Chromebook Chromebookまとめ 拡張機能・Androidアプリ紹介

[アプリ]『Video-conveter.com』 Chromebookでwebmをmp4に変換できるウェブアプリ

どうもChromebookマニアのタケイ(@pcefancom)です。

ChromeOSの機能(動画キャプチャ)をしたに困るのがファイル形式です。
自動で「webm」で保存されるため、YouTubeやTwitterにそのままアップできません。

どうしてもMP4に変換する必要があります。
その際にもっとも手軽なのがウェブアプリを使うこと。

なかでもオススメなのが
video-converter.com
です。

動画変換ができるウェブアプリで、ブラウザ上にアップロードするだけでOK。
手軽にmp4ファイル化を行えます。

てっとり早く動画を変換したいときにとても便利。
ブラウザを起動するだけなので、気に入って使っています。

今回は実際に変換する方法を紹介します。

『Video-conveter.com』でwebmをmp4に変換する方法

実際に変換する方法ですが、とても簡単です。
まず、以下のURLにアクセスします。

アクセスできたら「Open file」をクリックして、Chromebook上にある「webm」ファイルをアップロードしましょう。

変換後の形式は②のところで選びます。
YouTubeやTwitterにアップできる形式したい場合は「MP4」を選びましょう。
ちなみに「Resolution」では解像度、「Settings」ではコーデックなどを選べます。

解像度を選択可能

コーデックや容量も選択できる

動画の変換速度もなかなかの速さ。
30秒程度の動画であれば10秒程度で完了しました。
進捗の様子が出るのでわかりやすいです。

変換が完了するとダウンロードです。
リンクをクリックすればChromebookに保存できます。
ちなみに保存先をGoogleDriveやDropboxに設定することも可能です。

Download、GoogleDriveやDropboxにも保存可能

『Video-conveter.com』てっとり早くてオススメ

以上が『Video-conveter.com』でwebmをmp4に変換する方法でした。
ちなみに以下は実際に作業した様子(動画)です。

1分程度の動画でも10秒程度で変換、ダウンロードも1分程度で終わりました。
インストールも一切不要、手っ取り早さなら一番です。
便利なウェブアプリなので、ぜひ一度使ってみてください。

ローカルで変換したいときは「ffmpeg」がオススメ

キャプチャした動画をネットにアップしたくない、ローカルで処理したいというときは
「ffmpeg」
がオススメです。

こちらはLinuxアプリで、Chromebookにインストール、ローカルで動画変換が行なえます。
Chromebookにインストールして使う方法は、以下の記事で紹介していますので、興味があったら読んでみてください。

  • この記事を書いた人

たけいまこと

名前:タケイマコト 埼玉県在住のサラリーマン。Chromebook(クロームブック)の魅力を広めるために勝手に活動する「Chromebookマニア」です。パソコン7割(Chromebook、レッツノート、マウスコンピュータ)、ガジェット3割(デジタル手書き、スマホ)でやってます。
他メディアにも寄稿しています。

■寄稿記事

2万円〜のPC「Chromebook」を15台買ったマニアが、選び方とおすすめモデルを徹底解説 | bizSPA!フレッシュ

WindowsやMacより「Chromebookがテレワーク最強」な理由(タケイ マコト) | マネー現代


ライターとしてIT・ガジェット系記事も執筆中です!

武井誠 | BIGLOBEハンジョー

■レビュー、原稿依頼

レビュー依頼やご質問は以下にお願いします。
ツイッター
お問い合わせフォーム

-Chromebook, Chromebookまとめ, 拡張機能・Androidアプリ紹介
-