Chromebook Chromeookトーク

[トーク]HP Chromebook x360 13cのバッテリー不具合で修理、かかった期間・費用、交換したパーツについて

sどうもChromebookマニアのタケイ(@pcefancom)です。

1月に入って、メインで利用している「HP Chromebook x360 13c」のバッテリーに異常がでてきました。

満充電しても1〜2時間程度しか動かず、電池の状態も40%を切るように。実用に支障がでてきたので修理に出しました。

結果、バッテリーは申告通りに交換。

さらには他に不具合があった箇所も修理されて戻ってきました!

申告したバッテリーの他に、WLAN(LTE)モジュール、システムボード、USB-Doorが交換対象に

今回、どのパーツが交換になって、どれくらいの期間・費用がかかったか?を紹介します。

交換したパーツ:申告以外のパーツも修理

まずは交換したパーツからです。

交換したのは

  • バッテリー
  • Wi-Fiモジュール
  • マザーボード
  • LTEモジュール

の4つでした。

HPの場合、修理報告書にどんな部品に交換されたのかレポートされます。

今回、私から申告したのは「バッテリー」だけでしたが、HPさんのほうでそれ以外もチェック。

意識していなかったパーツも交換してくれたのはありがたかったですね。

修理にかかった期間

修理にかかった期間ですが、トータルで14日間でした。

以下が、申し込み完了からの受け取り連絡、修理完了の連絡メールです。

時系列でいくと

  • 1月7日 修理を申込み
  • 1月11日 修理センターで受領
  • 1月21日 修理完了

とでした。自宅から発送して戻ってくるまで都合14日でした。

修理に出したのは2回目(ディスプレイを交換)なのですが、その時も全く同じ14日。

偶然かもですが、修理内容にかかわらず戻ってくるまでは2週間かかると考えておいた方が良いかもしれません。

 

修理にかかった費用

あとは修理にかかった費用です。

これは0円でした。保証期間内だったので修理パーツにかかる費用はなし。

また家からの発送と修理工場からの送料もすべてHP負担でした。

保証期間内でも送料は負担、チェックは有料なメーカーもありますが、この辺HPは手厚かったです。

使用中に違和感を覚えたら修理にだすのはあり

以上、HP Chromebook x360 13cのバッテリー不具合で修理、かかった期間・費用、交換したパーツについてのメモでした。

HPの修理は2回目でしたが、どちらもサポートは手厚かったのが印象深かったです。

なにより申告外の部分もチェック・交換してくれたこと、全く費用がかからなかったのが助かりましたね。

HPのパソコンで、LTEがつながりづらい、USBポートが反応しない、Bluetoothが認識しづらいとかあったら、修理に出すのはありだと思います。

修理に出す手続きは以下の記事でも解説していますので、よかったらお読みください!

  • この記事を書いた人

たけいまこと

名前:タケイマコト 埼玉県在住のサラリーマン。Chromebook(クロームブック)の魅力を広めるために勝手に活動する「Chromebookマニア」です。パソコン7割(Chromebook、レッツノート、マウスコンピュータ)、ガジェット3割(デジタル手書き、スマホ)でやってます。
他メディアにも寄稿しています。

■寄稿記事

2万円〜のPC「Chromebook」を15台買ったマニアが、選び方とおすすめモデルを徹底解説 | bizSPA!フレッシュ

WindowsやMacより「Chromebookがテレワーク最強」な理由(タケイ マコト) | マネー現代


ライターとしてIT・ガジェット系記事も執筆中です!

武井誠 | BIGLOBEハンジョー

■レビュー、原稿依頼

レビュー依頼やご質問は以下にお願いします。
ツイッター
お問い合わせフォーム

-Chromebook, Chromeookトーク