Chromebook Chromebookの使い方 Chromebookまとめ

[使い方]ChromebookのVisual Studio Codeエディタで日本語を使う方法

どうもChromebookマニアのタケイ(@pcefancom)です。

Chromebookでも使えるVisual Studio Code。

そのままでは、エディタで日本語入力ができません。

追加のプログラムをインストールする必要があります。

この記事では、

「ChromebookのVisual Studio Codeエディタで日本語を使う方法」

を紹介します。

 

①Linuxのターミナルで「fcitx-mozc」をインストールする

ChromebookのVisual Studio Codeエディタで日本語を使うには「fcitx-mozc」を追加でインストールする必要があります。

「fcitx-mozc」は、Linux に環境非依存の言語サポートを提供する軽量の インプットメソッドフレームワーク。

これを設定することで日本語が入力できるようになります。

Linuxのターミナルを立ち上げて

sudo apt-get install fcitx-mozc -y

と入力しましょう。

コマンド入力後、3分程度でインストールが完了するはずです。

②Linuxのターミナルで「fcitx-mozc」の設定ツールを起動する

次にLinuxのターミナルで「fcitx-mozc」の設定ツールを起動します。

まずはランチャーから「fcitx」アプリを起動した状態にしておきます。

ランチャーからあらかじめ起動しておく

起動した状態でコマンドで

fcitx-configtool

と入力しましょう。

これで設定ツールが立ち上がります。

③言語を「Mozc」に設定する

設定ツールのウィンドウが立ち上がるので、

  1. Only SHow Current Languageのチェックを外して「mozc」と入力
  2. 出てきた「Mozc」を選んで「OK」をクリック

してください。

 

この設定で、Visual Studio Codeエディタ上で日本語入力ができるようになりました。

④エディタ再起動後も日本語が使えるようにLinuxのターミナルで設定する

③までの状態では、Visual Studio Codeエディタが再起動すると設定が元通りになってしまいます。

設再起動後も日本語が使えるように設定します。

以下の設定コマンドをLinuxのターミナルで入力してください。

echo "fcitx > /dev/null 2>&1" >>  ~/.profile

これはユーザプロファイルにfcitxの設定を読み込ませるための設定です。

以上で設定は完了です。

Visual Studio Codeエディタ上で日本語がいつでも使えるようになりました。

タケイ
コメント入力で日本語を使いたいという場面は多いと思います!時間も10分からないので、是非トライしてみてください!
  • この記事を書いた人

たけいまこと

名前:タケイマコト 埼玉県在住のサラリーマン。Chromebook(クロームブック)の魅力を広めるために勝手に活動する「Chromebookマニア」です。パソコン7割(Chromebook、レッツノート、マウスコンピュータ)、ガジェット3割(デジタル手書き、スマホ)でやってます。
他メディアにも寄稿しています。

■寄稿記事

2万円〜のPC「Chromebook」を15台買ったマニアが、選び方とおすすめモデルを徹底解説 | bizSPA!フレッシュ

WindowsやMacより「Chromebookがテレワーク最強」な理由(タケイ マコト) | マネー現代


ライターとしてIT・ガジェット系記事も執筆中です!

武井誠 | BIGLOBEハンジョー

■レビュー、原稿依頼

レビュー依頼やご質問は以下にお願いします。
ツイッター
お問い合わせフォーム

-Chromebook, Chromebookの使い方, Chromebookまとめ