スマホ スマホレビュー

[Galaxy Note10+(楽天版 )レビュー]SIMロック無しで「おサイフケータイ搭載」!いいとこ取り4G最強スマホ

どうも楽天モバイルユーザーのタケイ(@pcefancom)です。

「Galaxy note10+」は唯一無二の快適にペン入力ができるスマホです。スペック的には最高峰。2020年Android界の「iPhone11Pro的」存在です。

魅力なのは「Sペン」という手書きペンを内蔵しているところ。スマホを紙のメモ帳のように使える、メモ魔にとっては日常生活に欠かせない手書きデバイスです。

Galaxy Note10+

この度「Galaxy note10+」の楽天モバイル版をようやく10月に秋葉原の「イオシス」で購入。

この記事で3ヶ月みっちり使ってみての「実機レビュー」をお送りします!

 

 

記事のポイント

  • Galaxy Note10+(楽天版)とは?
  • Galaxy Note10+(楽天版)のスペック
  • Galaxy Note10+(楽天版)と海外版の違い
  • Galaxy Note10+(楽天版)の付属品、外観レビュー
  • Galaxy Note10+(楽天版)の良い点
  • Galaxy Note10+(楽天版)の良くない点
  • Galaxy Note10+(楽天版) レビューまとめ

タケイ
2021年になって値下げ、さらにコスパが良くなった「Galaxy Note10+(楽天版)」の購入を考えている方の参考になったら嬉しいです!

Galaxy Note10+(楽天版)とは?

Galaxy Note10+(楽天版)とは、2019年10月に、楽天モバイルで発売となったハイエンドスマホです。

スペックも2019年に発売されたスマホの中では最高峰。さらには「Sペン」というペン入力にも対応。手書きフリークの注目を一身に集めました。

楽天モバイルのなかでも、ひときわラグジュアリーな存在になっています。

Galaxy Note10+(楽天版)

タケイ
執筆時点(2021年1月)での最新モデル「GalaxyNote 11+」が出ていますが、楽天では未発売。未だ「Galaxy Note10+」がハイエンドとなっています。

Galaxy Note10+(楽天版)のスペック

楽天版のスペックは以下のようになっています。「ドコモ、au」「海外版」とSoCやメモリに違いはありませんが、「挿せるSIMの枚数」「対応周波数バンド」の点で異なっています。

デュアルSIM(DSDS)に対応しておらず、またソフトバンクのプラチナバンドには対応していません。

なので、ソフトバンク系のSIMを使うとVoLTEが使えず、3G回線での通話になります。

他のスペックは「ハイエンド」の一言。2019年最高性能のSoCやメモリを搭載。

バッテリーも「4,300mAh」と大容量、充電しなくても数日はもつようになっています。

商品名 Galaxy Note10+
カラー オーラグロー、オーラブラック
サイズ
(高さ/幅/厚さ)
約162.3 x 約77.2 x 約7.9 (mm)
重量 約197g
ディスプレイ
(サイズ/種類/解像度)
約6.8インチ / AMOLED / QHD+ / 3,040 × 1,440
CPU Qualcomm® Snapdragon™ 855 / オクタコア 2.8GHz + 2.4GHz + 1.7GHz
バッテリー容量 約4,300mAh
SIMサイズ nanoSIM
外部接続端子 USB Type-C
対応回線 Band 3、18、26
楽天回線/ドコモ回線/au回線
OS Android10
CPU Qualcomm® Snapdragon™ 855 / オクタコア 2.8GHz + 2.4GHz + 1.7GHz
メモリ 12GB (RAM)
ストレージ 256GB (ROM)
外部メモリ micro SDXC™ (最大 1024GB)
カメラ アウトカメラ:約1,600万画素 (超広角) + 約1,200万画素 (広角) + 約1,200万画素 (望遠)
インカメラ:約1,000万画素 (広角)
おサイフケータイ 対応 / 対応
フルセグ/ワンセグ 非対応 / 非対応
防水/防塵 対応 / 対応
生体認証 対応 / 対応

ほかにも実用的なのが「生体認証」です。画面に手を置くだけで認証できるようになっています。

Galaxy Note10+(楽天版)

タケイ
スペックは「最強」の一言に尽きます。スナドラ855にメモリ12GB、ストレージも最高1TB超え。もはやパソコンといえますね。

Galaxy Note10+(楽天版)と「ドコモ、au」「海外版」との違い

タケイ
楽天版と「ドコモ、au」「海外版」との大きな違いは「SIMロック」と「おサイフケータイ」の有無です。

「ドコモ、au版」はSIMロックがかかっていますが、楽天版はナシ。海外SIMフリー版には「おサイフケータイ」がありませんが、楽天版につはついています。

それぞれの欠点を補った「いいとこ取り」となっているところが違いであり魅力です。

SIMロック おサイフケータイ
楽天版 なし あり
ドコモ、au版 あり あり
海外版 なし なし

これまで「SIMフリー版」選ぼうとすると「海外版」を選ばなければならず、どうしても「おサイフケータイ」が使えません。逆に「ドコモ、au版」にすると、どうしても「ネットワーク利用制限△付き」となってしまっていました。

