Chromebook Chromebookの使い方 Chromebookまとめ

[使い方]Chromebookでffmpegを使ってwebmをMP4に変換する方法

どうもChromebookマニアのタケイ(@pcefancom)です。

Chromebookの画面キャプチャで微妙に面倒くさいのが、画面録画のファイル形式が「webm」形式になってしまうこと。

そのままTwitterやYouTubeでは「webm」のアップロードに対応していないため、MP4ファイルに変換しなければなりません。

そんなときに便利なのが、動画変換ツール(Linuxアプリ)の「ffmpeg」。
Chromebookでも「webm→MP4」への変換が可能です。

ローカルで変換、かつ無料で使えるので変換ツールとしてオススメです。

この記事では、「ffmpeg」のインストールと実際に変換する方法、エラーが出た場合の原因を対策を紹介します。

Chromebookでffmpegを使ってwebmをMP4に変換する方法

ffmpegは、Linuxで動く動画変換ツールです。
ChromebookでもLinuxアプリとして動作します。
インストールする前に、ChromebookでLinuxを有効化しておいてください。

step
1
Linuxターミナルを起動する

まずはLinuxターミナルを起動します。
ランチャーで「ターミナル」や「Linux」と打てば出てきます。

Linuxターミナル

ターミナルを起動

step
2
ffmpegをインストールする

ターミナルを起動したら「ffmpeg」をインストールしていきます。

 command
sudo apt-get -y install software-properties-common
sudo add-apt-repository ppa:mc3man/trusty-media
sudo apt update
sudo apt install ffmpeg

コマンドの意味ですが、

・1行目でadd-apt-repository コマンドを含んでいる software-properties-common をインストール。
・2行目で非公式リポジトリのPPAを設定。
・3〜4行目でアップデートとffmpegのインストール

となっています。

step
3
ffmpegをインストールを確認

バージョンの確認コマンドでインストールできたか確認します。

 command
ffmpeg -version

バージョン情報が出てくればOKです。

step
4
webmファイルを用意

インストールができたら、MP4に変換する動画ファイル(webm)を用意しましょう。
Chromebookで動画キャプチャした場合、標準ではダウンロードフォルダに保存されています。

step
5
webmファイルをLinuxフォルダに移動

ファイルをLinuxフォルダに移動します。

ファイルをコピー

Linuxフォルダにペースとします。

Linuxファイル配下にペースト

なお、Chromebookで動画キャプチャした場合、ファイル名にスペースがあります。
そのままだと変換コマンドでエラーになるので、ファイル名を変更しましょう。

たとえば
「input.webm」
などにしておけばOKです。

step
6
ffmpegで動画変換コマンドをうつ

Linuxターミナルに戻って、以下の変換コマンドを打ちます。

 command
ffmpeg -i input0002.webm output.mp4

コマンドの意味ですが
「ffmepeg -i 変換元ファイル名 変換後ファイル名」
となっています。

あとは変換されるのをまちましょう。

同じLinuxフォルダにMP4ファイルが吐き出されます。

タケイ
ちなみに40秒程度の動画を「HP Chromebook x360 13c(Core i7)」で変換したところ10秒程度で完了しました。

「width not divisible by 2」でエラーになる原因と対策

なお、変換で

 command
width not divisible by 2 
Error initializing output stream 0:0 -- Error while opening encoder for output stream #0:0 - maybe incorrect parameters such as bit_rate, rate, width or height

とエラーになる場合があります。
これは変換元動画の解像度が「2の倍数」でないときに発生します。

なので動画キャプチャするときに、解像度が2の倍数になるようにしておきましょう。

ffmpegはキャプチャ動画(webm)の変換に便利

以上、ffmpegを使ってChromebookでキャプチャした動画(webm)の変換をする方法の紹介でした。

ffmpegのインストールは数分ですみますし、ローカルで変換可能と手軽です。
なにより無料で使えます。

本当に便利でオトクなので、動画変換するときに使ってみてください!

  • この記事を書いた人

たけいまこと

名前:タケイマコト 埼玉県在住のサラリーマン。Chromebook(クロームブック)の魅力を広めるために勝手に活動する「Chromebookマニア」です。パソコン7割(Chromebook、レッツノート、マウスコンピュータ)、ガジェット3割(デジタル手書き、スマホ)でやってます。
他メディアにも寄稿しています。

■寄稿記事

2万円〜のPC「Chromebook」を15台買ったマニアが、選び方とおすすめモデルを徹底解説 | bizSPA!フレッシュ

WindowsやMacより「Chromebookがテレワーク最強」な理由(タケイ マコト) | マネー現代


ライターとしてIT・ガジェット系記事も執筆中です!

武井誠 | BIGLOBEハンジョー

■レビュー、原稿依頼

レビュー依頼やご質問は以下にお願いします。
ツイッター
お問い合わせフォーム

-Chromebook, Chromebookの使い方, Chromebookまとめ