Chromebook Chromebookで変わる生活

[Chromebook]HPの14インチChromebook「HP Chromebook x360 - 14-da0021nr」を購入!開封の儀とファースト・インプレッションです。#Chromebook

投稿日:

Chromebookを購入しました。7月に購入したPixelbookに続いて2018年になってから2台目です。購入したのは「HP Chromebook x360 - 14-da0021nr」。2018年10月に発表された機種です。購入したきっかけ、場所・価格、スペック、開封の義から1日使ってみての感想を書いてみます。

自宅や広いレストラン、オフ会のメイン機になりそう

購入に至ったきっかけ アメリカ出張による気分高揚からの499ドルという安さ、第8世代CPUに興味

まずは購入したきっかけから。先週仕事の関係でアメリカのネバダ州ラスベガスで開催されたAWSのイベント「Re:Invent2018」に参加してきたのですが、そのイベントグループの中で『現地の「BestBuy」に買い物に行こう!』というオフ会があったので、参加してラスベガスのMarylandにある「BestBuy」に行ってきました。

そこで目に入ったのが「Chromebookコーナー」。俄然テンションが上がり、Chromebookの購入欲が湧きましたw

以下がBestBuyのコーナーです。

Chromebookの大きな看板とともに、ASUS、HP、DELL、Lenovo、Samsung、Googleの新旧あわせて都合12機種のChromebookが大量に展示されていました。スペースで言えばAppleのMACコーナーと同じ大きさ。最多でもASUSとAcerの機種が販売コーナーの隅っこにあるくらいな日本とは大違いな状況にびっくりしました。

Lenovoのディスプレイサイズが15インチのChromebookや12インチの300ドル以下のChromebookもあれば、、、

SamsungのChromebookPlusの展示もあれば、、、

Dellも最新モデルが展示されているなど、Acerを除いて主要なメーカーのChromebookが展示されていました。

そこで購入したのが、以下のHPの2in1Chromebook「HP Chromebook x360 - 14-da0021nr」です。

ある中で「HP Chromebook x360 - 14-da0021nr」を購入したのは

・CPUが8th Gen Intel® Core™ i3, i5 processorと最新モデルでどんな変化があるのが気になった

・ディスプレイサイズが14インチと今まで使ったことがないサイズで使い勝手がきになった

・HP製を利用したことがないので一度は使ってみて買った

・普段は649ドルの価格が499ドルと150ドル引きになっていた(サンクスギビング)※同じスペックのDellのものは599ドル

と個人的にCPU、ディスプレイ、メーカーが「初」だったこと、あとはちょうどのタイミングで安売りしていたのも「これはなにかの縁」と感じ購入に至りました。あとはせっかくアメリカに来たのだから、アマゾンで販売していないかつ日本に直送してくれないモデルを購入したほうがレア感あっていいかなというのもありました。

購入した場所・価格 ラスベガスのBestBuyにて購入

購入したのは「BestBuy」の実店舗です。クレジットカード払いで「499ドル+41.16ドル」=540.16ドルでの購入でした。

以下がレシートです。現地での購入は初めてで購入がすんなり行くか不安でしたがいたって簡単に済みました。楽天のクレジットカード(MASTER)をカードリーダーに通して暗証番号を入れるだけ。シンプルでいいですね。ちなみにドル決済、円決済両方選べるのは意外でした。さすが全米ナンバーワンチェーンといったところでしょうか。

スペック 第8世代CPU搭載、14インチディスプレイ、13.5時間バッテリーが特徴、Octane Scoreは「33697」

スペックは以下です。2018年10月に発表された機種だけあってCPUは最新世代、13.5時間のロングバッテリーとなっています。また細ベゼルなディスプレイ、左右両方タイプCポートに加えてUSB3.1ポートも搭載に加えて、キーボードもLEDバックライト搭載とゴージャスプレミアムな機種になっています。

個人的に気に入っているのが「拡張性」です。最新世代のCPU搭載+8GBメモリ搭載とプレミアム機でありながらも過去のレガシーになりつつある「USB3.1ポート」や、MicroSDカードスロットを搭載してくれるのはありがたいです。

薄型で割り切るのも思想としてはありですが、実用性を考えるとまだまだ搭載してくれたほうが助かる場面は多いですからね。

Product specifications
Operating system Chrome OS™
Processor
Intel® Core™ i3-8130U (2.2 GHz base frequency, up to 4 GHz with Intel® Turbo Boost Technology, 4 MB cache, 2 cores)
Graphics Integrated: Intel® UHD Graphics 620
Display 14" diagonal FHD IPS micro-edge WLED-backlit multitouch-enabled edge-to-edge glass (1920 x 1080)
Memory 8 GB DDR4-2400 SDRAM (onboard)
Storage 64 GB eMMC
Wireless technology Intel® 802.11b/g/n/ac (2x2) Wi-Fi® and Bluetooth® 4.2 Combo
Power supply 45 W AC power adapter
Battery 3-cell, 60 Wh Li-ion
Battery life Up to 13 hours and 30 minutes
External I/O Ports
2 USB 3.1 Gen 1 Type-C™ (Charging, power delivery, video, data); 2 USB 3.1 Gen 1 (HP Sleep and Charge); 1 headphone/microphone combo
Expansion slots 1 microSD media card reader
Webcam HP Wide Vision HD Camera with integrated dual array digital microphone [5]
Audio B&O PLAY, dual speakers
Color Ceramic white cover, mist blue base and keyboard frame
Pointing device Touchpad with multi-touch gesture support
Keyboard Full-size island-style backlit keyboard
Dimensions (W X D X H) 12.81 x 8.93 x 0.63 in
Weight 3.7 lb
Warranty
1 year limited hardware warranty (information at www.hp.com/support); 90 day phone support (from date of purchase); complimentary chat support within warranty period (at www.hp.com/go/contacthp)
Software included Google Play Store
Security management H1 Secure Microcontroller; Kensington Nano Security Slot™

