Chromebook Chromebookまとめ

[まとめ] 「Chromeアプリ」終了で影響をうけること ※注:Chromebookは終わりません

タケイ
昨今、ちょっとざわつかせている「Chromeアプリ」の終了について。影響を受けることをまとめてみました!

Googleより「Chromeアプリ」のサポート終了がアナウンスされました。

Chromeアプリとは

「Chromeアプリ」とはWebブラウザ「Google Chrome」向けに提供されているアプリのこと。

ブラウザの機能をウィンドウでアプリっぽく使えるようにしたサービス。

似たものに「Chrome拡張機能」がある。

誤解の内容に書いていおくと、

  • Chromebookが終わることはまずありえません
  • 「Chromeブラウザの1機能」が終了するだけ

です。

ではどんな影響があるのか?

Chromeアプリの終了でできなくなること、影響を受けるユーザ、作業についてまとめてみました。

「Chromeアプリ」の終了で出来なることとは?

「Chromeアプリ」の終了によりできなくなることですが、大きくは「WEBストア」から「Chromeアプリ」のインストールができなくなります。

「WEBストアって何?」と思ったあなたはもうこの記事を読み捨てて構わないです。影響はありません。

これまでChromeブラウザ上で提供されてきた「WEBストア」からアプリのインストールができなくなります。

Chrome ウェブストア - アプリ
https://chrome.google.com/webstore/category/apps

左メニューのアプリが使えなくなるだけ。

影響を受けるユーザーは「Chromebook」ユーザ

この終了によって影響を受けるのはすでにChromebookを利用しているユーザーです。

そもそも「Chromeアプリ」はアプリがインストールできないChromebookのために利用されていました。

例えばWindowsサーバにリモートデスクトップするとき、WindowsやMacならターミナルアプリがありますよね。これがChromebookはブラウザしか載っていないので出来ませんでした。

そこで手当としてできたのが「Chromeアプリ」でした。

なのでアプリの大多数はウェブでは使いづらいサービスをChromebookユーザが快適に使えるようにしたものばかりです。

それゆえに多くの影響を受けるのはChromebookユーザーといえるのです。

ポイント

  • Chromeアプリが停止してもWin・Macユーザなら問題ない
  • 影響を主に受けるのはChromebookユーザ
  • Chromebook自体が終わるわけではない!

影響がある作業

影響がありそうな作業を現Chromebookユーザの私がまとめてみました。

実際に使っていたものから抜粋しました。

アプリ名 代替手段
LINE Androidアプリ
Chrome拡張機能
※これまでスマホと併用ができたが出来なく恐れあり
Evernote ブラウザ
Androidアプリ
Keep ブラウザ
Androidアプリ
Microsoftリモートデスクトップ
PCoIPクライアント
リモート接続系クライアント
Androidアプリ
※バッテリー消耗に問題あり
AmazonWorkSpaces Androidアプリ
※バッテリー消耗に問題あり
SSH Androidアプリ
※画面最大化などに問題あり

代替手段がきになるところです。

Androidアプリでもいいのですが、

  • アプリによって画面が最大化できない
  • ウィンドウ化出来ない
  • バッテリー消費がはげしい

など「Chromeアプリ」に比べて使い勝手が悪いアプリも多いです。

Googleには「ChromebookでのAndroidアプリの使い勝手の悪さ」を解消してほしいなと思います。

タケイ
以上、「Chromeアプリ」終了で影響をうけることのまとめでした。繰り返しになりますが、Chromebookは終わりません!誤解のなきように😄
  • この記事を書いた人

たけいまこと

名前:タケマコ 埼玉県在住のサラリーマンが、パソコン7割(Chromebook、レッツノート、マウスコンピュータ)、ガジェット3割(デジタル手書き、スマホ)で使い勝手やオススメをレビューするブログです。 レビュー依頼やご質問はお気軽にお問い合わせフォームで。

-Chromebook, Chromebookまとめ

Copyright© タケマコブログ , 2020 All Rights Reserved.