Chromebook Chromebookレビュー

[ASUS Chromebook Detachable CM3レビュー]重さ「1kg切り」「ペン入力」対応!タブレットライクにも使えるモバイラー向けモデル[PR]

どうもChromebookマニアのタケイ(@pcefancom)です。

今回はASUSから発売されている

「Chromebook Detachable CM3」

のレビューをお送りします。

モバイルパソコンを選ぶポイントとして「軽量性」「省スペース」がよく求められます。

とはいえ、モバイル性を求めすぎると性能が犠牲になってしまいます。

2つのバランスが取れたパソコンというのはなかなかありません。

今回紹介する

「Chromebook Detachable CM3」

はどちらも高いバランスを保っています。

Chromebookのなかでも、とくにオススメしたいモデルです。

ASUS Detachable CM3

縦おきもできる

今回はそんな「ASUS Chromebook Detachable CM3」について

「特徴」「スペック」「レビュー」、実際に使ってみて感じた「メリット」「改善点」

について書いていきます!

レビューのポイント

「Chromebook Detachable CM3」の

  • 特徴
  • スペック
  • 実機レビュー(カカクコム視点)
  • 実際に使って感じた「メリット」「改善点」
  • こんな人にオススメ
  • 買える場所の紹介

タケイ
本モデルは、ASUS様よりお借りしてレビューしました。率直にレビューしていますが、その点、ご承知おきください。

「Chromebook Detachable CM3」の特徴

「ASUS Chromebook Detachable CM3」は、2021年3月に発売開始となったChromebook(クロームブック)です。

特徴はというと、

  • 取り外し可能なキーボード
  • 縦にも横にも立てられる背面カバー
  • 10.5インチ(16:10比率)の見やすいフルHDディスプレイ
  • USIペンを本体収納
  • 持ち運びが楽な重さ(920グラム)

なところ。

とくに際立っているところが背面カバーです。

Microsoftの「Surface Pro」のように使えるのはもちろん、縦おきもできるようになっています。

Detachable CM3

Surface ProやGoのように使える

ASUS Detachable CM3

縦おきもできる

さらに手書きスタイラス(USIペン)を本体に収納できるのも特徴です。

思い立ったときに、サッと取り出して書けるようになっています。

Detachable CM3

ペンの取り出しも簡単

数あるChromebookのなかでも

  • 限りなくタブレットに近い
  • 色々なスタイルで作業ができる

ユニークなモデルに仕上がっています。

タケイ
クラムシェル、タブレット、色々なスタイルで使い方にピッタリなモデルです!

「Chromebook Detachable CM3」のスペック

「Chromebook Detachable CM3」のスペックは以下のとおりです。

モデル名 ASUS Chromebook Detachable CM3(CM3000)
CPU MediaTek™ MT8183 2GHz
メモリ 4GB LPDDR4X
ディスプレイ 10.5型ワイドTFTカラー液晶
1,920×1,200ドット (WUXGA)
IPS-level Panel
カメラ インカメラ 192万画素Webカメラ内蔵
アウトカメラ 800万画素Webカメラ内蔵 (オートフォーカス対応)
内蔵ストレージ 64〜128GB
無線LAN Wi-Fi5
LTE なし
インターフェース USB2.0 (Type-C)×1 ※6
マイクロホン/ヘッドホン・コンボジャック×1
MILスペック N/A
生体認証 なし
ペン入力 USIサポート
※本体内蔵型
本体サイズ 本体 幅255.44mm×奥行き167.2mm×高さ7.9mm
本体 + デタッチャブルキーボード 幅255.44mm×奥行き167.2mm×高さ13.3mm
本体 + デタッチャブルキーボード + スタンドカバー 幅255.44mm×奥行き167.2mm×高さ16.9mm
25.54 x 16.72 x 0.79 ~ 0.80 cm (10.06" x 6.58" x 0.31" ~ 0.31")
バッテリー 本体 約12.3時間
本体 + デタッチャブルキーボード 約12時間
質量(重さ) 本体 約506g
本体 + デタッチャブルキーボード 約748g
本体 + デタッチャブルキーボード + スタンドカバー 約915g
0.51 kg (1.12 lbs)
自動更新ポリシー N/A
価格 39,800円(64GB)
50,800円(128GB)

