Chromebook Chromebookノウハウ

[Chromebook活用メモ]Chromebookからnslookupやping確認をする方法 #Chromebook

Chromebook活用日記です。今日はChromebookからnslookupやping確認をする方法を紹介します。

Linux有効化とパッケージのインストールだけでOK

仕事でネットワークコマンドでいろいろ調べることがあり、ChromebookからPingやNSLOOKUPをしたくなったのでPixelbookで設定して使ってみました。備忘録としてまずはLinuxを有効化。これは簡単ですね。OS70あたりから設定メニューから有効化するだけ。インストール完了後ターミナルが立ち上がってきます。

設定画面から有効化するだけ。

dnsutilsとiputils-pingをapt-getでインストール

ちなみにChromebookでLinuxを有効化した際にインストールされるディストリビューションは「Debian stretch」になります。ただしインストールした時点では使えるコマンドは最低限になっています。Pingやnslookupコマンドを打ってみても認識してくれません。では、Chromebook上からもPingだったりnslookupや他いろいろやりたい場合はどうすればいいか?ですが、

基本的に
「apt-get」コマンドでパッケージをインストールしていく
ことになります。

たとえば今回の私のようにping とか nslookupなどネットワークコマンド系を使いたい場合は

$ sudo apt-get install dnsutils
$ sudo apt-get install iputils-ping

とコマンドをうてばOKです。

あとは以下のような感じでパッケージがインストールされていきます。

root@penguin:~# apt-get install dnsutils
Reading package lists... Done
Building dependency tree
Reading state information... Done
The following additional packages will be installed:
bind9-host geoip-database libbind9-140 libdns162 libgeoip1 libisc160 libisccc140 libisccfg140 liblwres141
Suggested packages:
rblcheck geoip-bin
The following NEW packages will be installed:
bind9-host dnsutils geoip-database libbind9-140 libdns162 libgeoip1 libisc160 libisccc140 libisccfg140 liblwres141
0 upgraded, 10 newly installed, 0 to remove and 28 not upgraded.
Need to get 5,032 kB of archives.
After this operation, 14.7 MB of additional disk space will be used.
Do you want to continue? [Y/n] y
Get:1 http://deb.debian.org/debian stretch/main amd64 libgeoip1 amd64 1.6.9-4 [90.5 kB]
Get:2 http://deb.debian.org/debian stretch/main amd64 libisc160 amd64 1:9.10.3.dfsg.P4-12.3+deb9u4 [398 kB]
Get:3 http://deb.debian.org/debian stretch/main amd64 libdns162 amd64 1:9.10.3.dfsg.P4-12.3+deb9u4 [1,077 kB]
Get:4 http://deb.debian.org/debian stretch/main amd64 libisccc140 amd64 1:9.10.3.dfsg.P4-12.3+deb9u4 [198 kB]
Get:5 http://deb.debian.org/debian stretch/main amd64 libisccfg140 amd64 1:9.10.3.dfsg.P4-12.3+deb9u4 [223 kB]
Get:6 http://deb.debian.org/debian stretch/main amd64 libbind9-140 amd64 1:9.10.3.dfsg.P4-12.3+deb9u4 [206 kB]
Get:7 http://deb.debian.org/debian stretch/main amd64 liblwres141 amd64 1:9.10.3.dfsg.P4-12.3+deb9u4 [214 kB]
Get:8 http://deb.debian.org/debian stretch/main amd64 bind9-host amd64 1:9.10.3.dfsg.P4-12.3+deb9u4 [231 kB]
Get:9 http://deb.debian.org/debian stretch/main amd64 dnsutils amd64 1:9.10.3.dfsg.P4-12.3+deb9u4 [283 kB]
Get:10 http://deb.debian.org/debian stretch/main amd64 geoip-database all 20170512-1 [2,112 kB]
Fetched 5,032 kB in 3s (1,345 kB/s)
Selecting previously unselected package libgeoip1:amd64.
(Reading database ... 38650 files and directories currently installed.)
Preparing to unpack .../0-libgeoip1_1.6.9-4_amd64.deb ...
Unpacking libgeoip1:amd64 (1.6.9-4) ...
Selecting previously unselected package libisc160:amd64.
Preparing to unpack .../1-libisc160_1%3a9.10.3.dfsg.P4-12.3+deb9u4_amd64.deb ...
Unpacking libisc160:amd64 (1:9.10.3.dfsg.P4-12.3+deb9u4) ...
Selecting previously unselected package libdns162:amd64.
Preparing to unpack .../2-libdns162_1%3a9.10.3.dfsg.P4-12.3+deb9u4_amd64.deb ...
Unpacking libdns162:amd64 (1:9.10.3.dfsg.P4-12.3+deb9u4) ...
Selecting previously unselected package libisccc140:amd64.
Preparing to unpack .../3-libisccc140_1%3a9.10.3.dfsg.P4-12.3+deb9u4_amd64.deb ...
Unpacking libisccc140:amd64 (1:9.10.3.dfsg.P4-12.3+deb9u4) ...
Selecting previously unselected package libisccfg140:amd64.
Preparing to unpack .../4-libisccfg140_1%3a9.10.3.dfsg.P4-12.3+deb9u4_amd64.deb ...
Unpacking libisccfg140:amd64 (1:9.10.3.dfsg.P4-12.3+deb9u4) ...
Selecting previously unselected package libbind9-140:amd64.
Preparing to unpack .../5-libbind9-140_1%3a9.10.3.dfsg.P4-12.3+deb9u4_amd64.deb ...
Unpacking libbind9-140:amd64 (1:9.10.3.dfsg.P4-12.3+deb9u4) ...

インストールが完了すると、Chromebookのターミナル上でネットワークコマンドの確認もできるようになります。

$ nslookup yahoo.co.jp

とうってみてアドレスが返ってくれば問題ないです。

Chromebookのディストリビューションは癖があって本格な開発となると色々試行錯誤が必要ですが、ネットワーク関連の作業だったり、ちょっとしたスクリプトを書いたり修正する程度なら十分です。これまでLinuxを立ち上げるとなると、仮想サーバを立てたりしてわざわざログインなどしていましたが、そこをすっとばしてローカルで操作できるのが便利なことこの上ないです。

Linux対応はChromebookの使いみちを拡げる意味でナイスな一手だなあと感じます。

Linux使いの方はぜひChromebookにぜひトライしてほしいなあ、と思います(^o^)

それにしても今回知ったのですが、

$ httping

って便利なコマンドですね。特定のサイトのページの状態を確認するときにつかえるなと。

$ httping https://pcefan.com/

と打って確認するとPing確認とともにサイトステータスの戻り値まで確認できます。

ロードバランサーなどでヘルスチェックの設定をするときに便利でした。

ちなみにhttpingは

$ sudo apt-get install httping

で利用可能になります。



Google Chrome OSランキング
  • この記事を書いた人

たけいまこと

かつて1997年3月よりインターネットを使用し始め、 当時存在していたPCエンジンサイトを巡回。 ほどなく触発され1997年12月に、当サイト「PCエンジン道場」を開設。 その後2000年までくらいは細々と更新をしたが、 就職・結婚、ファイルの消失などがあり、8年間放置(爆)。 2011年、ホームページビルダー購入を契機にサイト作成をやり直し。。 2015年にWordpressにてブログをまじめにやり始めようとしている。

-Chromebook, Chromebookノウハウ

Copyright© タケマコブログ , 2019 All Rights Reserved.