Chromebook Chromebookまとめ WEBサービス 拡張機能・Androidアプリ紹介

[アプリ紹介]電子書籍は「Chromebook」で読めるのか?Androidアプリとウェブサービスを確認してみた。

使っていてドヤれるラグジュアリーなボディが魅力

Chromebookで読める電子書籍サービスについてのまとめです。

どんな書籍サービスがつかえるのか?またつかえないのか?

オススメのサービスなど紹介します!

電子書籍サービスの対応は着実に進化

ebookはつかいものにならず

まずは結果から。選んだのは電子書籍スタンドは私が普段利用しているサービスです。

 
サービス名 Chromeブラウザ Androidアプリ
Kindle OK(ダウンロード不可) OK(ダウンロードOK)
kobo OK(ダウンロード不可) OK(ダウンロードOK)
BookLive! OK(ダウンロード不可) OK(ダウンロードOK)
ebookjapan NG(Chromeブラウザ利用不可) NG(ダウンロードOK)
honto OK(ダウンロード不可) OK(ダウンロードOK)
ニコニコ書籍 OK(ダウンロード不可) OK(ダウンロードOK)
dマガジン OK(ダウンロード不可) OK(ダウンロードOK)

現状 ebookJAPANはNG

ほぼほぼ、すべてのサービスはChromeブラウザでの利用も大丈夫でしたし、Androidアプリのインストールしての利用も問題ありませんでした。

唯一だめだったのが「ebbokjapan」。個人的には意外な結果です。電子書籍の老舗ですしアプリへの取り組み早いところだったので大丈夫だろうなあと思っていたらChromeブラウザ、アプリともにNGでした。Chromeブラウザでは対応不可の文字。

アプリはインストールできますがレイアウトが崩れて使い物になりませんでした。画面いっぱいに画像が表示されてしまい読むに耐えない状態。

他のサービスは全く問題なし。なのでChromebookを電子書籍リーダーとして運用することには、ほぼほぼ問題ないといえるでしょう。

漫画を開いたとき。画面いっぱいに見切れた状態で表示。

個人的なおすすめ 「Kindle」と「dマガジン」

個人的にオススな電子書籍をいうと、Kindleとdマガジンです。

Kindleは説明不要ですが、量も多いですしアプリも見やすいですし、文章の引用、検索するときが特に楽なんです。

特にブログをなどを書くときに裏でアプリを開いておくと、気になった文章をドラッグするだけで文章、単語をコピペしたり検索するといったことをシームレスに行えます。これって書評ブログを書くときなんか特に便利なんじゃないでしょうか。

入れておいて損はないというか、入れておくべきかなと。

Kindle

つづいてdマガジン。こちらは雑誌読み放題ですがC302CAとか12インチのもので読むと原寸表示で読むことが可能です。気になったページもキャプチャボタンひとつで保存できるので利便性も高いです。

の場合家にいるときにまとめてダウンロードしておいて、部屋のリビング、電車の中や喫茶店での作業時に呼んだりしています。Chromeブラウザ版もいいですが、特にアプリ版は動作も軽いのでおすすめです。

初回利用なら初月無料(かつ無料期間中の解約OK)なので未体験の方もぜひ利用してみてください。

dマガジン

  • この記事を書いた人

たけいまこと

名前:タケマコ 埼玉県在住のサラリーマン。Chromebook(クロームブック)の魅力を広めるために勝手に活動する「Chromebookマニア」です。パソコン7割(Chromebook、レッツノート、マウスコンピュータ)、ガジェット3割(デジタル手書き、スマホ)でやってます。 レビュー依頼やご質問はお気軽に、ツイッターお問い合わせフォームまで!

-Chromebook, Chromebookまとめ, WEBサービス, 拡張機能・Androidアプリ紹介

© 2021 タケマコブログ