しかし、楽天版は「SIMロック」がかかっていません。利用制限の心配も無く、周波数が対応してさえいれば「実質SIMフリー版」として運用可能なのは魅力ですね。

さらに「おサイフケータイ」もあるので日本国内で利用する分には、非常に便利といえるでしょう。

Galaxy Note10+(楽天版)

Galaxy Note10+(楽天版)の外観レビュー ギリギリ片手で持てる大きさ

次に外観レビューです。手書きできるだけあって本当にでかい。片手でギリギリ持てるくらいの大きさですね。

Galaxy Note10+(楽天版)

ギリギリ、片手で持てる大きさ。

タケイ
この大きさは好みが分かれるかもしれません。

USBポートは「Type-C」。これ当然ですかね。また「Sペン」の取り出し位置が右下になっており、これは「Galaxy 8」「9」と一緒です。

USBケーブル、ペンの取り回しで不便を感じることはないでしょう。

Galaxy Note10+(楽天版)

Sペンの取り出し位置は右側

Galaxy Note 20+

Galaxy Note 20+のSペンの位置は左側

タケイ
最新版「Galaxy Note 20+」は左下に変更となりました。ここも好みが分かれるところですね。

なお、賛否両論ある「エッジディスプレイ」ですが、従来シリーズより控えめになりました。

多少斜めになっていますが、カバーをつけるとほぼフラット。メモを取る分には不便に感じませんでした。

Galaxy Note10+(楽天版)

端っこはエッジあり。カバーをつけるとほぼフラット

タケイ
個人的には右下が好み。エッジもほどほどで「10+」はのデザインはスキですね。

Galaxy Note10+(楽天版)の良い点

それでは、3ヶ月買ってみて感じた「Galaxy Note10+」のいいところを紹介します!

ココがおすすめ

  • 有機ELのディスプレイが綺麗
  • ディスプレイオフメモが快適
  • Sペンの書く以外の能力もすごい
  • 広角レンズの映りがいい
  • キャリアアプリが最低限

ディスプレイオフメモが快適

「Galaxy Note」の代名詞といってもいいですね。変わらず「ディスプレイオフメモ」が快適すぎます。

この機能はスマホの画面がロック中でも「Sペン」を抜けば、すぐにメモができるというモノ。

明らかに紙のメモ帳よりも早いので、メモ魔にありがたい限り。

「この機能のためだけに買っている」

と言っても過言ではありません。それほど素晴らしい機能です。

Galaxy Note10+

ディスプレイオフメモは紙のメモ帳いらずになります(マジ)

有機ELのディスプレイが綺麗

「Galaxy Note10+」は画面に有機ELを搭載しています。これは発色が明らかにキレイ。焼き付けなどの問題はなきにしもあらずですが、トップ性能は間違いありません。

  • ついつい写真に見入ってしまう
  • わざわざNetflixやYouTubeのHDR映像が見たくなってしまう

キレイさがありますね。

画質にこだわる人でも、まず満足できるでしょう。

Galaxy Note 10+

写真が本当にキレイ!