「CPU」にはMediaTekの「MT8183」を搭載しています。

性能としてはエントリーモデルに近い感じですね。

Chromeのタブは開いても10枚程度、Androidアプリを使う分には不満を感じることは少ないでしょう。

通信こそ「Wi-Fi5」と控えめですが、ハード的には

  • ヘッドホンジャック搭載
  • USIペンも本体収入可能

など他メーカーのデタッチャブル製品にはない工夫がなされています。

「Chromebook Detachable CM3」の実機レビュー

それでは「Chromebook Detachable CM3」の実機レビューをお送りします。

評価基準は「価格.com」にあわせています。

満足度
(モバイル好きなら満足なでき!)
外観
(ファブリック素材のカバーはおしゃれ)
処理速度
(処理速度は中程度、ブラウジングは快適)
液晶
(16:10で縦長がナイス)
キーボード
(傾きがあって使いやすい)
拡張性
( USB Type-C1つと少ない)
( イヤホンジャックはありがたい)
使いやすさ
(縦と横、どちらにでも置けるカバーがナイス)
持ち運びのしやすさ
(小さいかばんにも入るコンパクトさがナイス)

バッテリー
(Chromebookの中ではトップレベル)
タケイ
キーボード取り外し可能なタイプ派にはベストバイなモデルと感じましたね。ライバル機(IdeaPad Duet )の改善点をうまく解消してしています。

