スマホ スマホニュース

[話題]Google Pixel 5 と Pixel 4a (5G)が新登場、10月15日から発売!価格は60,500円から。その違いに着目してみました

どうも「Chromebookマニア」兼「Pixel3使い」のタケイ(@pcefancom)です。

昨日、Chromebookとの連携機能が豊富なGoogleスマホ「Pixel5」「Pixel4a(5G)」の発表イベントがありました。

Google Japan Blog: Google Pixel 5 と Pixel 4a (5G) 新登場 !
https://japan.googleblog.com/2020/10/google-pixel-5-pixel-4a-5g.html?m=1

驚いたのが「Pixel5」「Pixel4a(5G)」のスペック差がほとんどなかったこと。ナンバリングこそ違うものの、非常に似通ったスマホとなりました。

「Pixel5」「Pixel4a(5G)」の違いを中心にどちらがコスパがいいのか?

考えてみたいと思います。

まずはそれぞれのスペックと価格をみていきます。

Pixel5のスペックと価格

Pixel5のスペックと価格は以下のようになりました。

※auのページに載っていた情報を参考にしています。

本体性能

サイズ 幅70.4×高さ144.7×厚み8.0mm
重量 約151g
バッテリー容量 4,080mAh
内蔵メモリ容量 (RAM) ※4 8GB
内蔵メモリ容量 (ROM) ※4 128GB
アドレス帳登録件数 本体メモリの空容量に依存
ディスプレイ(画面)タイプ フレキシブルOLED
ディスプレイ(画面)サイズ 6.0インチ
ディスプレイ(画面)最大表示色 約1,600万色
ディスプレイ(画面)解像度 2,340×1,080(FHD+)
防水 ※5 IPX8
防塵 ※5 IP6X
OS ※6 Android™ 11
CPU Qualcomm® Snapdragon™ 765G 2.4GHz/1+2.2GHz/1+1.8GHz/6
生体認証 指紋
価格 74,800円

カメラ性能

メインカメラ有効画素数 約1,220万画素/約1,600万画素
サブカメラ有効画素数 約800万画素
撮影素子 CMOS
撮影ライト 静止画:-
動画:○
オートフォーカス機能 静止画:○
動画:○
手ブレ補正機能・手ブレ軽減機能 静止画:○
動画:○
接写機能
静止画最大撮影サイズ 4,032×3,024
動画最大撮影サイズ 3,840×2,160
静止画ズーム 7倍
動画ズーム 7倍

意外だったのは、SoCがハイエンドでなかったこと。

「Qualcomm® Snapdragon™ 765G」とミドルレンジの性能となりました。

カメラ性能も控えめ。

画素数が1600万画素とちょっと前のハイエンドレベルに留まりました。

その分価格もPixel4のときに比べて3万円ほど安くなっています。

Pixel4a(5G)のスペックと価格

対してPixel4a(5G)のスペックです。

本体性能

サイズ 幅74mm×約さ153.9mm×厚さ8.2mm
重量 約160g
バッテリー容量 3885mAh
内蔵メモリ容量 (RAM) ※4 6GB
内蔵メモリ容量 (ROM) ※4 128GB
アドレス帳登録件数 本体メモリの空容量に依存
ディスプレイ(画面)タイプ OLED
ディスプレイ(画面)サイズ 6.2インチ
ディスプレイ(画面)最大表示色 約1,600万色
ディスプレイ(画面)解像度 2,340×1,080(FHD+)
防水 ※5
防塵 ※5
OS ※6 Android™ 11
CPU Qualcomm® Snapdragon™ 765G 2.4GHz/1+2.2GHz/1+1.8GHz/6
生体認証 指紋
価格 60,500円

カメラ性能

メインカメラ有効画素数 約1,220万画素/約1,600万画素
サブカメラ有効画素数 約800万画素
撮影素子 CMOS
撮影ライト 静止画:-
動画:○
オートフォーカス機能 静止画:○
動画:○
手ブレ補正機能・手ブレ軽減機能 静止画:○
動画:○
接写機能
静止画最大撮影サイズ 4,032×3,024
動画最大撮影サイズ 3,840×2,160
静止画ズーム 7倍
動画ズーム 7倍

意外だったのが、SoCとカメラ性能がPixel5と同じだったこと。

これまで3a、4aはSoCとカメラ性能の部分で差が図られていただけに同じものを積んできたのにはびっくりしました。

名前こそ「Pixel4a」となっていますが、実質「Pixel5」の廉価版だなと感じました。

Pixel5とPixel4a(5G)の違いは6つ

Pixel5とPixel4a(5G)の違いは大きく6つ。

「サイズ」「ボディ素材」「メモリ」「防水機構」「イヤホンジャック」「ワイヤレス充電」です。

まず「サイズ」ですが、こうして比べてみると誤差の範囲だなと感じますね。

あまり違いは感じません。

素材は実物を触らないとわからないですが、Corning® Gorilla® Glass 6 のカバーガラスとソフトタッチ ポリカーボネート製ユニボディ。それなりに違いはありそうです。

メモリは「Pixel5=8GB」「Pixel4a(5G)=6GB]。

ここの差は実用では感じないと思います。

防水機構ははっきり格差が現れるところですね。

また「無接点充電」も同様。

ここも「Pixel5のみ」となっています。

防水重視、ワイヤレス充電重視なら断然「Pixel5」でしょう。

「イヤホンジャック」は逆に「Pixel4a(5G)」だけ。

有線イヤホン重視なら「Pixel4a(5G)」ですね。

「Pixel4a(5G)」のコスパの良さが際立つ結果に

以上、違いの部分をチェックして「Pixel4a(5G)」のコスパの良さを強く感じましたね。

SoCとカメラ性能と、実用上一番影響があるところが同じというのは大きいです。

それでいて価格も6万円なのはコスパがいいといえるでしょう。

感覚的には「iPhone11」が6万円になったイメージですね。

タケイ
個人的に買うとしたら「Pixel4a(5G)」ですね。6万円の価格が手軽でいいですね。

販売はGoogleストア、ソフトバンク、auでスタート10月15日から

販売は早くも10月15日からスタート。

Googleストアでも予約が始まっていました。

販売スケジュールもスムーズでいいですね。

Google Pixel スマートフォン - Google ストア
https://store.google.com/jp/magazine/compare_pixel

タケイ
私は発売日での購入は見送ります。おそらく年末あたりにキャンペーンがあるのでそこで狙うつもりです。
  • この記事を書いた人

たけいまこと

名前:タケマコ 埼玉県在住のサラリーマン。Chromebook(クロームブック)の魅力を広めるために勝手に活動する「Chromebookマニア」です。パソコン7割(Chromebook、レッツノート、マウスコンピュータ)、ガジェット3割(デジタル手書き、スマホ)でやってます。 レビュー依頼やご質問はお気軽に、ツイッターお問い合わせフォームまで!

-スマホ, スマホニュース

Copyright© タケマコブログ , 2020 All Rights Reserved.