「Sペン」の書く以外の能力もすごい

「Sペン」の進化にも驚かされました。以前はメモるだけでしたが、いまはシャッターも使えます。

スマホを置いて写真を撮る時も便利ですし、メモしたスマホは簡単にOCR処理して「テキスト化」するのも楽勝。

ブツ撮りするときなんか遠隔シャッターもできて楽ですし、OCRは手書きで書いたことをTweetしたり、パソコンに残すときの手間が本当に減りました。

「Sペン」の進化ぶりというか高機能さには恐れ入りました。

Galaxy Note10+

手書きメモも一瞬でテキスト化

広角写真の写りも最高

「Galaxy Note10+」の写真写りは、iPhone12も真っ青な映りをしてくれます。

画角は超広角、標準(24mm前後?)、望遠とありますが、スマホとしてはどれも高画質。とくに超広角は画素数も1,600万画素あるおかげで精細に撮れます。

Galaxy Note10+

Galaxy Note10+で交通会館を超広角で撮影。HDR処理もなめらか

もはや

「スポットに行った時の俯瞰図は超広角で」

「グルメ写真は望遠で」

というのは定番になりました。

AIも優秀で、夜景ならそれに適した露出にしてくれますし、グルメも同様です。人間が調整するよりよっぽどキレイに露出補正してくれます。

ブロガーにとっては神様のようなスマホカメラと思いますね。

Galaxy Note10+

松屋のシュクメルリ鍋定食を標準モードで撮影

Galaxy Note10+

同じ位置から望遠モードで。露出も自動で食事に合ったモノに補正

キャリアアプリが最低限

最後に、楽天版ならではというところで。キャリアアプリが最低限なのも好印象でした。

キャリア版というと「画面一面キャリアアプリ」というのも珍しくありません。

その点楽天版はフォルダでひとかたまり。アプリの数も9個と最低限でした。

しつこくないところは良かったですね。

Galaxy Note10+

Galaxy Note10+(楽天版)の良くない点

次に良くない点(改善点)についても書いておきます。

ココがダメ

左スワイプで「Googleアシスタント」がでない

左スワイプで「Googleメニュー」がでない

「Galaxy Note10+」でいけてない点は「Googleアシスタント」が起動しにくいところですね。

Androidだとホーム画面を左にスワイプすると「Google」のメニューが出てきますが、「Galaxy Note10+」だろサムスンのAI「Bixby」が呼び出されます。

「サムスンのこだわり」というのは理解できますが、正直Googlでいいかなと。

なくせとは言いませんが、せめて選べるようになって欲しいなと思います。

左スワイプで「Googleメニュー」を多用していたら注意しましょう。

以上、「Galaxy Note10+(楽天版)」の良い点、良くない点のまとめでした!

レビューまとめ 「手書きハイエンドスマホ」を格安で欲しい人にオススメ

タケイ
Galaxy Note」は「8」以来、2年ぶり、8万超えで購入しましたが、全く後悔なしどころか「大満足」な出来でした!
満足度
Galaxy Note10+、大きさ以外に不満なし!
デザイン
お手本のようなデザイン。エッジはいらないかも
携帯性
大きいので携帯性は普通
レスポンス
さすがハイエンドSoCといったところ
画面表示
有機EL最高
バッテリー
2日はもちます。
カメラ
3眼+高精細、最高

とにかく「Sペン」での書き心地は、より良くなっていてますます紙のメモ帳いらずになりました。性能も申し分なしで、重いアプリもサクサクです。

価格と以外で文句を言ったらバチが当たる出来でした。

2021年時点で、最新は「Galaxy Note 20+」ですが、まだまだ高いですし、5Gの真価を発揮できる状況にありません。

買える価格からのポテンシャルを考えたら、コスパは一番です。

  • 手書きできるスマホを使ってみたい
  • 写真が綺麗に撮れるスマホが欲しい
  • 最新のiPhoneやGalaxyは高くて手が出ない

と悩んでいたら、ぜひ楽天版の「Galaxy Note10+」をチョイスしてみてください!

Galaxy Note10+(楽天版) を買うなら公式が最安値でオススメ。

最後にGalaxy Note10+(楽天版) を安く買うなら断然「公式サイト」がオススメです。

2021年になってから値下げされて

「98,000円」

「76,980円」

となりました。

Galaxy Note10+は新品で76,000円

新品で8万円以下は格安。

これは中古ショップよりも安い価格です。しかもポイントが最大7,000円分つきます。

新品が実質7万円は本当にダントツで最安値。これから買うなら「楽天モバイル」の公式サイトにしておきましょう。

タケイ
最後までお読み頂きありがとうございました!楽天モバイルについては、以下レビューもも書いています。興味があったら是非読んでくださいね!
[ノウハウ]楽天モバイルアンリミットユーザ必見!楽天回線エリアかどうかを簡単に調べる方法

どうも、楽天モバイルユーザーのタケイ(@pcefancom)です。 今回は、あなたの使っているスマホが「楽天回線エリアかどうか」を簡単に調べる方法を紹介します。 楽天モバイルの悩みどころはなんといって ...

続きを見る

[利用レポート]楽天モバイル 高速データ通信(ギガ)を使い切った後 実際のスピードをレポート!

どうも楽天モバイルユーザーのタケイ(@pcefancom)です。 今回めでたくパートナーエリアの「5ギガ」を使い切りました! データ通信制限モードで、実際どれくらいの速さが出るのか?を確かめてみました ...

続きを見る

  • この記事を書いた人

たけいまこと

名前:タケイマコト 埼玉県在住のサラリーマン。Chromebook(クロームブック)の魅力を広めるために勝手に活動する「Chromebookマニア」です。パソコン7割(Chromebook、レッツノート、マウスコンピュータ)、ガジェット3割(デジタル手書き、スマホ)でやってます。
他メディアにも寄稿しています。

■寄稿記事

2万円〜のPC「Chromebook」を15台買ったマニアが、選び方とおすすめモデルを徹底解説 | bizSPA!フレッシュ

WindowsやMacより「Chromebookがテレワーク最強」な理由(タケイ マコト) | マネー現代


ライターとしてIT・ガジェット系記事も執筆中です!

武井誠 | BIGLOBEハンジョー

■レビュー、原稿依頼

レビュー依頼やご質問は以下にお願いします。
ツイッター
お問い合わせフォーム

-スマホ, スマホレビュー