Chromebook Chromebookの話題 Chromebookニュース(2022年)

[話題]IdeaPad 370 Chromebookがビックカメラ・ヨドバシで販売開始!6万円から、納期も即納

どうもChromebookマニアのタケイ(@pcefancom)です。

Lenovo 期待の新Chromebook「deaPad 370 Chromebook」が予定通り、量販店で発売開始となりました!

2日時点で、販売が確認できたのは「ビックカメラ」「ソフマップ」「コジマ」「ケーズデンキ」「ヨドバシカメラ」の5つ。

また「Yahoo!ショッピング」「楽天市場」でも買えるようになっています。

価格は安いところで6万円から。ポイント還元ありで実質5万6千円くらいになっています。

価格は実質5万6千円、納期は1〜2日

スタート価格は、どのショップも62,480円がベースになっています。
そこから6248ポイント還元、実質価格はどのショップも5万6千円前後になっていました。

在庫が豊富だったのは、さすがのビックカメラグループです。
ビックカメラ」「ソフマップ」「コジマ」どこも在庫ありで、配送も最短翌日となっていました。
価格は62,480円(6248ポイント還元)です。

ケーズデンキ

ポイントなしで支払価格が一番安かったのが「ケーズデンキ」ですね。
こちらはポイント還元がない分「60,280円」とビックカメラよりも2千円安くなっていました。
※とはいえ、実質価格は4千円高めです。

なお、「ヨドバシカメラ」はビックカメラと同価格。
在庫はビックカメラグループよりはちょっと少ないようですね。
在庫少なめの状態でした。

実機はビックカメラ有楽町、池袋、AKIBA他、地域の主力店で展示中

なお、実機の展示はビックカメラでも限られているようで関東では
「有楽町、池袋、AKIBA、ラゾーナ川崎、新横浜、藤沢店のみ」
となっていました。

ちなみにヨドバシカメラは、新宿西口本店に展示があるようです。

他のショップに関しては展示情報はありませんでした。

池袋のヤマダとビックカメラで現地確認した限りでは、前モデルの「IdeaPad Duet」が継続展示中だったので、他の店舗も同じ状況でしょう。

実際に買う前に、実機を触りたい方は「新宿のヨドバシ」か「有楽町のビックカメラ」に行ってみましょう。

IdeaPad 370 Chromebookのスペックと価格

なお、IdeaPad 370 Chromebookのスペックと価格は以下の通りです。

モデル名 IdeaPad Duet 370 Chromebook  IdeaPad Duet Chromebook
自動更新ポリシー  2030/6  2028/6
CPU Qualcomm® Snapdragon™ 7c Gen2 MediaTek Helio P60T プロセッサー
メモリー 4GB LPDDR4X 4GB LPDDR4X
ストレージ 128GB eMMC 128GB eMMC
キーボード 78キー、JIS配列、マルチタッチパッド 78キー、JIS配列、マルチタッチパッド
ディスプレイ LEDバックライト付 10.95型 IPS液晶
約1,677万色
5:3)
マルチタッチ対応(10点)
光沢あり
LEDバックライト付 10.1型WUXGA IPS液晶
約1,677万色
光沢あり
マルチタッチ対応(10点)
解像度 2000x1200ドット 920x1200ドット
インターフェース USB-TypeC ×2
(USB3.1 Gen1、DisplayPort出力機能付き、Powerdelivery対応)
USB-TypeC ×1
(USB2.0、(DisplayPort出力機能付き、DC-in機能付き))
無線LAN IEEE 802.11ac/a/b/g/n IEEE 802.11ac/a/b/g/n
LTE・5G  ー  ー
画面タッチ  あり  あり
ペン入力  USI  USI
生体認証  ー
重さ  本体のみ:約 516.5g
キーボードセット:約 945.8g
本体のみ:約 450g
キーボードセット:約 920g
本体サイズ 本体のみ:約 258.04x164.55x7.9mm
キーボードセット:約 258.06x172.51x17.54mm
本体のみ:約 239.8x159.8x7.35mm
キーボードセット:約 244.9x169.3x18.2mm
バッテリー 約 12.0時間 約 10.0時間
防水、防滴  あり  なし
価格 6万2,480円から  3万円から

価格だけを見ると旧モデルからそれなりに上がっていますが、海外のレビューを見る限り、そんなに評判は悪くありません。

前モデルが低スペック過ぎて、もっさりしていたのもあります。
価格は微妙なところではありますが、

  • Surfafe GoなChromebookがほしい
  • 手書きもできる方がいい
  • モバイルパソコンに5万円までなら出せる

と考えているなら買ってもいいモデルではないでしょうか。

気になる方は是非チェックしてみてください。

タケイ
ちなみに私は実機を触ってみてから購入するかを決めようと思っています。

  • この記事を書いた人

たけいまこと

名前:タケイマコト 埼玉県在住のサラリーマン。Chromebook(クロームブック)の魅力を広めるために勝手に活動する「Chromebookマニア」です。パソコン7割(Chromebook、レッツノート、マウスコンピュータ)、ガジェット3割(デジタル手書き、スマホ)でやってます。
他メディアにも寄稿しています。

■寄稿記事

2万円〜のPC「Chromebook」を15台買ったマニアが、選び方とおすすめモデルを徹底解説 | bizSPA!フレッシュ

WindowsやMacより「Chromebookがテレワーク最強」な理由(タケイ マコト) | マネー現代


ライターとしてIT・ガジェット系記事も執筆中です!

武井誠 | BIGLOBEハンジョー

■レビュー、原稿依頼

レビュー依頼やご質問は以下にお願いします。
ツイッター
お問い合わせフォーム

-Chromebook, Chromebookの話題, Chromebookニュース(2022年)