ガジェットレビュー デジタルガジェット

[RAVPower RP-PB055 レビュー]100WのAC出力!一眼レフのバッテリーも充電OKなポータブル電源【PR】

どうもChromebookマニアでありガジェットも大好きなタケイ(@pcefancom)です。

RAVPowerのポータブル電源「RP-PB055」のレビューをお送りします!

このモデルはなんと「ACコンセント」を搭載。

かつ30,000mAhのバッテリー容量、AC 100W出力と非常にパワフル。

iPad pro、Macbook pro、Chromebookや、ドローン、ミニ冷蔵庫、GoPro、カメラバッテリーと、何でも充電ができてしまうスグレモノです。

あらゆるデジタルガジェットの充電に対応

本記事では、実際に使ってみての感想(メリット・デメリット)、「こんな使い方ができそう」なところを紹介していきます!

当ブログ限定クーポン(3,000円割引)をいただきました!

Amazonで7/5まで使えます。

コピペしてご利用ください😁

当ブログクーポン(3000円オフ)

PB055TAMK01

タケイ
レビューにあたっては商品を提供していただいています。ともあれ良い点・悪い点含めて使用感を率直に書いていますので、是非ご覧ください!

ACコンセント必須なガジェットのモバイル充電を可能にする製品

RAVPower RP-PB055(ポータブル電源)とは

「RAVPower」は、主にモバイルバッテリーや充電器を展開するブランド。

コスパが高い製品を数多く出しており、北米やヨーロッパで特に人気のシリーズです。

Amazonでもバッテリーを買おうとするとかならず出てきますよね。

「RAVPower RP-PB055(ポータブル電源)」はその中でも最大容量を誇る製品です。

見た目からもわかるように、モバイルではないガジェットといえます。

RAVPower RP-PB055(ポータブル電源)の特徴

特徴はなんといっても「ACコンセントの搭載」「最大100Wの高出力」「大容量(30,000mAh)」なところです。

特徴

  • ACコンセントを搭載
  • 最大100Wの高出力
  • 大容量バッテリー(30,000mAh)

ACコンセントを搭載

ACコンセントを搭載しているのが一番大きな特徴です。

USBがついていない電気製品のモバイル充電を可能にしてくれます。

ポータブル電源ならではの特徴ですね。

充電ポートにACコンセントあり。三叉もOK。

最大100Wの高出力

ACコンセントがついていても低出力だったら意味がありません。

最大100Wでの給電が可能なので、古めのパソコンだったり、ビデオやカメラのバッテリーにも対応。

あらゆるガジェットのモバイル充電を可能にしています。

大容量バッテリー(30,000mAh)

そして抜かり無いのがバッテリー。

30,000mAhあるので、レッツノートのSZシリーズなど大きめのパソコンでもフル充電が可能です。

iPhoneなら10回近く充電できる計算。

家族全員で使っても安心な大容量バッテリーも大きな特徴と言えるでしょう。

Amazonの紹介ページでも「30000mAh 100W AC出力 PD 60W USB-Cポート+USB-Aポート 予備電源 大容量」と謳われています。

RAVPower RP-PB055(ポータブル電源)の価格

ちなみに価格は、執筆時点(2020/07/03)時点で「1万5千円前後」です。

「ポータブル電源」のなかではかなりリーズナブルな設定になっています。

当ブログクーポン(3000円オフ)

PB055TAMK01

実際に使ってみて感じた「メリット」「デメリット」

では、実際に使ってみてどうだったか?。

RAVPower RP-PB055(ポータブル電源)「メリット」「デメリット」についてです。

それぞれ以下のように感じました。

ポイント

  • 一眼レフのバッテリーも充電が可能
  • Chromebookやレッツノートの充電もバッチリ
  • 容量がでかいので家族利用も安心

注意ポイント

  • モバイルバッテリーではない
  • 充電するときファンが回る

メリット① デジタル一眼のバッテリーも充電もOK

個人的にすごく惚れた部分です。

USB充電に対応していない一眼レフのバッテリーも充電できるのはメリットです。

デジタル一眼レフって結構バッテリーがもちません。

ミラーレス化でバッテリーがすぐ切れる問題は顕著になってます。

予備のバッテリーが無くなることもしばしば。

かといって、モバイルバッテリーだと充電は出来ませんでした。

それが、RP-PB055(ポータブル電源)ならバッチリ!

