ガジェット スマートウォッチ

[スマウォ]9月からのスマートウォッチは「FitbitVersa2」で決まり。有機EL搭載+常時表示でバッテリーは5日はすごい!

おもちゃ感がすごく減りました

Appleのイベント裏でひっそりと「FitbitVersa2」の発売イベントが日本でも開催されていました。現地にはいけなかったのですが、発表内容が素晴らしかったのでブログに「これはナイス!」と思った点を共有しておきます。

スマートウォッチばバッテリー持ちの長さこそ正義

ちなみに発表内容は以下、AV Watchさんが詳しいです。

日本人は“最も睡眠不足”。常時表示/Alexa/睡眠スコア対応「Fitbit Versa 2」 - AV Watch
https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1206732.html

時計の基本機能としては、バッテリーの持ち時間が5日間以上へとのびた。最大水深50mの耐水仕様。こうした進化をしながら、価格は従来モデルVersaと同等を維持している。

新機能として、睡眠の質を確認できる「睡眠スコア」を搭載。心拍数(就寝時/安静時)、寝返りを繰り返す状態、目覚めた状態の時間、睡眠ステージなどを計測できる。

「FitbitVersa2」は常時表でもバッテリーが5日もつらしい

発表の中で素晴らしいと感じたのが「バッテリーの持ち時間」です。

「5日間以上」

っていうのが素晴らしすぎます!

これまでスマートウオッチは

「Fitbitcharge」→「Apple Watch Series2」→「Wear OS by Google」と使ってきましたが、正直使いこなせていませんでした。

本当は歩数とか脈拍とかライフログガジェットとしかで使いたいのですが、日中の腕時計代わりくらいにしかなっていないんですね。

なにしろバッテリーが1日持たないので。日中使っていると夜に充電するはめになる。

そうすると使いづらさを感じ、なんとなく使わなくなるループになっていました。

どのメーカーのも機能は似たりよったりで。

色々使ってみた結果、自分の中ではスマートウオッチは

「バッテリーの持ちが正義」

となっていました。

そこにきて、「FitbitVersa2」

「バッテリー持ちは5日間以上」しかも「有機ELで常時表示」

ときました。

現行製品ではトップのバッテリー性能でしょう。(これより上はファーウェイのウオッチくらい)

満足感はかなり高そう。なのでこの「FitbitVersa2」は購入する予定です。

ちょうど親もライフロガーを欲しがっていたので2台購入かな。

購入したら、きっちりレビューしていこうと思います!

「FitbitVersa2」の発売日と価格は?

FitbitVersa2の発売と価格は以下のようになりました。

  • 発売時価格 24,782円(予約時価格)
  • 発売日 2019/9/24

9月初頭にアメリカで発売されての間髪いれずでの日本発売はありがたい限りですね。

ちなみにAmazonで予約販売がスタートしていました。



Google Chrome OSランキング
  • この記事を書いた人

たけいまこと

かつて1997年3月よりインターネットを使用し始め、 当時存在していたPCエンジンサイトを巡回。 ほどなく触発され1997年12月に、当サイト「PCエンジン道場」を開設。 その後2000年までくらいは細々と更新をしたが、 就職・結婚、ファイルの消失などがあり、8年間放置(爆)。 2011年、ホームページビルダー購入を契機にサイト作成をやり直し。。 2015年にWordpressにてブログをまじめにやり始めようとしている。

-ガジェット, スマートウォッチ

Copyright© タケマコブログ , 2019 All Rights Reserved.