ガジェットレビュー デジタルガジェット

[ガジェットまとめ]「POCKETALK (ポケトーク) 」はなぜ「人気」なのか? さわって感じた5つの魅力[展示機レビュー]

2020年1月10日

タケイ
久しぶりにガジェットの紹介です。夢の翻訳機「POCKETALK(ポケトーク) 」はなぜ「人気」なのか?その魅力を紹介します!

2019年11月展示会でとても感心したガジェットがソースネクストが出している

POCKETALK(ポケトーク)

です。

ソースネクスト

このガジェットは、

ドラえもんのひみつ道具「ほんやくこんにゃく」

をリアルに実現してしまったようなもの。

2019年末から特に人気となっています。なぜに人気なのか?

展示会で実際にさわって感じた魅力を「5つのポイント」にわけて紹介します。

ポケトークの魅力ポイント

  1. 操作がシンプル。ボタン一つで翻訳OK
  2. 会話レッスン、為替機能など海外旅行に役立つ機能がたっぷり
  3. 無料SIMが入っているのでどこでも使える
  4. カメラ機能でみたことも翻訳可能
  5. 手のひらサイズで持ち運びが楽

公式サイトはこちら

POCKETALK(ポケトーク)

外国の人とシンプルにコミュニケーションできる端末

それでは「POCKETALK(ポケトーク) 」はなぜ「人気」なのか?その魅力に迫っていきます。

実際にさわってみて感じたポイントを「5つ」紹介します。

操作がシンプル。ボタン一つで翻訳OK

さわってみて最初におどろいたのが「操作のシンプルさ」です。

ボタン一つで翻訳ができてしまいます。

またSIMでの通信ができるので、わざわざスイッチを入れる必要がありません。

本体したのボタン一つで翻訳OK

会話ってとっさのことなので、シンプルさは魅力です。

カメラ機能でみたことも翻訳可能

これは「ポケトーク(S)」からの機能ですが、カメラをかざせば言語翻訳もできるようになりました。

気軽に「Googleレンズ」が使えるようになった感じです。

もはやドラえもんの「ほんやくこんにゃく」を超えていますよね。

手のひらサイズなのでかざすのも手軽です。

為替機能ほか海外旅行に役立つ機能がたっぷり

また、ただの翻訳機でないところにもないです。

「海外旅行にあったらいいな」

な機能が満載です。

特に「為替機能」はナイス。

為替って旅行にいくと結構調べる機会があります。

さくっと調べられるのは便利です。

電卓もついてます

ほかにもシチュエーション別会話集など、海外旅行に便利な機能が満載でした。

英会話の勉強にもいいですよ😄

無料SIMが入っているのでどこでも使える

また無料のSIMがついています。

長い愛が翻訳機を販売し続けてきたソースネクストならではですね。

ニーズをうまく汲み取ってくれています。

特に素晴らしいのが海外でも使えること。

いつでもどこでも翻訳できるのは大事です。

注意

正確には製品価格に通信量が含まれている形です。

購入してから「2年間」は無料。2年目以降は追加料金を支払うか自分でSIMを用意。

Wi-Fiだけでも運用は可能です。

Wi-Fiだけでも利用可能。

メモ

ポケトークS よくあるご質問|POCKETALK(ポケトーク)
https://pocketalk.jp/s/faq

手のひらサイズで持ち運びが楽

みてもらえばわかるようにサイズが手のひらサイズで使いやすいです。

ストラップもつけられるので胸につけたままで利用OK。

持ち運びが楽なのが便利でいいですよね。

ストラップがつけられるのはナイス

公式サイトはこちら

<a href="https://click.linksynergy.com/fs-bin/click?id=3JcL3jonj0g&amp;offerid=537561.10000442&amp;type=3&amp;subid=0" target="new">POCKETALK(ポケトーク)</a><img src="https://ad.linksynergy.com/fs-bin/show?id=3JcL3jonj0g&amp;bids=537561.10000442&amp;type=3&amp;subid=0" alt="" width="1" height="1" border="0" />

操作がシンプルで誰でも使える、使いたくなる端末

最近はスマホでも翻訳はできるようになってきてはいます。

でもアプリを入れたり、Googleアシスタントの起動が必要だったりと面倒です。

翻訳は専用ツールに任せたほうがいい。

POCKETALK(ポケトーク) 」はまさに海外トークするためのガジェット、

誰でもつい使いたくなる端末と感じました。

タケイ

私ごとですがラスベガスにいったときに持っていけばよかったと痛感しました。いくら英会話をオンラインでやっていも、とっさの言葉がでるまでにはならないんですよね。胸にぶら下げたポケトークで、さくっと会話できるのは魅力的です。

東京オリンピックも間近。海外と話す機会も増える2020年。
※74言語使えるのでどんな人も話せます

ぜひあなたもこの機会にPOCKETALK(ポケトーク)をゲットしてみてください😄

  • この記事を書いた人

たけいまこと

名前:タケマコ 埼玉県在住のサラリーマン。Chromebook(クロームブック)の魅力を広めるために勝手に活動する「Chromebookマニア」です。パソコン7割(Chromebook、レッツノート、マウスコンピュータ)、ガジェット3割(デジタル手書き、スマホ)でやってます。 レビュー依頼やご質問はお気軽に、ツイッターお問い合わせフォームまで!

-ガジェットレビュー, デジタルガジェット

Copyright© タケマコブログ , 2020 All Rights Reserved.