ちなみに以下はOctaneのスコア計測です。「33697」でした。さすが最新世代CPUというべきか。高い数値をはじき出してくれました。

開封の義から1日使ってみての感想 広いキーピッチやキーバックライト、堅牢性が高い作りが好印象

最後に開封の義から1日使ってみての感想です。開封の義はホテルで行いましたw>帰国してから不具合が見つかっても泣くしかないので。

箱は他メーカのChromebookと大差ない感じ。茶色の箱に入っていて、発泡スチロールで固定されていました。PixelbookやMACのようなおしゃれ感は皆無w昔ながらの梱包法でしたね。

箱から出したところです。白い天板が新鮮ですね。クラウドブルーのキーボードと白い天板の組み合わせは結構好きです。今までのChromebookにはない組み合わせじゃないかなと思います。

ACアダプターは大きめです。端子はタイプCとなっていましたが持ち運びはちょっと大変そうな大きさでした。とはいえPCのスペック上出力は65WなのでPixelbookやC302CAのアダプタを流用できそうです。(というか流用して添付のものは使わないかなと思います。>プラグが三叉で日本では使い勝手が悪いので使っても自宅限定にはなりそう。)

実際に箱から梱包して実際に使用してみたところを写真に撮ってみました。電車のロングシートに座って利用しているところです。電車内モバイルはディスプレイが14インチとモバイルパソコンとしてはでかい部類、重量も1.6キロあるので、膝の上で使ってみると横の人に干渉しそうだったり、膝がそもそもつらかったりとちょっと辛かったです。

使い方としては、

・リビングルームなどでテーブルにおいて使う

・喫茶店など広めのテーブルで使う

など落ち着いた環境で使うのが吉と感じました。電車内モバイルは「ディスプレイサイズは12.3インチ、重さ1.1キロまで(=Pixelbook)」にしておいたほうが無難です。

他の機構ですが、タッチパッドやキーボードは使いやすいなと感じました。

プラスチックではありますが硬性は高くベコベコ感もありません。

キーボードはかなり使い勝手がいいです。キーピッチはフルサイズでノートパソコンとしては問題なし。嬉しいのがキーボードのバックライトですね。ビジネスホテルなどでの暗めの部屋などでの作業が捗りそうと感じました。必須ではないですがあると便利なんですよね。キーストロークもPixelbookライクで深すぎず浅すぎずでちょうどいいです。

ちなみにディスプレイは14インチで解像度はスペック上フルHDとなっていますが、最大「2194×1234」とフルHD以上での表示も可能になっています。

とはいえそこまで大きくすると文字が小さすぎて辛いので実用性は高くないと思いますが。>私はデフォルトの「1536x864」で利用しています。Pixebookもそうですが「横は1500インチ」が見やすくていいと思います。ウェブを見るときも左右が程よい感じに収まってくれるので。

1日使ってみての感想ですが、「HP Chromebook x360 - 14-da0021nr」は「質実剛健なChromebook」だなと感じました。

天板やキーボードにたわみがなくカチッとした作りになっていてますし、ヒンジも硬めで文字を打っている最中にディスプレイがゆれることもありません。パーツの一つ一つの作りが丁寧に作られているなと思います。このへんはビジネス向けPCの販売が多いHPの性格がでているところなのでしょうね。

Amazon.comでも発売されておらず日本で購入するには日本HPかBestBuyで購入→転送業者を使うほかありませんが、値段もコミコミで60,000円程度なので購入を検討する価値はあると思います。

Chromebookがほしいけど、

ディスプレイが14インチ以上の大きいChromebookがほしい

オフィスやリビングで高性能なChromebookを使いたい

でもできるだけ安く済ませたい

という人は購入を検討していいモデルではないでしょうか。

個人的にはでかい画面と打ちやすいキーボードがかなり気に入りました。リビングモバイルとして大活躍してくれそうです\(^o^)/

今後も定期的に使用レビューを上げていこうと思います。

https://store.hp.com/us/en/pdp/hp-chromebook-x360-14-da0021nr

大容量・低価格モバイル回線

Fujiwifi 月25GB 2,500円

Chromebookとレッツノート用のモバイル回線として利用中のサービスです。

私は月25GBプランを利用中。回線速度が日中通じて「10M」以上でているのがお気に入りのポイントです。

(ソフトバンクの本家回線を利用しているので1両日中安定している)

モバイルパソコンを外で利用する人におすすめなサービスです。

  • この記事を書いた人

たけいまこと

かつて1997年3月よりインターネットを使用し始め、当時存在していたPCエンジンサイトを巡回。 ほどなく触発され1997年12月に、当サイト「PCエンジン道場」を開設。 その後2000年までくらいは細々と更新をしたが、 就職・結婚、ファイルの消失などがあり、8年間放置(爆)。 2011年、ホームページビルダー購入を契機にサイト作成をやり直し。。 2015年にWordpressにてブログをまじめにやり始めようとしている。

-Chromebook, Chromebookで変わる生活

Copyright© TeamPixel+レッツノート応援団 , 2019 All Rights Reserved.