Chromebook Chromebookの話題 Chromebookニュース(2021年)

[話題]Lenovo 第11世代CPU搭載 2in1「IdeaPad Flex 560i Chromebook」他、 3モデルを発表!12月3日から発売開始!

どうもChromebookマニアのタケイ(@pcefancom)です。

11月からChromebookの新発売が続いていますが、Lenovoからもあらたに3機種が発表されました!

発表したのは、

  1. 「Lenovo IdeaPad Flex 360i Chromebook」(11.6インチ、2in1)
  2. 「Lenovo IdeaPad Flex 560i Chromebook」(13.3インチ、2in1)
  3. 「Lenovo IdeaPad Slim 560i Chromebook」(14インチ、クラムシェル)

の3モデル。

Lenovo IdeaPad Flex 360i Chromebookは、CPUにインテル® Celeron® N4500 プロセッサーを搭載。A4以下の筐体サイズで、カバンにも無理なく収納でき、持ち運びに便利なモデルです。

Lenovo IdeaPad Flex 560i Chromebookは、CPUにインテル® Core™ i5 プロセッサーを搭載。高い処理処理性能に加えて、画面回転、タッチ操作とペン入力にも対応したオールインワンモデル。

Lenovo IdeaPad Slim 560i Chromebookは14インチの狭額縁設計のFHDディスプレイを搭載。クラムシェルタイプのモデルです。

それぞれの発売日は12月3日(金)で、ビックカメラですでに予約を受付開始しています!

タケイ
12月のボーナスで購入にぴったりなChromebookがまた出てきました!以下、特徴をスペックを紹介します

 

「Lenovo IdeaPad Flex 360i Chromebook」の特徴とスペック

主なスペック

  1. 自動更新ポリシー:2029/6
  2. CPU :インテル® Celeron®プロセッサー N4500
  3. メモリ :4GB  LPDDR4X
  4. ストレージ :32GB eMMC
  5. インチ :11.6インチ
  6. 重さ:1.25kg

11.6型 HD IPS液晶マルチタッチ対応液晶を備えた2in1タイプのChromebookです。

CPUを最新のN4500にリニューアルしての登場となりました。

重さも1.25kgと軽量で、気軽に持ち運んでカフェでブログなど、外で使うサブパソコンとして力を発揮しそうなモデルです。

価格は49,500円(ポイント4950円分還元)とお手頃です。

 

 

「Lenovo IdeaPad Flex 560i Chromebook」の特徴とスペック

主なスペック

  1. 自動更新ポリシー:2029/6
  2. CPU :インテル® Core™i5-1135G7 プロセッサー or Celeron® 6305 プロセッサー
  3. メモリ :4~8GB  LPDDR4X
  4. ストレージ :256GB (PCIe NVMe/M.2) or 64GB eMMC
  5. インチ :13.3インチ
  6. 重さ:約 1.38kg

第11世代インテルプロセッサーを搭載した、13.3型 FHD IPS液晶のChromebookです。

こちらは発売中の「Lenovo IdeaPad Flex 550i Chromebook」のリニューアルという位置づけ。

モデルはCPUがCeleronとCorei5の2つを用意。

前モデル(Lenovo IdeaPad Flex 550i Chromebook)の国内販売はCeleronモデルのみでしたが、2021年は上位版が用意されました。

ビックカメラの価格では

  • Celeronモデル:68,200円(6820ポイント還元)
  • Corei5モデル:104,500円(10450ポイント還元)

となっています。

現在、ビックカメラ予約受付中です。

 

「Lenovo IdeaPad Slim 560i Chromebook」の特徴とスペック

主なスペック

  1. 自動更新ポリシー:2029/6
  2. CPU :インテル® Core™i5-1135G7  or Pentium® Gold 7505 プロセッサー
  3. メモリ :4~8GB  LPDDR4X
  4. ストレージ :256GB (PCIe NVMe/M.2) or 128GB (PCIe NVMe/M.2)
  5. インチ :14インチ
  6. 重さ:1.49kg

第11世代インテルプロセッサーを搭載、マルチタッチ対応14.0型IPS FHD液晶のChromebookです。

タイプとしては唯一のクラムシェルタイプ。

大きさはLenovo製では一番大きいです。重さも1.49kgあるため、モバイルというよりはオフィスや自宅用パソコンとしての利用がメインになるでしょう。

価格はビックカメラの価格で

  • Pentium® Goldモデル:68,200円(6820ポイント還元)
  • Corei5モデル:99,000円(9900ポイント還元)

となっています。

タケイ的まとめ ベストバイは「Lenovo IdeaPad Flex 560i Chromebook」

以上、Lenovo 第11世代CPU搭載 2in1「Lenovo IdeaPad Flex 560i Chromebook」他、 3モデルを一気に発表のニュースでした。

12月になって、Lenovoが一気に3モデルを投入してきたのには驚きました。

どのモデルもサイズや機能のバラエティに富んでいるのがいいですね。

予算重視、モバイル用途がメインなら「Lenovo IdeaPad Flex 360i Chromebook」でしょうし、性能、使い勝手重視なら「Lenovo IdeaPad Flex 560i Chromebook」でいいでしょう。

Chromebookの良さがわかっていて、2台めとして買うなら「Lenovo IdeaPad Slim 560i Chromebook」もありです。

先日発売となったタブレット型の「IdeaPad Duet 560 Chromebook」も含めて、使い方に合わせて色々選べるようになったのが嬉しいですね。

ビックカメラではすべてのモデルが揃っているので、ぜひこの機会に一度チェックしてみてください。

 

ちなみに個人的ベストバイは「Lenovo IdeaPad Flex 560i Chromebook」です。

モバイルにもオフィス利用もできる、ペン対応で1.38kgはなかなかすごい。機能も一番多彩ですし、満足できる1台を選ぶならこちらがベストバイだと思いました!

Lenovoのニュースリリースはこちら

今回発売となったモデルのニュースリリースはこちらです。

気になる方は是非チェックしてみてください。

  • この記事を書いた人

たけいまこと

名前:タケイマコト 埼玉県在住のサラリーマン。Chromebook(クロームブック)の魅力を広めるために勝手に活動する「Chromebookマニア」です。パソコン7割(Chromebook、レッツノート、マウスコンピュータ)、ガジェット3割(デジタル手書き、スマホ)でやってます。
他メディアにも寄稿しています。

■寄稿記事

2万円〜のPC「Chromebook」を15台買ったマニアが、選び方とおすすめモデルを徹底解説 | bizSPA!フレッシュ

WindowsやMacより「Chromebookがテレワーク最強」な理由(タケイ マコト) | マネー現代


ライターとしてIT・ガジェット系記事も執筆中です!

武井誠 | BIGLOBEハンジョー

■レビュー、原稿依頼

レビュー依頼やご質問は以下にお願いします。
ツイッター
お問い合わせフォーム

-Chromebook, Chromebookの話題, Chromebookニュース(2021年)