外観

本体は、キーボードカバーを含めてもネットブックのような大きさです。

コメダ珈琲の小さいテーブルでも使えるコンパクトさが特徴です。

Detachable CM3

コメダ珈琲のテーブルでも使える大きさ

背面カバーも薄く、持ち運びしやすくなっています。

ファブリック素材なので手触りが良いのも特徴ですね。

Detachable cm3の横置きスタイル

背面カバーも薄くてナイス

Detachable cm3

片手で持てる重さ

処理速度

Octane2.0で測ってみたところ

「9,500前後」

でした。

スペックとしてはエントリーモデルレベルといったところですね。

ハイエンドモデルの3分の1くらいの数値です。

タケイ
画像のキャプチャは忘れました💦

液晶

液晶は「TFT」となっています。

よくある「IPS」よりも、スペックダウンしているところですが、実際は思いのほかキレイでした。

画像だと伝わりづらいですが、発色も豊か。

体感条「ほぼIPS」といっても遜色ない出来ですね。

Detachable CM3

キーボード

キーボードもモバイルパソコンにしては使いやすいです。

デタッチャブルタイプは右側のキーがつまり気味になりがちですが、CM3は余裕があります。

Enterが縦に長いのも打ちやすくて良いですね。

カーソルキーもしっかり「逆T字型」になっています。

つまり気味の右側もほどほどに余裕あり

カーソルキーも逆T字型

キーピッチも「1.7mm」。フルサイズほどではありませんが、モバイルにしては広め

打ちにくさは感じませんでした。

ASUS Detachable CM3

キーピッチは1.7mm

また傾きがつけられるのは、本当に高ポイントです。

平らだと打ちにくいですが、浮かせられる分、非常に打ちやすくなっています。

Detachable CM3

キーボードに傾きがつけられるのはナイス

タケイ
デタッチャブルなタイプのキーボードとしては全体として高品質、合格点!と思いましたね。

拡張性

拡張性は最低限です。ポートはUSB Type-Cが1つのみとなっています。

本体がタブレットなのでしょうがないところではありますね。

Detachable cm3の横置きスタイル

拡張ポートはUSB Type-Cが1つ

使いやすさ

使いやすさは、Chromebookの中でもかなり上位と感じました。

特に「縦おき」できるところがナイス。

タブレットでもクラムシェルでもOK。

色々なスタイルで使えるフレキシブルさは、突き抜けています。

Detachable CM3

縦おきできるスタイルがナイス

持ち運びのしやすさ

持ち運びのしやすさも「Chromebook」の中でもトップレベルですね。

キーボートとセットで「920グラム」という軽さはもちろん、「ボディバッグ」に入るコンパクトさは大きな魅力です。

以下の写真は「ひらくPCバッグnano」に入れてみたところです。

こういったボディバッグサイズのものでも入る機動性の良さにはハマりました。

ひらくPCバッグとDetachable CM3

ひらくPCバッグnano。ボディサイズのコンパクトなバッグです。

ひらくPCバッグnanoとDetachable CM3

カバンにいれてみたところ。

ひらくPCバッグnanoとDetachable CM3

手帳とDetachableCM3を入れても余裕です。

特に

「ちょっとした散歩に小さいパソコンも持っていきたい」

「でも重いのはイヤ」

「ポメラとかだと力不足」

など感じていたら、ものすごくフィットすると思います。

タケイ
持ち歩く人にとっては間違いがないモデルといえますね。

バッテリー

バッテリーはスペック通り「12時間」もちました。

朝から夜まで使っても充電無しでいけました。

USBアダプターも「30W」と電力少なめのも充電可能でした。

バッテリー周りは非常に優秀ですね。

Detachable CM3とUSBアダプタ

スマホ感覚で充電可能

Detachable CM3

30Wの小電力のアダプターでも充電OK

タケイ
バッテリーは、持続時間、充電方法ともにタブレット、スマホと同じ感覚で使えます。

実際に使ってみて感じた「メリット」「改善点」

最後に実際に2週間使ってみて感じた

「メリット」

「改善点」

を紹介します。

メリット① とにかく持ち運びしやすい

一番のメリットは「持ち運び」のしやすさですね。

「1kg切りの重量」と「ボディバッグサイズにはいるコンパクトさ」

がセットになっているモデルは、なかなかありません。

どんな時でも持ち運びが苦にならないのは、大きなメリットです。

メリット② カフェやイートインのテーブルでも使いやすい

2つめもサイズに関するところで恐縮ですが、

「どこでも置いて使える」

のも良い点と感じました。

サイズがコンパクトなので、コンビニのイートイン、コメダの2人席のテーブルのような狭い場所でも快適に使えます。

Detachable CM3とUSBアダプタ

ファミマのイートインでDetachable CM3

Detachable CM3

コメダのテーブルでDetachable CM3

タケイ
普段、チェーン系のカフェでパソコン作業する方にはピッタリだと感じましたね。

メリット③ 縦置きでのサイト閲覧が便利

「縦置き」できるのもメリットですね。

あまり期待していなかったのですが、実際に使ってみると快適でした。

ニュース、Twitterなど、縦長のほうが見やすいサイトも「CM3」なら難なく表示できます。

使用用途が、縦表示メインのでサイト閲覧なら、快適に使えると思います。

ASUS Detachable CM3

縦表示はサイト閲覧がとても便利

メリット

  • 持ち運びしやすい
  • カフェやイートインのテーブルでも使いやすい
  • 縦置きでのサイト閲覧が便利だ

改善点 USIペンが四角形で持ちづらい

ペンの形は改善点と感じましたね。

CM3のペンは四角になってます。

長時間使っていると、角が指に食い込んで痛くなりました。
※メモする程度であれば問題ありません。

あくまで「メモ用途」と考えておいた方がいいでしょう。

後継モデルではリアルのボールペンライクにしてほしいところです。

四角形なのでちょっと持ちづらい

改善点

USIペンが四角形で持ちづらい

購入の決め手は?「モバイル特化のパソコン」が欲しかったら買い

以上「ASUS Chromebook Detachable CM3」のレビューでした!

このモデルは以下のような方にオススメです。

こんな方におすすめ

  • モバイルに特化したパソコンが欲しい
  • ASUS Chromebook Flip C101PAの後継を待っている
  • Chromebookの予算は3万円台に抑えたい

「ASUS Chromebook Detachable CM3」の良いところは、とにかく

「モバイル性能が高いところ」

です。

あなたが

『何時でもどこでもサクッとChromebookを使いたい』

『モバイルに特化したパソコンが欲しい』

と考えていたら、本当にオススメです。

あと、モバイル特化したASUSの名機「Chromebook Flip C101PA」。

これの後継を待っている方もそろそろ買ってもいいかと思います。

タイプこそ違いますが、性能や使い勝手はかなり近いモノを感じました。

また価格も「実質3万円台」と安いので、予算も安く抑えたい方にもオススメです。

タケイ
持ち運び用が欲しいと思っていたら、思い切って「買って良し」です!

購入はAmazon、直販店、ASUSストアがオススメ

購入は「Amazon」が在庫も多く納期も早いのでオススメです。

他にも量販店(ビックカメラグループ)も在庫が多いので、Amazonが売り切れている場合はチェックしてみてください!

※2021/04/17時点、在庫が復活、発送も始まっているようです。

タケイ
「ASUS Detachable CM3」の特徴は以下の記事で詳しく紹介しています。気になったら読んでみてくださいね☺

[2021年モデル]「ASUS Chromebook Detachable CM3 」の特徴、スペック・価格とオススメポイントまとめ | タケマコブログ

Chromebook(2021年モデル)まとめはこちら

2021年に発売となったモデルもまとめています。

気になる方はチェックしてみてください!

👉2021年に発表、発売された個人向けChromebook(クロームブック)一覧

 

  • この記事を書いた人

たけいまこと

名前:タケイマコト 埼玉県在住のサラリーマン。Chromebook(クロームブック)の魅力を広めるために勝手に活動する「Chromebookマニア」です。パソコン7割(Chromebook、レッツノート、マウスコンピュータ)、ガジェット3割(デジタル手書き、スマホ)でやってます。
他メディアにも寄稿しています。

■寄稿記事

2万円〜のPC「Chromebook」を15台買ったマニアが、選び方とおすすめモデルを徹底解説 | bizSPA!フレッシュ

WindowsやMacより「Chromebookがテレワーク最強」な理由(タケイ マコト) | マネー現代


ライターとしてIT・ガジェット系記事も執筆中です!

武井誠 | BIGLOBEハンジョー

■レビュー、原稿依頼

レビュー依頼やご質問は以下にお願いします。
ツイッター
お問い合わせフォーム

-Chromebook, Chromebookレビュー