EOS Kiss M、EOS6Dのバッテリーは問題なく充電できました。

EOS6Dのバッテリーを充電しているところ

EOS KISS Mを充電しているところ

メリット②USB充電ができないパソコンもバッチリ

またChromebookやレッツノートといったパソコンの充電もバッチリできるのはメリットです。

ACコンセントは100W、USBは60W出力あるのでパソコンも余裕。

なんならニンテンドースイッチもいけました。

長く外出する時は、モバイルバッテリーではどうしてもパソコンの充電は力不足。

そんなときでもお構いなしに充電できるのはメリットですね。

古めのレッツノートでも問題なし!

メリット③大容量で家族利用も安心

容量が30000mAhと大容量なので出先でも安心なのはメリットですね。

スマホなら10回近くは余裕。

例えばレジャーなどの外出先に持っていけば、家族のスマホ、子供のニンテンドースイッチの充電にも対応してくれます。

これから外出する機会が増える季節にもピッタリなんじゃないかと感じました。

デメリット① 断じてモバイルバッテリーではない

ポータブル電源を「モバイルバッテリー」のくくりで買う人もいるようです。

断じてモバイルではありません。

重量が1kg近くあるのでリュックに入れながら使うのは辛いでしょう。

移動しながらというよりは、持ち運んだ先で固定して使うのがいいでしょうね。

その場合、よくあるモバイル電源よりは遥かにコンパクトです。

手に持った感じ。もはやパソコンな感じです。

よくあるポータブル電源よりは断然コンパクト。

デメリット② 使う場所を選ぶ

充電するときファンが回ります。

以下の映像は実際に充電しているところです。

パソコンのファンが回っているくらいの音がでます。

電車で使ったら間違いなく文句をいわれるでしょう(笑)

自家用車なら問題はないでしょうが。

使う場所を選ぶのはデメリットといえますね。

タケイ
以上、メリット・デメリットの紹介でした!!!

RAVPower RP-PB055はこんな人にオススメ!

実際に使ってみて、この製品が向いている人を考えてみました。

こんな方におすすめ

  • デジタルガジェットを長時間アウトドアで使いたい
  • デジタル一眼レフ、ビデオカメラ好き
  • 家族用のバッテリー管理を任されている

デジタルガジェットを長時間アウトドアで使いたい

この製品は長時間アウトドアでデジタル製品を使いたい人にこそ向いていると思います。

電源のないところでは容量がでかくて汎用性が高いものが安心です。

これがあれば電気スタンドだって外で使えます。

キャンプのときとか大助かりではないでしょうか。

デジタル一眼レフ、ビデオカメラ好き

デジタル一眼レフやビデオカメラも同様です。

バッテリーはACアダプタ専用です。

何百枚もとっているとどうしてもバッテリーに限界が来ます。

思いですが、カメラバッグなら1kgは誤差の範囲w

撮影命な人の大きな味方になるでしょう。

家族用のバッテリー管理を任されている

どこか出かけるとき、バッテリー管理を任されている方っていると思います。

そんなときいくつもモバイルバッテリーを持っていくのは面倒くさいです。

なくすリスクも高くなります。

そこを1台でまとめられるのは便利。

家族用のバッテリー管理を任されているあなたにオススメしたいですね!

モバイルが好きなガジェッターにオススメ

RAVPower RP-PB055(ポータブル電源)のレビューでした!

PR記事で恐縮ですが、忖度なしに気に入りました。

これからの季節、家族で出かけることも増えるは確実です。

そんなときのアウトドアなレジャーのお供に活用していきたいですね!

当ブログ限定クーポン(3,000円割引)・

Amazonで7/5まで使えます。

コピペしてご利用ください😁

当ブログクーポン(3000円オフ)

PB055TAMK01

タケイ
最後までお読みありがとうございました!
  • この記事を書いた人

たけいまこと

名前:タケマコ 埼玉県在住のサラリーマン。Chromebook(クロームブック)の魅力を広めるために勝手に活動する「Chromebookマニア」です。パソコン7割(Chromebook、レッツノート、マウスコンピュータ)、ガジェット3割(デジタル手書き、スマホ)でやってます。 レビュー依頼やご質問はお気軽に、ツイッターお問い合わせフォームまで!

-ガジェットレビュー, デジタルガジェット

Copyright© タケマコブログ , 2020 All Rights Reserved.