Chromebook 話題・ニュース

[Chromebook]独断と偏見で語る2018年第1四半期に発表されたChromebookの新機種についての感想。手書きペン対応が熱いです

投稿日:

5月に入ってから日本国内でもChromebookの新機種についての発表が相次いでいますね。Lenovoがありがたく新機種を日本に投入してくれるであるとか、 Acer がChromebookTabletを発表したり、LTE 付きを6月に、さらには昨日は手書き対応の13インチChromebookを投入と熱いニュースが飛び交ってます。このビッグウェーブに乗って私なりの2018年第1四半期にでるChromebookについて感想を書いてみようと思います。

色々なブログの情報を見てみると出ているのは以下の7台

色々なブログやツイッター、そして昨日のAcerの発表をみたかぎり2018年の第1四半期に発売されるであろうChromebookは以下の7機種に積み上がりました。

Lenovo

300e Chromebook

ベーシックなChromebookですね。頑丈なのが取り柄の教育用。

教育向け回転型マルチモード2 in 1
Chrome OSを搭載
10点マルチタッチ対応11.6型液晶
360度回転するヒンジでフレキシブに利用可能
落下テストをクリアした堅牢ボディ

Lenovo 300e Chromebook | 教育向け回転型マルチモード2 in 1 | レノボジャパン
https://www3.lenovo.com/jp/ja/notebooks/lenovo/lenovo-n-series/300e-Chromebook/p/88ELC1S9997

500e Chromebook

手書き対応が熱いChromebook。ASUS C213NA法人版のLenovo版です。

防水、棒的なのがいいですね。

Lenovo 500e | Premium 2-in-1 Chromebook | Lenovo US
https://www3.lenovo.com/us/en/laptops/lenovo/lenovo-n-series/500e-Chromebook/p/88ELC1S9998

エイサー

Acer Chromebook Spin 13

手書き、しかも画面が13インチ、最新世代のCPU入りと一気にフラグシップモデルに躍り出た感じです。率直に欲しいモデル。リビングモバイルとしてよさげ。Corei5~7が乗って、メモリ16GB、そのうえディスプレイは13インチのフルHD超え、ダメ押しはペンが本体収容可能とか、非の打ち所がありません。

Chromebook 13

手書き非対応のモデルですね。ベーシックな感じ。

 

Chromebook Tab 10

一芸機種。Tabletの形状なChromebookです。手書き対応でペンを本体収納可ってところが新しいですね。これも触ったことがないのできになります。

HP

HP Chromebook x2

いわゆるサーフェスタイプのChromebookです。タッチ性能が素敵、Androidアプリが使えるChromeOSってなにげにTablet利用って合うと思うのです。なのでデタッチャブルは使い方としてもあっているのではないかと。その意味で期待大です。

HP Introduces the World’s First Chromebook Detachable
https://press.ext.hp.com/us/en/press-releases/2018/chromebook-x2.html

欲しいものは、手書き対応なChromebook。使い方の幅が広がりそうです

どれも魅力的ではありますが、目新しいのは「EMR方式の手書き対応」機能搭載のChromebookでしょう。 Lenovoのe500、AceでいうとTablet、Spin 13、HP の Chrome book X2がそれにあたります。手書きが加わることでPDFの赤入れが楽になったりだとか、スマホで手書きしたものを更に修正とか、Chromebookを手書きノート代わりに使うとか色々新しい使いみちが広がるのを想像するとワクワクします。

どれを買いたいか?となると全部と言いたいところですが、やはり私の場合触ったことがない形状のものを使ってみたいです。

順番で行くと

「ChromebookSpin13」→「ChromeTab 10」「 HP ChromebookX2」→→→「 Lenovo e500」

な感じです。

一番は「ChromebookSpin13」ですね。ハイスペック、ディスプレイが大きい、手書き対応、ペンの収容が可能と非の打ち所がなく、買わない理由が見当たらないです。あるとしたら予算の問題くらいwそれくらいにほしいです。
「ChromeTab 10」もタブレットの形状であること本体収納のペンがあるというところが目新しくていいです。タブレット形式で使った場合、リビングでより手書きがどるのか?はたして使い物になるのか?使い方の模索をするのが楽しそうと感じました。

次は2in1でデタッチャブル方式の 「 HP ChromebookX2」です。これもChromebookでは未知の形態なので、どういった使い方ができるのか?どうしたところに癖があるのか?しかも前面及び背面カメラがあると Chrome OS でどう使えるのか?どう使い方が変わるのか?非常に楽しみであります。

難点は、購入難易度が高いところですね。 Acer Lenovo は法人教育市場向けとは言いながら NTT 系の販売店では売ってくれたり、ヤフーショッピング楽天ショッピングでも出品があり個人でも購入できますが、過去の例を見ても HP はガチで代理店経由のみのおろしとなるのでなかなか個人としては購入のハードルが高いかなと感じています。

この辺をおふぃすかぶさんの動きにちょっと注目していたりもしています。まとめ買いすれば会えたりするのかなそしたらいいなあと思います。。。

[かぶ] Lenovo 300e/500e Chromebookが国内個人向け市場でも展開開始か。ネット各店で並び始めるも価格は不安定。 | おふぃすかぶ.jp
https://office-kabu.jp/chromebook/lenovo-500e-300e-japan-03

ともあれ4月に入って色々なクロームブックの機種が海外モデルとはいえ発表されてますますバラエティに富んで来ました。だいたいどれの発売も6月からですこの夏に向けて chrome book 選びがまた楽しくなりそうですねあなたはどんな機種を好むでしょうか。

楽しみですね本当この後も続報を色々待ちたいと思います!




大容量・低価格モバイル回線

Fujiwifi 月100GB 3800円

Chromebookとレッツノート用のモバイル回線として利用中のサービスです。

月100GBプランを利用中。容量が多いので不意のWindows Updateも余裕w

なにより回線速度がソフトバンクの本家回線を利用しているので1両日中安定しているのが何より魅力です。

モバイルパソコンを外で利用する人にとってもおすすめなサービスです。

NOXOMIWifi Fujiwifiより月額料金が安いwifiサービス

Fujiwifiに続いて、ほぼ同内容のサービスを展開している大容量モバイルWi-Fiサービスです。

台数限定ながら無制限プランがあり、200GBプランなどもあります。

ルータープランのみながらも月額料金はFujiwifiよりも安くなっています。

格安SIMをデータ通信回線に使っているけど速度に不満と思っている人におすすめのサービスです。

SakuraWifi

無制限プランが売りのレンタルWi-Fi業者です。

Fujiwifiと並んで大容量パケット通信サービスとしてながらく君臨しています。

最初にお試し一ヶ月プランを選択しなければならない点、ホームページがわかりづらいのが難点ですがサービス内容はよろしいです。

実質料金が4,514円になるので私は100GBプランのFujiwifiにしましたが「無制限」にこだわる方にはおすすめです。

  • この記事を書いた人

たけいまこと

かつて1997年3月よりインターネットを使用し始め、当時存在していたPCエンジンサイトを巡回。 ほどなく触発され1997年12月に、当サイト「PCエンジン道場」を開設。 その後2000年までくらいは細々と更新をしたが、 就職・結婚、ファイルの消失などがあり、8年間放置(爆)。 2011年、ホームページビルダー購入を契機にサイト作成をやり直し。。 2015年にWordpressにてブログをまじめにやり始めようとしている。

-Chromebook, 話題・ニュース

Copyright© ChromeBookとレッツノートで快適モバイル生活 , 2018 All Rights Reserved.