち歩きしたくなかったので、余計にありがたく感じています。

これまで、モバイルバッテリーはひたすらAnkerを購入していましたが、

RAVPowerのほうが「メーカーならでは」の尖った製品を出しているなと感じます。この製品もそのひとつだなと。

スペック上もすべてのChromebookで高速充電が可能となっています。

モバイル時のアダプターはこれ一つで済みますので、モバイル用のType-Cアダプターを探している人はぜひ使ってみてください😄



Google Chrome OSランキング
  • この記事を書いた人

たけいまこと

かつて1997年3月よりインターネットを使用し始め、 当時存在していたPCエンジンサイトを巡回。 ほどなく触発され1997年12月に、当サイト「PCエンジン道場」を開設。 その後2000年までくらいは細々と更新をしたが、 就職・結婚、ファイルの消失などがあり、8年間放置(爆)。 2011年、ホームページビルダー購入を契機にサイト作成をやり直し。。 2015年にWordpressにてブログをまじめにやり始めようとしている。

-Chromebook, Chromebookアクセサリ, その他, ガジェット

Copyright© タケマコブログ , 2019 All Rights Reserved.