ニュース・キャンペーン 格安SIM

[話題]楽天モバイル 「UN-LIMIT VI(アンリミット6)」の凄さは「0円SIM」にあり!サブ回線に超オススメ

楽天アンリミット6

どうも、楽天モバイル会員になってもうじき1年のタケイ(@pcefancom)です。

今回は楽天モバイルのニュースを贈りします。

ネットで話題沸騰中ですが、「楽天モバイル」が新料金プランを発表しました。

名称は「Rakuten UN-LIMIT VI(楽天アンリミット6)」。ドコモの「ahamo」、KDDI「Povo」ソフトバンクの「Softbank on Line」に対抗した形で、料金を値下げしました。

なかでもトピックはなんといってても

「1ギガ以下は無料(0円)」

になったこと。

キャリアSIMで史上初めて「0円SIM」が誕生しました!

楽天アンリミット6

タケイ
神コスパとしか言いようがないプランが出ましたね。。。

この記事では「楽天アンリミット6」の料金内容、今回の施策でメリットがある方について考えてみます!

新プラン「楽天アンリミット6」料金は3段階

新プラン「楽天アンリミット6」の料金は、以下のように3段階となりました。

20ギガ以下の利用であれば1000円値下げ。

驚きなのが1ギガ以下の料金です。あれば最初の1回線はなんと「0円」、2回線目でも「980円」という低価格になっています。

しかもRakuten Linkアプリ利用が前提ですが「通話料無料」なのがすごい。

「格安SIMキラー」と言っても過言ではない低料金に仕上げてきました。

ギガ 料金
1ギガ以下 0円
3~20ギガ 1,980円
20ギガ以上 2,980円

・1ギガ以下:無料※1 2回線目以降は0GB~3GBまで980円。
・データ無制限は、楽天基地局に接続時。公平にサービスを提供するため通信速度の制御を行う場合があります。
・パートナーエリアは、国内は5GB超過後は最大1Mbps、海外は2GB超過後は最大128kbpsで使い放題

注目ポイントは「0円スマホ」ができること

「楽天アンリミット6」のポイントは「0円でスマホを持てること」につきます。

これまで「普段使ってないけど、何かあったときのためにマホは持っていたい」なったとき、どうしても数百円の維持費がかかりました。

これが「楽天アンリミット6」なら本当に「0円」で運用可能です。

なので例えば、

  • 「スマホはほとんど電話代わり。たまに写真を撮るくらい」
  • 「家族が外出するときの連絡用スマホにしている」
  • 「塾の送り迎えでの連絡用に渡している」

となっても、もう月1,000円とか払う必要はありません。しかも通話も無料でOK。

「格安SIMで最低数百円かかっている」

「通話のせいで料金が妙に高くなってしまった」

方には思いっきりフィットしたプランになりましたね。

楽天アンリミット6

普段使わないスマホに、またたまに家族に使わせたいSIMになりました。

楽天会員にはメリットしかナシ!すぐに申し込むべき

今回の料金改定で、楽天会員には本気でメリットしかなくなりました。

まだ申し込んでいない人はすぐに申し込むべきです。なぜなら以下のようなメリットがある方です。

楽天会員にとってのメリット

  • 加入しても金銭負担は生じない
  • それどころか「最大7,000ポイント」もらえる
  • 買い物のポイントもプラス1倍になる

サービス開始当初は、「契約事務手数料」がかかりました。申込時に持ち出しで3,300円がかかりましたが、今は0円になっています。

申し込む時の金銭負担はゼロ。デメリットが無い状態です。

楽天アンリミット6の申込料金

申込みも無料

さらには、無料で加入するだけで「7,000ポイント」もらえてしまいます。SIMだけの契約でもOK。端末を買う必要もありません。

これはいわば当選率100%の宝くじみたいなモノ。「ノーリスクハイリターン」が実現しているワケです。

楽天アンリミット6の手数料

SIMだけ申込みも可能。その場合も7,000ポイント還元。

さらには楽天市場でのポイントもアップします。

楽天アンリミット6のSUP

以上です。本当に良いことしかないのがおわかりいただけたでしょうか?

300万回線の無料も残り80万回線。終わりは見えていますので、まだ未加入の方はぜひこの機会に加入しておきましょう!

 

楽天モバイルのスマホレビューはこちら

もし「楽天モバイルのスマホもセットで購入したい!」とお考えであれば、以下のレビューもご覧ください!

「Galaxy A7」は親用に、「Galaxy Note10+」は自分用に使っていて、どちらも大満足。

参考にぜひ読んでやってくださいね!

 

  • この記事を書いた人

たけいまこと

名前:タケイマコト 埼玉県在住のサラリーマン。Chromebook(クロームブック)の魅力を広めるために勝手に活動する「Chromebookマニア」です。パソコン7割(Chromebook、レッツノート、マウスコンピュータ)、ガジェット3割(デジタル手書き、スマホ)でやってます。
他メディアにも寄稿しています。

■寄稿記事

2万円〜のPC「Chromebook」を15台買ったマニアが、選び方とおすすめモデルを徹底解説 | bizSPA!フレッシュ

WindowsやMacより「Chromebookがテレワーク最強」な理由(タケイ マコト) | マネー現代


ライターとしてIT・ガジェット系記事も執筆中です!

武井誠 | BIGLOBEハンジョー

■レビュー、原稿依頼

レビュー依頼やご質問は以下にお願いします。
ツイッター
お問い合わせフォーム

-ニュース・キャンペーン, 格安SIM